レスキューナウ(24時間365日 災害・危機対応をサポート)

日本で唯一の危機管理情報を専門に取り扱う防災Techのスタートアップ、(株)レスキューナウのオフィシャルnoteです。会社の裏側やメンバーの働く様子などを紹介します。コーポレートサイトはこちら:https://www.rescuenow.co.jp/

レスキューナウ(24時間365日 災害・危機対応をサポート)

日本で唯一の危機管理情報を専門に取り扱う防災Techのスタートアップ、(株)レスキューナウのオフィシャルnoteです。会社の裏側やメンバーの働く様子などを紹介します。コーポレートサイトはこちら:https://www.rescuenow.co.jp/

    ウィジェット

    • レスキューWeb MAPのご紹介
    • 災害・危機情報のコンテンツシェアサービスのご紹介

    最近の記事

    モーリシャス第3回渡航のまとめ ~ 最終渡航を終えて

    皆さんこんにちは。 レスキューナウ代表の朝倉です。 レスキューナウでは、JICA「中小企業・SDGs ビジネス支援事業」に参画し、過去2回モーリシャス国への渡航調査を行ってきましたが、今回最終となる調査を10月下旬に実施してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。 最初に、なぜレスキューナウが、海外、しかもアフリカのモーリシャス国に対して「自社サービス導入に関する調査を行ったか」という最も重要な点について触れたいのですが、きっかけは、世界中で新型コロナウィルスの感

      • しながわドリームジョブ~2度目のマイスター登壇を終えて~

        しながわドリームジョブとは🏫  こんにちは。レスキューナウ危機管理情報センターの阿久津です。   今回ご紹介する「しながわドリームジョブ」は、小中学校の特別活動のひとつとして近年品川区内の学校で行われている授業で、様々な職業の講師の話を聴くことを通じて、 ・児童が、自分が知らない職業が沢山あることを知ること ・児童が、自分の将来に対して、前向きにとらえられるようになること ・児童が、仕事をする上で必要なこと、今からできることに気づくこと ・学校、地域、ボランティアが協力す

        • 技術ブログお引越しのお知らせ

          こんにちは。システム部ブログ運営チームの細川です。 いつもレスキューナウのブログを見ていただきありがとうございます。 今年の5月から始めた、システム部のエンジニアによる技術ブログですが、このたびZennにお引越しをしました。 noteでブログを書き始めてから約半年、多くのメンバーの協力があっておよそ週2回のペースで記事を公開することができました。 私個人としてはアウトプットしたい気持ちは持ちつつも技術系の記事を書くことにハードルを感じていたのですが、レスキューナウの技術ブ

          • go-swaggerで自動生成したバックエンドのmiddleware設定とcontextでの値のやり取りについて

            こんにちは。レスキューナウでフロント&バックエンドエンジニアをしている大橋です。 現在、私のチームではGo言語を採用し、go-swagger(v0.27.0)を用いてバックエンドの側のコードを自動生成して開発を進めています。 今回はgo-swaggerで生成されたコードに独自のmiddlewareの追加方法及び、contextを使用してmiddlewareとAPI実装部での値のやり取りについてお話したいと思います。 事前準備go-swagger インストール go in

            ESLint、Prettierによりソースコードを自動整形してみた

            こんにちは!株式会社レスキューナウのシステム部でフロントエンド、バックエンド、インフラ構築などを担当している吉井です。 今回はソースコードの静的自動解析に使われるESlint、 ソースコードの自動整形に使われるPrettier、 そして、それらを利用してエディタからソースコードの自動整形を行う設定についてご紹介させて頂こうかと思います。 ESLintについてまずは、ESLintについて説明させて頂きます。 ESlintはソースコードの静的自動解析ツールで以下のような機能

            開発環境でGoを複数バージョンインストールしてみる

            こんにちは。レスキューナウでバックエンドエンジニアをしている土岐です。 現在、私のチームではバックエンドにGo言語を採用し、開発を進めています。 これまでのバックエンドの開発では、go1.17系を使っていましたが、 別アプリケーションの開発をすることになり、そちらではgo1.18を採用しています。 最初の環境構築時にGoのバージョン違いによりエラーが発生しました。 今後もこれまで関わっていたアプリケーションの開発を行う可能性もあるため、複数Goバージョンでの開発が必要では?

            Prism, OpenAPI Generator を使用した Vue3開発環境 を DockerCompose で構築

            こんにちは。株式会社レスキューナウ システム開発者の中田です。 社内のいくつかのプロダクトではフロントエンドに Vue3 を使用しています。CompositionAPI はロジックを分離しやすくて良いですね。 RestAPI のバックエンドと通信を行うのであれば OpenAPI のようなフォーマットを用意することがあると思いますが、今回は OpenAPI から自動生成したコードとモックサーバーを使った開発を想定した環境構築を行いたいと思います。 ディレクトリ構成❯ tree

            Vue3コンポーネントをPDF出力する

            こんにちは。株式会社レスキューナウの新プロダクトチームに業務委託で参画している開発者の白石です。 現在、私のチームではVue3とquasarを採用し、開発を進めています。 画面に表示している内容で帳票出力する機能を実装したので方法を書いておきます。 今回はquasarのテーブルコンポーネントをPDF化してみようと思います。 必要なライブラリPDF化するにあたって使用するライブラリは2つ。 *Vue3コンポーネントをPDF化するライブラリは他にもいくつかありましたが、Vite

            Go言語でテストコードを書いてみよう

            こんにちは。株式会社レスキューナウの新プロダクトチームで主にバックエンドを担当している本田です。 現在、私のチームではバックエンドにGo言語を採用し、開発を進めています。 プロダクト開発を進めるうえで、どんな言語でもテストは欠かせません。 そういうわけで、今回は「Go言語のテストコードを書いてみよう」と題して、テストコードの書き方やTipsをご紹介したいと思います。 テストコードの書き方Go言語のテストは testingパッケージ を利用します。 ファイル名と関数名の命名

            モーリシャス第2回渡航のまとめ

            こんにちは。レスキューナウ危機管理情報センターの阿久津です。 今回はモーリシャス第2回渡航のまとめとなります。 今回の渡航では、国の防災を担当しているNDRRMC(国家災害リスク軽減管理センター)を中心に10を超える関係省庁や現地通信事業者、国連コンサルタントの方と協議を行いました。 NDRRMCや各省庁との協議で、弊社のソリューションをモーリシャス版にアレンジしたモックアップを展開し意見交換を行いました。 現地の訪問先ではどこに行っても温かく迎え入れられ、第1回目の渡

            総務分野の業務電子化、まだまだ途上ですが

            こんにちは。レスキューナウ管理部の筒井です。 私の担当する総務分野での業務の電子化について、このブログで振り返ってみたいと思います。体験談の一つとしてご参考になれば幸いです。 電子化、何から始めよう?と思っていたら・・・業務の電子化。皆さんの会社でも進められていますよね? DX化、DX対応という言葉も、もはや一般用語となっていますね。 私が所属する管理部では2020年に予定されていた東京五輪・パラリンピックに向けて取り扱うテーマに掲げていましたが、その前に新型コロナ対応の波

            個人のタスクをTodoistで管理してみた

            こんにちは。レスキューナウの情シス担当 柳迫です。 突然ですが、みなさんは組織や個人のタスク管理ってどうされていますか? 私のチームでは、Notionでタスクを管理しています。情シスでのNotionの使い道としては、 ボード(カンバン)やタイムラインなどのビューを使ったタスクやプロジェクトの管理 問合せ対応やマニュアルなどのナレッジのストック がメインとなっていますが、これがとても重宝しています。 今ではNotionを見ればメンバーの対応状況や経過が把握できるようにな

            採用広報のススメ

            こんにちは。レスキューナウで人事労務を担当しているカラサワです。 「防災」はビジネスにならない、と言われながらも、災害や危険から安心な暮らしを守るため、長年にわたり防災・危機管理関連のWebサービスを展開している当社ですが、さらなる事業成長のために採用力を強化すべく、遅ればせながら「採用広報」に力を入れ始めました! 今回はその背景や新しいリクルートサイトについてご紹介いたします。 レスキューナウ?なんそれ! 当社は、「実はあなたの身近にいる、知る人ぞ知る優良企業」(私は勝

            モーリシャスってどんな感じ?

            こんにちは。レスキューナウ危機管理情報センターの阿久津です。 さて、前回の投稿から間が空いてしましましたが モーリシャス国内の様子をお届けいたします。 今回の渡航で活動の拠点のひとつであった首都ポートルイスはフランス領時代に開発されたようです。 前回の投稿でお見せした排水路もその時代に開発されたものとされています。(https://note.com/rescuenow_hr/n/n1c9414675827) ポートルイスの市街地でも特に人が集まる箇所としてコーダン・ウォー

            ルーターにデータ通信端末を接続しVPN接続してみた

            こんにちは。株式会社レスキューナウで情報システムチーム所属の高木です。 今回はルーターのインターネット回線にUSBデータ通信端末を使いVPN接続の環境を構築してみました。 きっかけは、コロナ禍でテレワークが増加し、ルーターのVPN接続数が逼迫したため、対策方法の検証用にルーターを購入したことです。しかし、インターネット回線を準備するにあたり、光回線を引くには大掛かりであったため、契約するだけで使えるUSBタイプのデータ通信端末を利用してみようと考えました。・・・でも本当は、

            ViteプラグインとしてのQuasarを使ってみる

            こんにちは。株式会社レスキューナウでエンジニアをしている金子です。 今までクライアントアプリで主にバックエンドを触ることが多かったんですが、縁がありwebアプリ開発に携われることになったので、チームで採用しているQuasarをサンプルプロジェクトに追加して触ってみました。 プロジェクト作成 適当にサンプルプロジェクトを作ります。 yarn create vite vue、typescriptで作りました。 このyarnとviteによるプロジェクト作成方法も最近知りま