見出し画像

ベーシックインカム学会にて増山麗奈が講演しました。

11月9日 東京の駒澤大学にて、開催された日本ベーシックインカムの関東研究会にて映画監督の増山麗奈が「ロシアのベーシックインカム」について報告をしました。30名が参加しました。

9th November,"Japan Association of Basic Income" held the second meeting of the East area. University in Tokyo.
増山 麗奈 (Rena Masuyama)(Film Maker and Director of JAOBI )gave a lecture About ”Basicincome Russia”,30 people attended the meeting.

「ベーシックインカムトゥモロー」とモスクワで対話し、ロシアでのベーシックインカム導入についてインタビューをしたこと、ロシアのチームと映画製作を進めていることを伝えました。
Rena Masuyama Said to meet with "Basic Income Russia tomorrow". and She make Documentary film about UBI with "BasicIncome Russia Tomorrow".

画像1

ロシアで唯一のBI推進団体「ベーシックインカムトゥモロー」は設立メンバーのアレキサンダー氏の個人的な寄付により、ロシア・ウクライナで合計18名の市民に月額一定の金額を3か月給付する、ベーシックインカムパイロットケースを実行しました。
"Basic Income Russia Tomorrow "is only one organization in Russia.
"Basic Income Russia Tomorrow" start small BI pilot test in Russia. They paid to 18 persons in Russia and Ukraine.
This is funding from Personal donation by Mr .Alexander who established an organization "Basic Income Russia Tomorrow".

画像2

複数の子供たちを養う母親や父親に対しての給付によって、
借金の返済を行ったり、子供たちが初めて家族で海に行くことができました。
The mother who get Basicincome from "Basic Income Russia Tomorrow" could return debt, and some children can enjoy ther first sea bathing.

ロシアの国立科学アカデミーによって給付前、給付後のアンケートが集計されています。
Questionnaire processing is carried out by the Russian Academy of Sciences.

増山麗奈がベーシックインカムロシアトゥモローと、ロシアで行ったインタビューの翻訳を日本ベーシックインカム学会、および以下の人々がサポートしてくれることなった。
"Japan Association of Basic Income" support translate of interview that Rena 増山 麗奈 (Rena Masuyama) shoot with "Basic Income Russia tomorrow".
Thank you for 名川 文清 (Fumikiyo Nagawa) 樋口 浩義 (Hiroyoshi Higuchi) Eriko Okanouchi

また、増山麗奈は人数が多く非正規雇用の多い35歳から45歳までの日本の就職氷河期世代に対しての支援対策室が、日本の内閣府にできたことを報告しました。
And Rena Masuyama talk about"Lost generation".
"Lost generation"is the generation 35years old~45years old in Japan.

There are many non-regular employees in this generation.
In the Japanese Cabinet Office,
The Lost Generation Countermeasure Room has been established this summer.

1377億円の予算が就職氷河期世代対策(関連対策)について計上されている。これらの費用は就職のための技術訓練に充てられている。
The budget for supporting lost generation is ¥ 137.7 billion(1,262,709,000US$).
These are mainly devoted to technical support and education for finding employment.

増山麗奈はこれらの費用の一部をベーシックインカム給付実験に活用するべきだと提案した。
Rena Masuyama insists ”Some of these budgets should be used for basic income to lost generation”.

日本経済復活の会会長 小野盛司先生は、日本経済がこの30年でどれだけ没落したのかを解説しました。
Seiji Ono (Reader of Japan Economic Revival Society)show how much the Japanese economy has fallen with date.

スクリーンショット (102)

小野氏はベーシックベーシックインカム給付を行えば、GDPは増えていくという統計が日経新聞によって発表されていたことを資料を基に発表しました。
Mr,Ono Introduced survey data by Nkkei newspaper.
These materials show the following facts:
"If the government was giving money to the citizens, GDP was rising"

スクリーンショット (108)

スクリーンショット (107)

スクリーンショット (106)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。