「神戸アニストに詐欺られてる話」正直ものがバカをみるような世の中はくそくらえ。6

「神戸市」と「警察」に連絡して結果はどうだったかというと

結果からいうと「何もできない」と言われました。

「神戸市」

神戸アニメストリートは神戸市の土地を第三事業者に貸して行っている事業とのことで、窓口になる担当に連絡。

「そういう話は聞いています」

「賃料そのほか滞納があるという話もあります」

「そのうちなにか対応があるとおもいます」(と言われて1年半何もなってません)

「神戸市が事業者に貸して、そこがお願いしたところが運営しているので、神戸市が直接何かできない」

とのこと。

詐欺みたいなことをしている業者だと分かっていつつ野放しにしているってどういうこと?と思いながら「貸してる直接の業者に問題がないと何もできない」との返答。

こういう時以外は融通聞かないのにお役所ってこういう時にはフレキシブルなのね。

ということで、まったく行政は役に立たない。

もういっこの行政である「警察」に連絡をすると

「民事にあたるので」といわゆる民事不介入との対応。

「あ、でもその場所に行くときはあらかじめ連絡ください。何かあったら対応しますので」

(何かあったらって、完全に私殺…)

警察が事件が起こってからじゃないと何も起こせないのは、ストーカー殺人がいっぱいあることでもすでに分かっていることでした。

ということで「警察」も役に立たず。

ちなみに、会社の最寄の税務署に納付の相談にいったとき

「売掛金があるのですが回収できなくて、それを納付対象にしてくれないですか?」(要は回収を行政でやってくれませんか?ということ)

と聞いてみたけれども

「そういう事情のお金はもうあきらめた方がいいんじゃないですか」

と逆に諦めさせてくるという

税金は納めろっていうのに

お金あきらめろっていうんだから世の中おかしな話よね

と、若干いらっとしたのを覚えています。

7に続く

正直ものがバカをみるような世の中はくそくらえ。7

 https://note.mu/r45shachou/n/n27ff4efb2621

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。