発達障害サバイバルガイドを実践するための商品レビュー5 生きるためのコストはいくら?
見出し画像

発達障害サバイバルガイドを実践するための商品レビュー5 生きるためのコストはいくら?

上記の記事を読んで、「生活の固定費」について改めて、考えてみました。

画像1

私の場合、昨年の固定費を計算してみたところ6万4千円でした。自分の感覚以上に使っているなという印象でした。やはり生きていくためにはお金がかかります。私のしている工夫をいくつか順に紹介していきます。


①通信費について

一人暮らしの場合、ゲームガチ勢やユーチューバーを始めるのでもなければ、思い切ってスマートフォンとテザリングだけですます方法もあります。おすすめの通信会社は、楽天モバイルです。1GBまで月額無料で使える上に色々キャンペーンをやっているのでおすすめです。楽天回線圏内だと無制限で通信しても3278円と破格です。また、レンタルSIMというサービスもおすすめです。私の場合は、with-wifiの100ギガプランでで満足しています。注意点は、iPhoneだとなぜかテザリングできないので注意が必要です。

スクリーンショット 2021-07-28 13.18.24

②電気代

私の場合、東京電力からLOOP電気に乗り換えて、毎年2000円節約に成功しました!

③ガスと水道

サイエンスウルトラファインミスト ミラブルplusシャワーヘッドを購入したら、かなり節水できてよかったです。また、ニキビもできにくくなった気がします。ただ、商品が非常に高額なのとCMのように油性ペンは消えないのには注意が必要です。

④保険

以上の記事がわかりやすくて、これ以上解説することはないですが私の場合、SBI損保で契約しています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😀
鬱で発達障害の不登校教員です。