新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

\見て触れて初めて分かった壮大なスケール~大神輿お披露目会レポート~/

Public Mind

昨年(2020年)秋から今春にかけてお手伝いをさせていただいた麻布氷川神社の宮神輿復興クラウドファンディング。目標金額100万円のところ300万円を超えるご支援をいただきました。

皆様の支援を受けて修復を完了した宮神輿。4月の週末にお披露目会が開催されました。新型コロナ感染対策を考慮し、密を避けるため少数単位で分散開催しました。その一つの回の様子をご報告します。

案内看板

当日は春の陽気に包まれ素晴らしい晴天。

晴天

ご参加いただいた方に、今回応援したきっかけのお話を聞かせていただきました。

「町の人々のつながりとなる神社を応援したい気持ちがあって参加しました」「お祭りが大好きで、家族で日本中のお神輿を担いできた。貴重な大神輿の修復ということで応援して、いつか担ぎたいと思った」

などなど。このクラウドファンディングをきっかけに麻布氷川神社を知って応援いただいた方々が多かったようです。どの方もお披露目会を楽しみにされていて、ワクワクされている様子がうかがえます。

社殿での神事に続いて、神輿蔵の前に集まります。

神輿蔵開放直前

いよいよ神輿蔵の扉を開け、修復した大神輿のお披露目です。

神輿蔵開放

ご参加いただいた方に感想を聞きしました。

「一言で表現することが難しい。それでも敢えて言葉にするなら“荘厳”だ」「今まで担いできた神輿と比べても格段に大きい。これは担ぎ甲斐がありそうだ」

写真では伝わりにくいかもしれませんが、実物を前にすると千貫神輿と称された壮大なスケールに圧倒されます。

神輿全体像

手袋をしたうえで触れさせていただきました。

井桁触れる

たとえば井垣の部分は朱と金に輝いています。様々な職人の方々による細部までこだわる丁寧なお仕事の様子が伝わってきます。

次回はお披露目会を終えた神職の羽倉信成さんへのインタビューをご紹介します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Public Mind
<「誰かのためになりたい!」気持ちを、アクションにつなげる>をミッションに掲げるソーシャルグッド応援団体のパブリックマインドでは、社会課題の解決にむけて活動する団体や個人の支援に取り組んでいます。 https://www.publicmind.jp/