見出し画像

クソみたいな投資案件に騙されるバカがムカつく

目の前で意気揚々と話している謎のパイセンの言葉を聞き、赤べこのように首を振りながら、私は内心で呼び出されるままに来てしまった自分の愚かさを呪っていた。

「どうしてこんなアホみたいな話に乗っかる人がいるんだろう」
「この人はもしかして私をバカにしているのか?」
「やっぱり家で本を読んでるほうがよかった」

場所は都内のホテルのラウンジ。
泡のよく立ったカプチーノは口当たりがよく、体に染み渡るよう。
目の前に座っている訳知り顔の男とやたらニコニコしている男の2人組さえいなければ落ち着いたいい場所だと思う。

始まりはこのニコニコ野郎からの3年ぶりのLINEだった。
どこでどう知り合った人なのかは覚えていない。
彼からのLINEの一部を抜粋する。

・自分はビットコインを扱う事業を本気で仕掛けています!
・月収100万円を稼ぐ事業計画で動いています!
・感覚的には第三次産業革命のときの携帯を広めた感じで事業を仕掛けていく側です!
・何をそんなに恐れているんですか?
・資産を稼ぐという感覚です。
・時代は、本当に動いています。

ちょっと感動した。
これはすごい。中身がまるでない。
投資詐欺の話はニュースなどで聞いていたが、自分とは関係のないどこかファンタジーな話だと思っていた。
こんな人が現実に存在したなんて。
好奇心を抑えきれなくなった私は、いかにも興味があるフリをして話を聞いてみることにした。

=============================================

結論から言うと、物凄い投資案件というのはポンジスキーム臭のする「MLM型のクラウドマイニング」の話でした。
救えないのは私に話を振ってきたニコニコ野郎も、事業の詳しい説明を担当した謎のパイセンもこのクラウドマイニングの怪しさにまったく気づいていなさそうなところで、なんだか悲しくなりました。

話の流れは以下の通りです。

①今日の話を聞いた上であなたには3つの選択肢がある。
 a.関わる
 b.投資する
 c.投資する&仕掛ける側になる

②ビットコインとは
 そもそもビットコインとは?
 なぜこれから暗号資産が当たり前のものになるのか
 なぜこれからも値上がりするのか

③クラウドマイニング事業について
 なぜ信用がおけるのか
 どのような実績があるのか
 アフィリエイトの仕組みについて

詳しい話の中身については書いても面白くもなんともないので省き、ちょっと面白かったところや、ツッコミどころがあったところだけをピックアップします。

Point1
宇宙開発が進んで地球外からも採掘を行えるようになるから、天然資源は値上がりしない説

私「ビットコインの埋蔵量に上限があるのが値上がりの根拠なら、地球の天然資源は量に限りがあるから天然資源も今後値上がりするってことですかあ?例えば金(Gold)とか」

パイセン(以下パ)「金(Gold)の地球上の埋蔵量は変わらなくても月や火星には行けば採掘できてしまう。だから機関投資家はそれを見越して金の上昇を見込んだ投資を控えている」

いいですか。
機関投資家の皆さんはそんなにアホではないし、そもそも月には火山活動がないので採掘できるような金はありません。

Point2
投資利回りをこっちが計算してあげないと言えない

私「マイニングがうまくいってるときの利回りってどれぐらいなんですか?」

パ「これが4月22日からの実績です。この数字が1日にもらえるビットコインでこうやってきちんと毎日お金が増えていくんです」

私「それで利回りはどれぐらいですか?それからビットコインの価格低迷期のマイニング報酬はどれぐらいだったんですか?」

パ「??? 始めたのが4月に入ってからだからそれより昔のものはわかりません」

私「利回りは直近だと……日利0.1%ぐらいみたいですね。マイニング報酬の推移のデータはあったほうがいいと思います」

投資利回りを計算してあげないとわからない!
パイセン、自分が投資しているものの過去の利回りを把握していない!
そいつあすげえや!

Point3
投資した元本がマイニングによって2倍にならないとそもそも引き出すことができない驚きの仕組み

パ「たとえば1BTC投資したら、マイニングで2倍の2BTCになってから元本は引き出せるようになる。ビットコインの値下がりのリスクはあるけれど今後値上がりすることを考えると安全な仕組み。しかも元本は引き出せないけど、マイニング報酬でもらえるものはいつでも引き出すことができる」

私「それだと日利0.1%でうまく行っている場合も1,000日後にならないと引き出せないってことですか……?」

パ「そうなりますね!でもアフィリエイトの仕組みがあるから~~」

なんと最高にマイニングがうまく回っている状態が続いたとしても約1,000日経たないと元本を引き出すことが許されない驚きの仕組みです。

感想としては、何というか、うん。

設備の整ったマイニング工場があって、パイセンとニコニコ野郎は今度視察団として日本の同じような投資家100人ぐらいと一緒に視察に行くそうです。
マイニング工場があって、そこで実際にマイニングを行っていて、マイニング報酬を支払っているというのは本当でしょう。
ただ、だからといってその会社が信用できるかと言うとまったく別問題になります。
ある程度資金を集めた後に何かしらの理由をつけてとんずらする可能性があることを否定できません。
リスクに対してリターンが見合っていないのでやるべきではない、というのが私の結論です。

典型的なただのMLM商法だと思われます。
仮想通貨が危ないというよりも、今の詐欺師御用達の商材が仮想通貨というだけです。

=============================================

なぜこんなものを妄信し、お金を入れ、仲間を増やそうとしてしまう愚かな人が多いのでしょうか。
このような投資案件()を仕掛ける側が山ほど儲けていることも腹立たしいですが、これに入れ込んでしまうような人が多いことにもムカつきます。
騙される方が悪いとは言いませんが、こんなものに騙されてしまう人とはちょっと友達になれません。

怪しい話には乗らないようにしよう!と言うのは簡単ですが、詐欺にあう人はそれが詐欺だとは思っていないためにカモにされてしまうのですから、この注意喚起には何の意味もありません。
せっかくなので詐欺にあってしまう人間の心理を深堀してみます。

詐欺にあい抜け出せなく人の思考回路や状態は、ロッタリー効果×自信過剰バイアス×コンコルド効果のコンボで説明できると思います。
それぞれの効果やバイアスについて簡単に解説します。

ロッタリー効果
宝くじ効果とも言います。人間は少ないコストで大きな利益が見込めるものが大好きです。宝くじの損失は購入金額に限定され、それは小さな範囲に収めることができるので、当たれば美味しいし、たとえ外れても大したことはない、という心理になりがちです。実際にアメリカの低所得層では宝くじを積立貯金のようなものだと思って購入している割合が結構大きいとか。
ほとんどの投資詐欺は一攫千金をうたっています。一夜にして大金を手にする可能性のあるものは投資ではなく宝くじです。

自信過剰バイアス
自分の能力を過信し、過剰な自信を持ってしまう心理的なバイアスの一つです。人間は自分で判断したものが大好きで、たとえ後から間違っていることがわかってもその間違いを認めることを拒否しがちです。
投資における自信過剰バイアスは主に損切りの遅れに表れます。

コンコルド効果
経済学ではサンクスコスト効果とも言います。
今まで投資したもの(金銭、時間、努力・苦労、etc)が無駄になるからと、そのまま続けても損失にしかならないことのがわかっているのにやめたくてもやめられない状態のことを指します。
投資の負けを取り返そうとしてレバレッジをあげるのはこの効果のせいです。
自信過剰バイアスとコンコルド効果が合わさると、謎の自信で間違った方向に突き進み続けてしまいます。

ロッタリー効果により、「自分に振ってきたこの話は他の詐欺のようなものと違って本物だ」と考えてしまい、
自信過剰バイアスにより、最初に上手くいったケースを過剰に信頼し、「やっぱり間違っていなかった」と思い、
コンコルド効果により、上手くいかなくなってからも「でも今までは上手くいっていたしまだ続けよう」と泥沼にはまる、これが一連の流れです。

ちなみに偉そうに書いていますが、詐欺にこそあってはいないものの、私は漏れなくこの効果やバイアスに陥ってうんざりするほど多くの損失を出したことがありますし、今でも無意識のうちに損失を出してしまっていると思います。

一切の障壁をはねのけ、完璧な判断を下すことは不可能です。
ですが無駄な損失を膨らませずに最適な行動を取るように努めることはできます。
必要なのはできる限りの客観視です。

私はいつも日々の生活や裁量トレードの中で
「もし自分が自分とはまったく関係のない第三者だったらどうするか(投資で言えばノーポジだったらどうするか)」
または
「自分が逆の立場だったらどうするか(投資なら逆のポジションを持っていたらどうするか)」
を考えるようにしています。

また投資の世界を見ると、1日で何百万何千万と儲けている人がゴロゴロいます。
彼らを見ていると自分も一攫千金!と思ってしまう気持ちはわかります。
私だって1日で何千万と稼ぎたいです。
しかしそもそもほとんどの億万長者は、いきなり億万長者になったわけではなく、その人が積み重ねてきたものの結果として億万長者になっています。

宝くじを買うつもりで、全損を覚悟の上で投資案件()に手を出すのであれば全く問題ないと思います。
しかし、投資であり資産運用であり自分で行うビジネスだと思って、わけのわからない投資案件に手を出す人は救えません。

投資に対する正しい認識が世の中に広まり、投資を行う人が増え、なおかつちゃちな投資案件に騙されてしまうバカが少なくなれば良いと願います。
たったそれだけの変化で、流れるべきところにお金が流れ、科学技術の発展や経済の発展が今よりも飛躍したものになると私は信じています。

BBBでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます!

ありがとうございます!@project_bbb
27
暗号通貨/仮想通貨のシステムトレードのことを中心に書きます。 こっちでも色々書いています。https://www.column.erizo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。