見出し画像

【北海道2歳優駿2019】予想を公開!

今回は10月31日(木)に門別競馬場・ダート1800mで行われる北海道2歳優駿の予想見解と買い目を公開します。

基本的に地方の交流重賞は実力上位の中央勢が圧倒的に有利なシチュエーションだが、今回の北海道2歳優駿に関しては互角の戦いでオッズとのバランスを考慮すれば地元の門別勢の方が馬券的な期待値としては高いはず。そして、実際に過去5年の成績は下記の通り。

<2018年>
1着:②イグナシオドーロ(6番人気)
2着:⑦ウインターフェル(1番人気)

3着:⑨ミヤケ(2番人気)

<2017年>
1着:⑦ドンフォルティス(1番人気)
2着:②フィールシュパース(3番人気)
3着:⑥サザンヴィグラス(5番人気)

<2016年>
1着:⑬エピカリス(1番人気)
2着:③ヒガシウィルウィン(4番人気)
3着:⑧スウィフトハート(5番人気)

<2015年>
1着:⑧タイニーダンサー(5番人気)
2着:①スティールキング(8番人気)

3着:⑨エネスク(1番人気)

<2014年>
1着:③ディアドムス(3番人気)
2着:⑪カラバナビーチ(4番人気)
3着:⑫クラバズーカー(8番人気)

黒の太字で表記した馬名の馬が地元の門別勢だが、平均的には2頭以上は馬券圏内に来る成績であり、抜けた実力の中央馬が不在の場合は1着になるケースも大いにある状況。

つまり、今年のメンバー構成なら1着は地元の馬から出ると考えるのが濃厚。馬券的には中央馬を軽視して門別勢から組み立てる形で一発を狙いたい所だ。


―――――――――――――――
■ 地方交流重賞の予想
―――――――――――――――
【北海道2歳優駿】勝負度D/自信度D

この続きをみるには

この続き: 830文字

【北海道2歳優駿2019】予想を公開!

りょう店長

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「りょう店長の競馬予想ブログ」のnote版です。