iOS_の画像__2_

神戸大3年生がスタートアップ「POL」に入社した話

こんにちは!
神戸大学経営学部3年生の小幡龍之介と申します😊
4/1にピカピカの大学3年生の状態で創業して2年半の株式会社POLの新入社員となりました!

新卒社員12人のリレー形式で投稿しているのですが、僕の回はこのnoteを通して、
自分の体験談を踏まえて「やりたいことがはっきりしないけど、何かしたい!」と思ってる方のちょっとでも参考になればなと思っています😌

目次
1,軽〜く自己紹介
2,今入社を決めた2つの理由
   a, スタートアップで働くということ
   b,メンバーについて
3,夢中になれることの見つけ方
4,ピンときたらPOLへwelcome

1,自己紹介(他の会で使ったスライドで‥w)

そんな僕がなぜ今POLに入社を決めたのかを自分のやってる仕事と会社の紹介を絡めながら書きたいと思います!

2,a 自分のパフォーマンスが会社の成長速度を左右するという状況で働くヒリヒリ感が幸せ‥

現在のPOLの主な事業はLabBaseという理系院生のための就活サービスです。(新規事業も爆速で立ち上がっています!)

そんな中で自分はマーケティングを担当していて、ユーザー(理系院生)の獲得とユーザー体験の向上(LabBaseで内定を取ってもらうための仕組み作り)が主な仕事となっています。

当然「たくさん」の「優秀な」理系学生に登録してもらっていないと企業様に魅力的な就活サービスとは思ってもらえず、契約をいただけません。
また登録してくれた学生に「このサービスいけてる!」「自分たちの課題を解決してくれる!」って思ってもらえないと、2度とログインしてくれません。 

自分が
多くの優秀な理系院生を集めることができなければ、
理系院生に良い体験を提供できなければ、
会社の成長スピードが落ちてしまう。
ひいては潰れてしまうかもしれない。 

そんなことを常に考え続けながら仕事をしています。
時たま胃がキリキリしてきますが、それも伸びるているスタートアップで働く醍醐味。

「アドレナリン出てるな」と感じるくらい夢中になって働けていることが自分にとって幸せなことだなと感じています!!

他の会社でこの感覚を味わえるかわかならい。
ましてやこの感覚を知った今大学には戻れない。(卒業はするつもりです‥w)
それがPOLに入社を決めた1つ目の理由でした。

2,bこのメンバーで勝ちたい! メンバーを幸せにしたい!

POLでインター生として働き始めて、1年と5ヶ月。

ストイックで優秀な人が多いので大変なことや辛いことだらでしたが、入った当初から「ビジネスの世界で飛び抜けた存在になりたい」と思っていたので、ビジネスを学ぶ上でPOLは良き成長環境の1つと捉えていました。

ただ年月を重ねる中で「POLのメンバーは役職や肩書き関係なく本気で社会に価値を与えようとしてる」と強く感じました。

そんな中で自分も「会社を圧倒的に成長させる存在になって経済的にも意味報酬的にもPOLの社員やインターン生を幸せにしたい」
だんだん、そう思えてきてPOLは良い成長環境の1つという立場から唯一無二の存在へと変わりました。

「入社するって決めたから、それなら早い方がいいかな」
そうしてこの4月に入社することを決めました。

 3,夢中になれることの見つけ方

自分は
たまたま夢中になれるし、頑張りたいと思えるものに出会えました。
それは本当に運が良かったと思っています。 
そんな中でも「なぜ自分は当たりを見つけることができたのか」を
ちょっとだけ書きたいと思います(偉そうですみません‥)


世の中には無限にやれることがあると思います。
その中に自分の好きなこと/夢中になれることがあると仮定すると
2つ大事だと思っていて

①自分の想いや価値観を認知して、大体の「あたり」を付けてみる
②そこに飛び込んでみて、実際に検証してみる

自分の場合も自己分析とかが得意なわけではなかったのですが、自分がどういう方向に進んでいきたいかは漠然とは掴めていました。

僕の場合は‥

何かの分野で突き抜けたい。才能なんかかけらもないけど、大きな舞台でプレーできる人になりたい。すごく恵まれた環境で育って、運もよかった自分はそうでなかった人達に対して何かプラスなことをしていく責任がある。

特別な才能はないから、自分はビジネスマンになるんだろうな‥
ただ、みんながみんな必死こいて努力してるわけでもなさそうだから、頑張れば一定のレベルまでは行けるかもしれない。 それなら早めに触れておこう


みたいな感じで、色んなビジネス寄りの活動をやってみて大学1年の11月にPOLに出会いました。

膨大な「やれること」から「確率が高そうな所に飛び込んでみる」

面白くなかったら当たりを付け直してもう一回飛び込む。

そんな感じがいいのかなと思っています。

4,ピンときたらPOLヘwelcom!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

「新学年が始まったけど、まだやることが決まってない‥」
「もしかしたら自分はビジネスをゴリゴリやりたい人かもしれない」
「とりあえずもっとPOLの話を聞きたい!」等 
 
POLにちょっと興味ある等ございましたら、ぜひぜひご連絡ください!


-メアド-
ryunosuke.obata@pol.co.jp

-Facebook-
「小幡龍之介」
で検索してみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

この記事が入っているマガジン

POLのイベント、学び
POLのイベント、学び
  • 29本

社内勉強会の共有やできごとなど、学びのシェアとご紹介

コメント (1)
かわいい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。