見出し画像

エンタメ業界で働くということ

moco

仕事が今年の最終ピークで、2週間殻に閉じこもっていました、どうも社畜です!!!

病んで誰にも連絡が取れなくなるくらいに辛い仕事から抜け出さない理由を、どこかに吐き出したくなったので、ここにつらつら書こうと思う

私は俗に言う“エンタメ業界“で働いている
マジで辛い
苦しい
ほんとに死にたくなる
本気で仕事辞めたくなるし鬱になる
体調壊す
気の強い女しかいなくて無理
8割気分屋の集まりに放り込まれる
土日とか消える
昼夜とか関係ない
家事できなくなる
化粧とかしなくなる
女じゃなくなる
とにかくなんかブスになる
病む
病む
病む
タバコをカートン吸いしたくなるくらいストレス
太田胃酸を常備しないと死ぬ
のわりに別に給料が良いわけでもない

実は大学を出てから2回転職をしていて、エンタメ関係→一般営業→エンタメ業界という、辛いのがわかってて戻ってきた側の人間なわけなんですけど、なんで戻ってきたのか

結論:やりがい

営業職をしてたときは人生イージーだった、ストレスだな〜と思うこともあったけど、これでこんなに金もらえるのかと思った、けど本気でつまらなかったし、こんなにつまらない仕事でどんどん期待されていくのが嫌で早急に辞めた

私は人の笑顔が好き、人が喜んでくれることが大好き、たのしかった〜またやってほしいな〜かっこよかった幸せ〜ってその言葉でがんばれる、その時間に向けて一生懸命な演者さんも大好き、結局自分が作った時間で誰かが幸せになってくれるこの仕事しかしたくないなって、そうして今この仕事をしてる、まあ結婚したら仕事辞めますけどね!!!!

エンタメ業界は本当に突然消え去る人が多い、短期離職も多い、適応障害も鬱も多い、独身女性も多い。自分が属してる会社も、取引先の会社も含めてね

この業界に入りたいな〜なんて思っているどこかの誰かが見ているならこれだけは伝えたい、覚悟してオイデ!!!病むゾ!!!!

こうして私は明日からも社畜ロードを歩む




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!