見出し画像

2019.11.2

10月13日は渋谷の全感覚祭、先週は京都のボロフェスタでライブをした。たくさん友達に会えたね。久しぶりにいろいろ話すことができたヤツもいた。もうみんな対バンすることでもないかぎり会うこともない。オレたちはステージに立ち続けることでお互いを讃え合い、認め合うことができる。ライブを見ることができたバンドはみんなそれぞれのやり方で時代と向き合い新たな表現へと向かっていてとても勇気づけられた。続けられなかった仲間の分もそれぞれが背負っている。ステージ前にはモッシュピット、遠くにはオレたちの歌を口ずさんでいる人が見える。さらにすすんで行くオープンマインドとユニティー。何が正しいのかは分からないがそれぞれの在り方を全力で追求するしかないさ。それが音楽やロックンロールの醍醐味だろうしね。

さて、来週11月6日はいよいよDYSTOPIA ROMANCE 4.0リリース。リリースをサポートしてくれるのはavex traxxx in the BABYLON。yeah。Night Rainbowの映画ばりに強力なMVも公開できた。監督をしてくれたヨコボリくんはじめ多くの人の圧倒的な熱意とエネルギーで完成した作品。物語は歌詞の内容と一致させてくれつつ、ロケ現場は晴海のオリンピック選手村周辺で2019年ネオトーキョー。めちゃめちゃすごい映像なのでもっと遠くに届くといい。
オレの作る曲は他の人のイマジネーションと重なり合うのに相性がいい。きっとハバナイの歌はオレの内側から生まれたのではなくてオレが自分の外側の世界を見ながら作るせいだろう。直近のMVはマルさんのわたしを離さないでとSmells Like Teenage Riot、マコトくんの僕らの時代、モロちゃんの写真を使った愛こそすべて、そして今回のヨコボリくんのNight Rainbow。やっぱりフルコンタクトな表現がオレは好きだね。

アルバムのリリースツアーNEO TOKYO OLYMPIA!!!も11月26日からスタートする。東京のみで10カ所。これは決して地方より東京が優れているというようなセルフボーストな意味はなくて。毎週この街のどこかでモッシュやシンガロングを起こすパーティーがあるということを一つのバンドのツアーとして行う、Have a Nice Day!活動初期からの理想をシンプルなカタチでやりたかっただけさ。昔は1日のイベントに何グループも詰め込んで成立させてたけど、いまはもう一つのバンドとして十分に成立させられるようになった。各日程に呼びたいグループを一組だけ出演お願いして11月26日から2月27日まで約3ヶ月間やる。ここ最近は東京以外でのライブが多かったし、いま一度東京という街について考えてみたい。これが終わればまた東京から離れちゃうことだってあるだろうしね。
ツアーファイナルのリキッドルームワンマン以外でイレギュラーな内容の日程は12月23日と1月11日。12日23日の代官山UNITはKiliKiliVillaからリリースされるフォーエバーヤングとファウストのアナログのリリースパーティーにした。フォーエバーヤングをリミックスしてくれたSUGIURUMNとファウストをリミックスしてくれたYODATAROの2人にオープンからDJをしてもらう。ダンスミュージックとしてのHave a Nice Day!を2019年の最後にやろうかなと。
2017年にKiliKiliVillaからFallin Downをリリースしたのは前年にNOT WONKのライブを観に行ったことがきっかけだ。NOT WONKをライブに誘いたくてたまたま物販にいたYODATAROに声をかけた。彼はハバナイを知っていてシングルをKiliKiliVillaからリリースしたいと申し出てくれた。それ以来彼にはいろいろ手伝ってもらっている。ちなみにKiliKiliVillaのリリースではNOT WONKのDawn the Valleyとodd eyesのSELF PORTRAITが圧倒的に好き。

DYSTOPIA ROMANCE 4.0の各ver.4.0とエスケイプ、Kill All InternetのアルバムアレンジはYODATAROとエンジニアの磯谷さんの手による。特にエスケイプはもともとの楽曲の理解をかなり拡大してほぼゼロから構築してくれた。サウンドクラウドにあがっているバージョンが自分にとってのエスケイプへの最大楽曲サイズだったが、それはあの曲がある種のダークサイドから生まれた曲であり、自分としてはあまり大きくしたくなかったせいかもしれない。
最終的にできあがった新たなアレンジでは映画音楽的なアプローチによってバンドサウンドやダンスミュージックとは違うカタチのエモーションを持った歌として完成した。きっとこっちが正しいカタチだろう。作っている自分でも気づくことができないことを仲間が見つけて掬い上げてくれる。今回のアルバムは他の曲でも同じことが起きているね。
話がやや逸れてしまったな。年をまたいで1月11日新大久保アースダムはSCUM PARK。2014年頃まで毎月やっていたハバナイ主催のイベントなんだけど久しぶりにやろうかなと。NEO TOKYO OLYMPIA!!!は基本的に2マンなのだけどもう少し雑なパーティーもやりたくて特別にこの日はSCUM PARKにしてしまった。まあやりたいことが昔より明確になっているから何組も呼んだりすることはないけど。2011年頃にやりたかっただらしなくてカッコイイやつをやれるように鋭意ブッキング中。遊びに来てな。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。