ki-yo
分かった!こういうことなのよね!【言霊 ヒ・二】
見出し画像

分かった!こういうことなのよね!【言霊 ヒ・二】

ki-yo

『古事記と言霊』を学び、わたしなりの解釈で、日常生活との繋がりを見ています。

父韻【言霊 チイキミシリヒニ】のうち、
今回は、最後の【言霊 ヒ・ニ】


【言霊 ヒ】

古事記の神様
於母陀流の神(オモダルノカミ)

日本書紀では「面足尊(オモダルノミコト)」と書いてあるそうです。

そこからも於母(オモ)というのは、面(オモ)、表面を表します。

陀流は、足る、完成するという意味らしい。


物事の事態がはっきりと分かって、言葉としての表現が心の表面に完成される。そんな意味と書かれています。


【言霊 二】

古事記の神様
妹阿夜訶志古泥の神(イモアヤカシコネノカミ)

妹…作用反作用の関係により
【ヒ】が心の表面、
【二】は、心の中心、心の底

心の中心部分に物事の原因となる音(ネ)が煮詰まり成るという意味。


-----


あるある!
わたしもよくあります。


何となく分かってはいるのだけれど、
どう言葉で表現したらいいか分からないこと!

書いたり、話してみたりしているうちに、、、

あっ!そうそう!こういうことが言いたかったの!

ということ。


そうするうちに、自分の心の奥底にも響いて、自分が一番納得するっていう〜


相手は、
「あ、そう…」
「そうなんだ」
「はい」
程度の反応なのよね。。。


-----


これで父韻が全て出揃いました。

ウオアエ
ウヲワヱ
の母音、半母音の主体と客体という大自然。
そのまま、ただあるだけのもの。
生まれたそのままの姿。

そこに、人が見て、聞いて、考え、感じて生活を創造していく知性の働きのある父韻が噛み結ばれ、現象が生まれます。

現象として起きるのは一瞬のこと。
一瞬のことなのにこれだけの意味を持っているなんて凄いです。日本語。

-----

起きている現象は、良いも悪いもなく、ただそうであるという事実のみ。

これが【母音 ウアオエ・半母音 ウワヲヱ】だとすると…

そこに感情や思考が加わって、人それぞれの捉え方となります。

それが【父韻 チイキミシリヒニ】


主体と客体、どちらかに偏る時もあるのでしょうね。

作用反作用、陰と陽、どちらかに偏る時もあるのでしょうね。


それぞれですね。


この先が、さらに楽しみになりました。

ありがとうございます😊


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ki-yo
家と食と庭と。。。とてもいい加減な暮らしを真面目に過ごしています。