見出し画像

再生可能なエネルギーを選ぶなら"良い"ものを

サステナブルな実験場R(アーーーーール)では運営する場所の電力を再生可能エネルギーを取り扱っている”みんな電力”と契約をしています。
みんな電力を選んだ理由は、"良い"再エネ取り扱っていると思ったからです。

では、ここでいう”良い”再エネとは・・・*個人的な意見です
再生可能エネルギーのことで個人的に1番気になっていた事が、発電所の開発による自然破壊についてです。
ソーラー、風力、水力など様々な発電方法がありますが、よくネガティブなニュースを聞いていたので「本当にいいものなのかなぁ?」と疑問に思っている部分がありました。

そこでみんな電力の方に聞いてみたところ全て明確に回答してもらえました。

発電所を作るときの開発行為に関すること、ソーラーパネルの処分の問題のこと、料金のこと、送電される仕組みのことなど、大した知識はありませんでしたが気になっていたことは全部聞いて全部わかりやすく明確にお話ししていただけました。

その中でも一番気になっていたことは発電所を作るときの開発行為についてです。大規模ソーラー発電を作る時は大規模に自然を壊さないと作れませんし、風力発電だって羽の回る音がうるさかったり鳥がぶつかっちゃったりと闇雲に発電所を開発すると自然に優しいはずの再生可能エネルギーなのにちっとも優しくありません。

みんな電力ではちゃんと基準があり、それをクリアしていない発電所とは取引をしないようになっているとのことでした。また、発電している方を選べる仕組みになっており、誰が・どこで・どのような方法で発電しているかがホームページ上でわかるようになっています。

発電する側もちゃんと自然のことを考えていて、販売する側もちゃんと考えている。

これが私のいう”良い”再生可能エネルギーです。ぜひ皆様も切り替えを考えるときは一つの判断基準にしてもらえると、より良い選択ができるかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
R(アーーーーール)は、サステナブルな暮らしを考える実験の場です。