ki-yo
お父さん登場!あなたとわたしの架け橋【父韻】
見出し画像

お父さん登場!あなたとわたしの架け橋【父韻】

ki-yo

『古事記と言霊』の学びはまだまだ始まったところ。


【言霊 ウ・ア・オ・エ】母音
【言霊 ウ・ワ・ヲ・ヱ】半母音


ここまでは『母』が入っていますね。

1年生で教わる50音の
【アイウエオ】
【ワヰウヱヲ】


ヰとヱは今は習いませんよね。
ワ・ヲ・ンで終わりですね。

ここではヰとヱも入ります。


ア行・・・・・・ワ行のうちのアの段は、
【アカサタナハマヤラワ】となりますよね、

イの段は、
【イキシチニヒミイリヰ】となります。

ア行のイ

ワ行のヰ

を除いた8音【キシチニヒミイリ】を

父韻

といいます。はい!お父さん登場です!


『古事記と言霊』の本の中では、
【チイキミシリヒニ】という並び順で書いてあって、何か意味があるかもしれないので並べ替えます。


【ウアオエ】の母音
【ウワヲヱ】の半母音
は、心の宇宙に生まれるだけで何も起こりません。

独り神で身を隠しています。


この【チイキミシリヒニ】が
ア行とワ行を繋ぐ架け橋となります。


主体と客体を繋ぐ架け橋の【チイキミシリヒニ】
自分と自分以外を繋ぐ架け橋が日本語にはあるんです。

だから、相手を思いやる心が強く、みんなに合わせた方がいいのかな、って思いやすいのかなと思います。

ただ、何も知らずに周りに合わせるているだけのようで、自分というものがないように思えるのだけど、実は日本人が使う日本語の中に入っているので、そういう民族だったんだ!と分かりました。

これが、日本人なんだ!


みんなと一緒がいい
ちゃんと並ぼう
横入りはしないよ
相手の意見も聞くよ
周りの動向を見てるよ
その上で行動できるよ


周りの人みんな自分のことを見てるし氣にしてくれている。

みんな、ありがとう😊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ki-yo
家と食と庭と。。。とてもいい加減な暮らしを真面目に過ごしています。