さいとうみさ

ウエディングプランナー&結婚アドバイザー。家族の在り方に興味があってウエディングプランナーになりたくさんの新郎新婦様をお世話するなか出会いのサポートもお手伝いしたくて結婚相談業を開業しました。「愛」をテーマに夫婦、家族、健康や世の中のことなど思うままに綴っています。

さいとうみさ

ウエディングプランナー&結婚アドバイザー。家族の在り方に興味があってウエディングプランナーになりたくさんの新郎新婦様をお世話するなか出会いのサポートもお手伝いしたくて結婚相談業を開業しました。「愛」をテーマに夫婦、家族、健康や世の中のことなど思うままに綴っています。

    最近の記事

    ホワイトセージで家を浄化してみました

    ホワイトセージ。 前から気になっていたので、貝殻とともに購入しました(^^♪ (貝殻に入れて焚くと良いそうなのです) 私は特に霊感があるわけでもないし、なにか見えないものが見える体質でも ありませんが、スピリチュアルなものについては信じる信じないというよりも「この世はスピリチュアルが基本で、スピのなかに私たちが生かされている」と感じながら生きているので、(ただし断っておきますが、俗にいう宗教には全く興味がありませんし信仰している何かもありません)スピに関連することは生活に積

    スキ
    5
      • これからの結婚式の在り方を考える

        ウエディングプランナーになってから20年になります。 私は現在47歳なのですが、結婚式の記憶というのはかなり前のころからあります。 いとこがほとんど年上の女性だったこともあり、小学生のころから結婚式にはよく参列していました。私が小学生ということは、昭和60年とかの話です。そのころの結婚式といえば、みんな同じようなウエディングドレスとメイク(ほんとにリップの色は3色からしか選べなかったと聞いたこともあります)、延々と続く知らない人のスピーチ、お色直しだらけでまるで着せ替え人形み

        スキ
        7
        • 愛され女子というけれど、その前に愛そうよ?と思う今日この頃

          こんにちは。マリッジコンサルタントさいとうみさです。 今日は前からずっと思っていたことを書いてみようと思いました。 巷でよく見かけるキャッチなどで、「溺愛されるオンナになる」とか「愛される秘訣」とか「大切にされるコツ」とか、○○される、つまり「受け身」の表現が、ここ最近やたら多いように感じます。 そして、そのことになんだか違和感を抱く、ひねくれものの私です。(笑) この男女恋愛婚活に関わるフレーズだけではなく、世の中全体にも言えるのかもしれませんが、どうも「~~してほ

          スキ
          6
          • 自分の人生をちゃんと生きる

            世の中のほとんどの悩みとか辛さとか、うまくいくとかいかないとかって結局「他者との比較」が元になっていると思う。 私たちは義務教育という名の洗脳のもと、それが当たり前のようにして生きてきて、どちらかというと日本の小学校中学校って特に「その子の得意なこと」より「苦手なこと」にフォーカスさせて、謎に「苦手科目克服」とか いう教育というかなんというか、そういうやりかたで統一されて、苦手科目以上に得意科目とか好きなこともたくさんあるのに、どういうわけかそのことはあんまり日の目を浴び

            スキ
            7
            • 結婚業をしているけど結婚式と婚活ビジネスには疑問だらけの仲人です

              そもそも昔から学校の先生に嫌われるタイプのこどもだったのだ。 ともだち100人できるかな??と笑顔で聞かれれば 「できるわけないと思うしそんなにいらない」と真顔でいうし、 きれいなフレーズでまとめようとしてくる教員には「先生なにがいいたいの?」と直球で聞いて先生を困らせてしまったり、先生だけが突っ走ってクラスが引いてる空気を先生本人は全然気が付いていない雰囲気がいたたまれなくなって一言場を盛り上げようと言葉を発すれば、クラスの子たちは笑ってくれても、その学期の通知表には「一

              スキ
              4
              • はじめまして(^^♪ウエディングプランナー&結婚アドバイザーさいとうみさです。

                はじめまして。 名古屋市在住のさいとうみさです。 今日からnoteをはじめました! ウエディングプランナーを20年。 そして結婚相談所を開業して6年になりました。 今日ははじめての投稿なので、わたしのことを少しお話 させて頂こうと思います。 私がこども時代を過ごしたのは昭和です。 時はバブル全盛期。ゼネコンでサラリーマンだった父と専業主婦の母、絵に描いたような豊かで何不自由ない暮らしでしたが、私が高校3年生の夏にもともと病気を患っていた父が亡くなり、あとを追うように母も

                スキ
                15