見出し画像

剣盾シーズン9最終76位 鎧の孤島対面

ポケモンの構築記事を書く練習を兼ねて投稿

シーズン8同様エースバーン、トゲキッス、カバルドンが強い環境だと思ったので、それらに強く、裏のカバルドンごと貫ける珠パッチラゴンを主軸にした対面構築を組み上げた

画像1

【個別解説】

画像2

パッチラゴン@いのちのたま 陽気 はりきり
166(4)-152(252)-110-90-90-139(252)
でんげきくちばし/逆鱗/つばめがえし/火炎放射

ダイマックスエース。
エースバーンに先に展開されていても倒せる駒。
エースバーン対面は相手がギガインパクトを持っているとダイジェットから入ると負けるのでダイドラグーン。
陽気珠でも後出しHBアッキカバルドンをダイドラーン×2で212~の高乱数で倒せるので最速で使用。(HBオボンを後出しされた場合でも中乱数で倒せる)
カバルドンを倒す為の珠なので、相手の構築を見てカバルドンをHBだと判断したなら有利対面では積極的にダイドラグーンを撃つ。(トゲキッスやアシレーヌと対面した時等)

画像3

トゲキッス@こだわりスカーフ 臆病 てんのめぐみ
161(4)-*-115-172(252)-135-145(252)
エアスラッシュ/マジカルシャイン/マジカルフレイム/トリック

ドラパルト、ウーラオスを上から叩く為にスカーフ。
試合を決められると思ったらダイマックスをする。

画像4

ウーラオス水@きあいのタスキ 陽気 ふかしのこぶし
175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)
インファイト/水流連打/アクアジェット/雷パンチ

この構築において、DMエースバーンに対しておよそ半分以上のダメージを期待できる事、DMポリゴン2対面で2回インファイトを入れられる事が大事なので悪では無く水。

画像5

ドリュウズ@とつげきチョッキ 陽気 すなかき
187(12)-181(204)-85(36)-*-86(4)-154(252)
地震/アイアンヘッド/ロックブラスト/つのドリル

HB-DM時陽気珠ミミッキュの+2Dゴーストダイブ最高乱数以外耐え
B<D
S-最速
A-余り

ウーラオスとトゲキッスが対面したときや、トゲキッスとジバコイルが対面した時に後出しが数回効き、そこから展開できるチョッキ砂かきで採用。

画像6

ポリゴン2@しんかのきせき 控えめ ダウンロード
191(244)-*-110-172(252)-115-82(12)
トライアタック/冷凍ビーム/放電/自己再生

基本的にダイマックスエースとして選出。
HBカバルドンに対して繰り出し、展開する。

画像7

ミミッキュ@アッキの実 意地っ張り ばけのかわ
155(196)-143(156)-111(84)-*-126(4)-125(68)
じゃれつく/かげうち/ドレインパンチ/剣の舞

HB-アッキ発動後皮込みでA168珠エースバーンのアイアンヘッドを13/16で耐える
S-最速バンギラス抜き

ストッパー、スイーパー、相手のダイマックス枯らし、ダイナックルの一貫切り、自らがダイマックスエースどれも高いレベルでこなせる対面構築には欠かせない駒。


【選出】
 誰をダイマックスさせるのかを選出段階で決め、他2体はダイマックスさせなくても機能するポケモンを柔軟に選出する。
 パッチラゴンとドリュウズはダイマックスさせないと機能しないので同時選出はなるべく避ける。


【結果】

画像8

画像9

#ポケモン剣盾

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ポケモン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。