歯医者になって良かったこと

今日は。プリズムタワー工藤歯科の副院長、工藤有加です。

歯医者になって良かったことって、何だろう?と思い返したとき、思い浮かぶことの一つに、自分が、歯で思い悩むことがなくなった、ということがあります。

小学生から高校生くらいまで、私も矯正治療を受けていました。金属のブラケットをつけて。。。

中学生の私は、自分で、歯並びを治したい!という強いモチベーションはなかったので、歯ブラシもそこそこ…なので、「矯正治療➕プラークコントロールが悪い」という、虫歯菌(ミュータンス菌)にとっては、最高に住み心地の良い環境を自分で作り出し、私は沢山の虫歯を作ってしまって、叔父の歯科医院にしょっちゅう虫歯治療に通う、ということをしていました。

そして、矯正をすると、当然ですが、噛む位置が変わるんです。思春期、思い悩むことの多かった私は、精神的に病んだ時に、やけに噛み合わせが気になり、噛むところがわからない、ここが高い気がする、と言って、叔父の歯医者に行って相談しても、そんなに強くあたってないよ、といわれ、また、自分で重い悩み、自分の身体の不調を噛み合わせのせいにしてみたりしていました。

歯科の勉強をすると、噛み合わせはコンフュージョン、答えがないんですね。噛み合わせに関しては歴史的に色々な論文が出て、これがいい、あれがいい、こうすればいいんじゃないか、ああすればいいんじゃないか、色んな論争がありました。

現在では、その人の持っている噛み合わせで、前歯、奥歯ともに、ガイドがきちんとしていれば、そんなに大きく変えなくてもいい、本来その人が持っている噛み合わせでいい、という考え方が主流です。

前歯にガイドがない人は、奥歯に負担がかかりやすく、奥歯が悪くなりやすい、ということがあります。なので、矯正をして、前歯にガイド出来るような噛み合わせを構築しなおしたり、矯正までしない人には、夜間寝る時に使用するマウスピースなどを使ってもらって、奥歯に負担が極力かからないようにする、という工夫をします。

矯正は、ご自身の持っている噛み合わせに対して、した方がいい人もいるし、そうじゃない人もいる。見た目を治したい人は、もちろん矯正治療の適応ですが、奥歯をこれ以上悪くならないようにしたい、きちんと全部の歯でガイドするようにして、奥歯の負担を減らして、磨きやすくして、自分の歯で、一生を過ごしたい、という目的で矯正する方もいます。

話は逸れましたが、必要な人に、必要な治療を、というのが、うちの医院のコンセプトです。削らなくていい人は削らないし、矯正しなくていい人に、矯正はすすめません。

自分が、院長と二人三脚でこの医院を出来ること、患者様のために何ができるのか、当医院で働くスタッフのために何が出来るのか、今、考えて、行動にうつせることを誇りに思います。

自分が、正しい歯科の知識をつけ、それを患者様に提供出来る。本当に理想的な治療だと思う治療が提供出来ている、本来その人の持っている歯、歯並びを大切にして、その人に本当に必要な歯科治療が提供できること。

それが、私が歯科医師になって良かったな、と思うことです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
東京都目黒区 池尻大橋徒歩1分 プリズムタワー工藤歯科特定非営利活動法人 日本歯周病学会認定専門医日本口腔インプラント学会専門医(第1271号)厚生労働省認定歯科医師研修医指導医日本歯科審美学会正会員公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定専門医
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。