見出し画像

「アビスパ福岡を応援し続ける理由」とおまけ

こんにちは!
マネーフォワード九州・沖縄支社の中村です。

10/20にリリースした横浜F・マリノスとのトップパートナー契約締結に続き、先程アビスパ福岡、北海道コンサドーレ札幌の2クラブとのパートナー契約締結のプレスリリースを出させていただきました。

マネーフォワード九州・沖縄支社、アビスパ福岡とパートナー契約を締結
マネーフォワード北海道支社、北海道コンサドーレ札幌とパートナー契約を締結

サッカージャンキーの社員としてはもうほんとに最高!
あのときマネーフォワードに入社してほんとによかった!!

マネーフォワードに入社してすぐに、当時の上司に「Jクラブに対してマネーフォワードができることってたくさんあると思うんです!」と力説し、【Jリーグ×マネーフォワード】の提案書を見てもらったのが2016年11月。まるで昨日のことのようです。

画像1

(当時の提案書。以前のサービス名である「MFクラウド」の文字が…笑)

マネーフォワードは、今年8月に「Jクラブ スポンサーマッチングプロジェクト」を発足しております。その中での施策のいくつかが、2016年当時の私の提案書に記載している内容と同じで、このプレスリリースを見たとき、「やはり!間違ってなかった!」と一人でガッツポーズしました…笑

当社広報の柏木のnote「F・マリノス観戦、リアルで感じた”ファミリー感”」をご覧になった方はご存知かもしれませんが、私はアビスパ福岡のサポーターでございます。ちなみにこの日は、アビスパのアウェイ町田戦を見に行く予定でしたが、潔く予定を変えて全力で日産スタジアムを盛り上げに行きました!ニッコニコでマリノスのタオマフをつけて受付してますが根っからのアビサポです笑

ホーム戦は基本スタジアム観戦で早いときはキックオフ4時間前入り、車で行ける距離であればアウェイ戦も行きます。(わたしのまわりには、「車で行ける距離」が完全にバグっている某旅団の方々もいますが…笑)

画像2

(家族全員の今季ユニ。かっこいい…ネイビーの具合が最高ですよね。)

画像3

@hiroki.38さんに書いてもらった溺愛している双子のイラスト。我が家の家宝です!)

ベスト電器スタジアムのバックスタンドへ抜ける道に掲示されている、スポンサー一覧の看板脇を通るたびに、「絶対ここにマネーフォワードのロゴを載せるんだ」と常日頃思っておりましたので、今回このようなプレスリリースを出すことができて最高です。

発信し続け、アクションを起こし続ければ、やってやれんことはないですね!

ひょんなきっかけで初めてレベスタ(現ベススタ)でアビスパの試合を見た2015年4月26日からアビスパの魅力にハマりはや5年半。

Jサポの方は共感していただけるかと思いますが、どちらかというと勝って喜んでいるときよりも負けて悔しい思いや心をえぐられるような思いをしていることの方が圧倒的に多いです。

確かどこかの国で「サッカーファンは幸せになれない」という研究結果もでていましたね。。

私はたかだか5年のペーペーサポーターですが、まわりにはアビスパ福岡がアビスパ福岡という名前じゃなかったときから今も変わらず応援し続けているアビサポのご夫婦もいらっしゃいます。25年以上。4半世紀以上。ほんとすごい。

つらい思いをすることのほうが圧倒的に多いのになぜ何年にも渡りアビスパ福岡を応援し続けるのか。

「息子がスクールに通っているから」、「地元の同級生や親戚がアビスパの選手だから」、「おらが街のクラブだから」、その答えはサポーターによって様々だと思います。

なぜ応援するのかと問われたら、私はこう答えます。

「それは、アビスパ福岡が、アビスパ福岡のサポーターが、アビスパ福岡に関わる全ての人が、福岡の【街づくり】をしているから」だと。

え?街づくり?と思う方も多いと思いますが、私は、「Jクラブを応援するということは、その街の文化を、今まさに一緒に作り上げているのだ」と肌で感じるのです。

みなさんも一緒に街づくりをしませんか?最高ですよ!

そろそろまとめにはいります。

言わずもがなですが、スポンサーをして終わりではなく、ここからが本番です。

これからは、夢の中ではなく現実の世界で、マネーフォワードの社員として、私個人として、アビスパ福岡にできること、福岡という街にできることはなんなのかをしっかりと考えアクションを起こし続けていきたいと思います。

そう。発信し続け、アクションを起こし続ければ、やってやれんことはないですから!VAMOS!!

画像4


おまけ

ここから少しおまけです。

「当事者意識を持って働け」という言葉をみなさんも耳にしたことがあるかと思います。

私の知人のアビサポは、スタジアムに行くことを「アビスパを勝たせに行く」と言います。スタジアムに足を運び、声を出しチームを鼓舞することで、自分がアビスパを勝たせるのだと。

アビスパを応援し始めて間もない頃、この言葉を聞いて「なんて当事者意識が高いんだ!!」と感動したことを覚えております笑

コロナの影響により、各Jクラブは未だかつてないほどに財政面で苦しい状況が続いております。我々サポーターにできることは、まさに当事者意識を持ってチームのためにまずスタジアムに足を運ぶことだと思っております。

1日でも早くコロナが収まり、超満員のスタジアムの中、大声でチャントを歌ったり、ハイタッチで喜び合える日が来ることを心より祈っております。

おしまい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
J1昇格!
157
Money Forward / 九州・沖縄支社 支社長 / マネーフォワード クラウドシリーズの推進をしております / 双子の娘を溺愛しております / アビスパ福岡のサポーターをしております / Jリーグを盛り上げていきましょう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。