j_ou no
メモ:ラビカーノがアルチーナの島でアストルフォと一緒につかまっていた経緯

メモ:ラビカーノがアルチーナの島でアストルフォと一緒につかまっていた経緯

j_ou no

気になったので原文を見たら、直前にアストルフォがラビカンに乗っていることが明記されていた。英訳の段階でこの記述が落ちたらしい。

以下、分かるところだけのだいたいの訳。

「恋するオルランド」2巻

51

Ranaldo e Astolfo s'ebbe a proferire
Alla difesa de Cristianitate,
Per la sua fede e legge mantenire,
Insin che in man potran tenir le spate.
Seco non volse Orlando allora gire,
Né so dir la cagione in veritate,
Se non ch'io stimo che superchio amore
Li desviasse da ragione il core.

52
Il dipartir di lor non fu più tardo; 彼らは出発をそれ以上遅らせはしなかった。
Passarno insieme il mare a mano a mano. 彼らは一緒に、海を ( a mano a mano 少しずつ?) 渡った。
Ranaldo salì poi sopra a Baiardo, リナルドは( salì poi その時、汐を?)バイアルドに乗り、
E 'l duca Astolfo sopra Rabicano. アストルフォ公子はラビカーノに乗って。
Orlando a Brandimarte fie' riguardo, (以下、オルランドとブランディマルテについての言及。ブランディマルテはブルフィンチやフランス叙事詩での呼び名はフロリマール)
E molto il prega con parlare umano
Che ritornasser Zilïante ed esso
A star col patre, che ha la morte apresso.

53
Ma non si trova modo né ragione
Che Brandimarte voglia ritornare;
Pur Zilïante se piegò; il garzone
Di novo a Damogir tornò per mare.
E Brandimarte è salito in arcione,
Ché Orlando mai non vôle abandonare;
Ambi passarno via quel tenitoro
Sino al castello ove era Brigliadoro.

54
Al conte fu il destrier restituito, 
E fatto molto onor dal castellano.(ここまで、オルランドが、アンジェリカへの愛のために、ブランディマルテをつれて、フランスに戻らず、アルブラッカに行ったことなどが語られる
Il duca Astolfo prima era partito, アストルフォ公子は出発の際、先頭だった。
E Dudon seco e il sir de Montealbano. ドゥドンとモンタルバンの殿(リナルド)といっしょに。
Quel figlio del re Otone era guarnito このオットーネ王の息子(アストルフォ)は、
De l'arme d'oro, e la sua lancia ha in mano, 黄金の武具を身にまとい、かの槍を手にして、
E cavalcando gionse una matina 騎馬で進んだが、ある朝、
Al castel falso de la fata Alcina. 魔女アルチーナの偽りの城にたどり着いた。

55
Alcina fu sorella di Morgana, アルチーナはモルガーナの姉妹であり、
E dimorava al regno de gli Atàrberi, アタルベリにすまいし、その地を治めていた。
Che stanno al mare verso tramontana,
Senza ragione immansueti e barberi.
Lei fabricato ha lì con arte vana
Un bel giardin de fiori e de verdi arberi,
E un castelletto nobile e iocondo,
Tutto di marmo da la cima al fondo.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
j_ou no
Aut insānit homō aut versūs facit.