恋愛プロ
良く会う人を好きになる単純接触効果(ザイオンス効果)を活用して初対面から恋愛に持ち込む方法
見出し画像

良く会う人を好きになる単純接触効果(ザイオンス効果)を活用して初対面から恋愛に持ち込む方法

恋愛プロ

人間というのは、自分が良く会う人を好きになる傾向があります。特に女性は、接触頻度が高い人を信頼したり、好きになったりする傾向があります。つまり、異性に接触し続けるということは、それだけで恋愛にプラスに作用するということでもあるのです。

この単純接触効果(ザイオンス効果)は、今から50年以上も前になる1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめたものです。恋愛の初期段階においては、とにかく接触回数を高めることが重要ということを証明しているものです。

人間社会では、男女がお互いに好意を感じる「恋の種」が沢山あるにも関わらず、多くの男女が恋愛のきっかけを逃してしまっています。そこで、異性との単純接触効果を恋愛に活用して、多くの異性から好きになって貰う方法を具体的に考えていきましょう。

画像2

異性との接触回数を高める

異性と接触回数を高めることは、恋愛において絶大なる効果を発揮することになります。単純に異性との接触回数を増やせばいいというものだけですので、誰でも簡単に行うことができる恋愛テクニックと言えるでしょう。日々の生活の中で、とにかく異性と会う回数を意識的に増やしていくことが恋愛チャンスを高めていきます。

当然のことですが、人間というのは、「実際に自分が接触した異性」のことしか好きになることができません。世界に60億人もの人口がいますが、実際に1人の人間が生涯で出会う人間は、10万人ほどであるとされています。さらに異性が半分の5万人で、恋愛対象の年齢を自分の年齢から上下15歳差までとすると、自分が一生涯の中で接触した異性の中で恋愛対象になるのは、1~3万人ぐらいと考えて良いでしょう。

画像3

異性に会う時間よりも会う回数が大切

単純接触効果で大切になるのは、異性に会う時間よりも、会う回数が大切ということです。例えば、1回で長時間のデートを行うよりは、短時間のデートを複数回に分けて行う方が単純接触効果が大きくなるということでもあります。職場などでは、毎日のように繰り返しの接触があるので、異性に対する単純接触効果を高めるのが効果的な場所であると言えるでしょう。

この続きをみるには

この続き: 4,853文字 / 画像7枚

このマガジンを購入すると、単品で購入するよりも、セット販売で安く記事を購読することが可能になります。新書1冊分の価格ですが、合計すると新書で数冊分の文章量があります。また、後から記事が追加されることもあります。

男性が恋愛で成功する方法を書いたマガジンです。モテる男性になるために必要になる戦略を詳しく解説しています。

このマガジンを早めに購入すれば、現在の値段で後から追加される記事もすべて購読することができます。記事が追加されると少しずつ値上げされていきますので、早めの購読がお得になります。

恋愛プロの全ての記事が読めるパッケージのマガジンです。恋愛プロNoteに記事が追加されると、追加された記事も読むことができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
恋愛プロ

恋愛プロでは、モテる男性になるための方法を読者の方に喜ばれるように誠実に書いています。気に入って下さいましたら、サポートして頂けましたら、さらに記事を追加する活動費として使わせて頂きます。

恋愛プロ
恋愛を成功させるためには、戦略が必要です。最新の恋愛スキル、恋愛成功の方法、メンヘラ、恋愛依存症、回避依存症の対策、本気でモテる方法をNOTEだけの特別記事で詳しく解説。 無料版:https://renpro.xyz メール:info@renpro.xyz