見出し画像

自分に驚け

こんにちは。

前回初めて投稿させて頂いたnote記事。色々な方が読んで下さったり、リアクションを下さったりして嬉しかったです。ありがとうございます!

Twitterでいう"イイネ"が、noteでは"スキ"と表示されていて、なんかほっこりするなぁと思いました。沢山の"スキ"もありがとうございました!

さて、今回は、私自身のモチベーションと言いますか、テーマと言いますか、それをご紹介できたらと思います。

私のテーマ、それは、
「 自分に驚け 」
です。

このテーマが、私が陸上競技を始め、続けている大きな理由でもあります。

これは私の持論なのですが、
"驚きが楽しさや喜びにつながる"
と思っています。

知らなかった物事を知った時の驚き。
できなかった事ができるようになった時の驚き。
自分の想像を越えてきた時の驚き。
この様々な驚きが好奇心につながり、楽しさや喜びにつながるのだと思います。

陸上競技の醍醐味でもある自己記録の更新。自己記録を更新できた時は、「過去の自分を越えられた!」と驚きとなり、喜びになります。大幅に記録を更新するほど、驚きが大きくなり、その分喜びも大きくなると思います。日々のトレーニングにおいてもそうです。昨日できなかった事が「今日はできるようになった!また一歩前進した!」そんな驚きや喜びの積み重ねが、より大きな驚きや喜びに繋がるのだと思います。

私自身、昨年の日本選手権の800m決勝のレースで自己ベストを2分4秒86から2分2秒74に3年ぶりに自己記録を更新できた時は、驚いたと同時に嬉しさが込み上げてきました。同時出場の1500mをメインに考え、1500mを中心とした持久的トレーニングを増やし取り組んでいた中だったので、その中でスピード力が重視される800mで大きく自己記録更新できたことは私にとって大きな驚きで、自分の想像を超えた瞬間でもありました。一つ一つ積み上げたものが、自分の想像を越えて現れる喜びを改めて感じました。私は、そんな機会を沢山くれる陸上競技が大好きです。

(↑は、その800mのレース後に撮って頂いたお写真。隣には、いつも支えて下さるコーチ・マネージャーさん・トレーナーさんが。自分に驚く事ができるのは、沢山の方々の支えがあるからです。)

成し遂げる事が難しいと思われる事ほど、それを成し遂げた時の驚きは大きくなり、喜びも大きくなるのだと感じました。

小説や映画などをとってもそうです。自分が思っていた展開と全く違う展開、つまり大どんでん返しが起きると、驚き、「面白い!楽しい!次どうなるの!?」とわくわくします。

イノベーションも同じで、できっこないと思われているものほど、できた時の驚きは大きく、そこに需要や価値がうまれるのだと思います。

そんな驚きを、自分自身で創り出し、感じたい。自分の可能性にチャレンジし、まだ見た事のない景色を見てみたい。そんな思いで"自分に驚け"をテーマに持ち続けています。

自分自身に驚き続けられるように。そして、周りの方々にも驚いてもらえるように。一つ一つ積み重ねていきたいと思います。

読んで下さった皆さんも、何か自分のテーマがありましたら、コメント欄等で教えて頂けたら嬉しいです!お待ちしております!

そして最後に。サポートして下さった皆さん。
温かいお気持ち、お心遣い本当にありがとうございます。noteを書いてサポートして頂けるとは思ってもいなかったので、とても嬉しかったです。サポートして頂いたご恩に対し、お返しができるように取り組んで参りたいと思います。
今後とも温かい目で応援して頂けたら幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝!!
140
東京学芸大学(教育学部生涯スポーツ学科)▹NIKE TOKYO TC▹積水化学女子陸上競技部/TWO LAPS/NIKE 中距離種目(800m1500m)を主に走っております。Twitter→@ranrun0616

コメント3件

何かを成し遂げた驚きは、かけがえのないものですね♪
卜部さんの感謝の気持ちにも感動しました^^
自分に驚けって、良い言葉ですね。
私の心に響きました。
走っている時や、走り終わった時に、「おっ!とか、あれ!いつもより調子良い!」ってなった時、嬉しいですよね。
蘭選手らしいですね。自分に驚け。良いですね。私は短距離選手だったので、自己新を出した時は、凄く嬉しかったのと、まだいけるとか、色々思いましたね。私は誰にもサポートを受けず、淡々とやっていましたが、唯一感謝できるのは、両親ですね。食事のサポート、あと小さな大会から大きな大会まで、全部見に来てくれました。今、自分がいるのも両親のおかげですから。蘭さんオリンピック、延期になりましたが、fightです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。