見出し画像

#3【どんな想いでやるかで決まる】

何となく、いい感じがしないのは、なぜなのか。

とても感覚的なことで表現しにくいが、

ボランティアのやらされ感がするのかも知れない。

****************
というのも、

私が時々見かける学生さんの街頭募金は、

駅の両方の出口前に、
中学生が、
横一列に並び、
近くに先生がいて、

◯い◯◯募金にご協力お願いしまーす。(1人の生徒さん)

〜お願いしまーす〜(みんなで)

これを繰り返し、1人で言う部分が順番で変わっていく。
声をはって、運動部の挨拶のよう…(時代がバレるか⁈^^;)

学校での活動の一貫なのか。

イヤそうに見える生徒さんが多い。
(そう見えるのは私だけなのかもしれないが、、)

だからなのかな〜

なんのためにやっているのか。
その活動を自ら選び、清々しい気持ちで行っているのか。
ボランティア活動が課題だからやっているのか?
もしくは、やらされている感が胸の内にあるか?
中学生でこのような活動をやっているだけ偉いなぁ〜

と、考えながら、通り過ぎた後、
私はあそこで募金箱に幾らかでも入れたら、

私の場合は、自己満足と見栄のようなものを感じて、その想いでするのはいい感じがしないなぁ〜と思ってしまう。

だから、街頭募金はしたことがない。

※私は決して募金をする事を否定していませんよ!
活動を行う人と支援する人の「想い」が大事。
だと、私は思っている、という話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

私はケチと思われてもいいが、

何かを選んだり、決めたりする時、

自分自身が「いい気分」で行うことには

力があると思うし、

私はその感覚に信じるようにしているので、

それでいいと思っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

東日本大震災後は、毎月少しだけど、
自らの選択で、継続的に支援をしているが、

それを行っているのは、自己満足も少しはあると思うけど、感謝の意味があるからだなぁと思う。

あの震災によって、色々なことに気づくことができたから。

あの時は、老人保健施設というところで働いていて
関東だけど、東北に近く、かなり揺れた。

怖かった。

「復興」という言葉があまり聞かれなくなっても、復興していない場所はかなり多いと聞く。

私は今、生きているし、家族もいるし、
仲間もいるし、仕事もあるし、家もある。

だから、
心から《ありがとう》と思って支援している。

結局は、自分の為なのか⁈

とも思うが、復興というには、ほど遠い状況の被災地はまだまだあるので、

少しづつでも支援をしているんだ、
という満足感は全くなく、

どちらかというと、
何もできないなぁという無力感の方が強い。

きっと一時的に支援(直接も間接も)をする方は
多いと思うが、私は「あの体験」を忘れず、
継続的な支援をする人も必要だなぁと思っているので、これからも続けていくと思う。

人の想いは、「伝える」というより、

中にあるものが「伝わる」という方がしっくりいく。

これからも、どんな風に生きるか。

自分の「生き方」が、

色んな出逢いを生み、

色んな体験をすることにつながっていくと思うと、

ワクワクしかない。

今日はそんなところで。

るぅ先生でした。

写真 https://www.photo-ac.com
紺色らいおんさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます♪ 嬉しいです♪
4
とある通所介護施設(デイサービス)で、自分の祖父母世代の方々と楽しく1日を過ごしている機能訓練指導員のるぅ先生と申します♪ネットで調べれば分かるような情報ではなく、現場で活動している生の声を飾ることなく、綴りたいと思います。