見出し画像

"早起きは三文の徳"は本当か?!

"早起きは三文の徳"
というように朝早く起きると
いい事ばかり起きると
聞いたことあるのではないでしょうか?

英オックスフォード大学の
ポール・ケリー博士の研究により
「朝6時前に起きる人は、心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大で4割、糖尿病やうつ病といったその他の病気に関しても2〜3割高くなることが判明」。

早起きが必ずしも
良い影響をもたらす
わけではないのです。

私たち人間には
体内時計が備わっていて、
太陽の光を浴びながら調整しています。

その体内時計によって
人それぞれ適切な
起床時間や睡眠時間があります。
年齢によっても変化するんです。

あくまで平均ですが
朝6時前に起きることは
体内時計にズレが生じててしまいます。

体内時計にズレが生じると
体の臓器を酷使したり
ホルモンバランスが崩れます。

それが要因となって
病気を発症してしまうのです。

"早起きしすぎると病気を誘発してしまう"とありますが、
ここからは早起きによるメリットをお伝えします👍🏽

早起きすることで
1日の初めに自分の時間を
つくりだすことができます。

そのことによって
自分の時間を自分でコントロールしている感覚になり余裕をもつことができます。

さらには、
多くの研究で明らかになっているのが
起きてから2、3時間が
集中しやすく脳がクリエイティブになるといわれています。

簡単にまとめると、早起きすると
メリット
・集中力向上やクリエイティブになる
・自分の時間を確保し、余裕ができる
デメリット
・早起きしすぎると不健康に繋がる

となります。

必ずしも全員が早起きする必要があるわけではなく、自分の環境や体に合わせることが大事です

自分の理想や目標に近づくために
起きた後、自分の時間をつくりだして
みるのも良いと思います

自分自身の心と体を満足させて
Wellness に近づきます

サイトにも載せましたがnoteにも引用しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!わたしもスキ!
12
お店に着くと、すぐに料理が出てくるサービス『SmartDish』を運営しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。