技能検定 射出成形作業 実技試験 1級2級 合格マニュアル

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 実技試験
合格マニュアルとして、工程チャート、手順と注意ポイント等を解説していきます。

1.初めに

①こんなことに悩んでいませんか?

本記事を読んでいる皆さんは、下記の項目にいくつ当てはまりますか?

・プラスチック成形工場に勤めている
・20~30代 新人~中堅
・30~50代 ベテラン、管理職
・ブラック企業
・パワハラ上司
・工程に余裕のないバタバタ稼働
・不良の選別に追われる
・夜中でも呼び出される
・月残業100時間以上
・サービス残業
・マイホーム35年ローン
・子育て世代
・周りに比べてやる気はある
・やる気のない上司
・嫌なら辞めろという社長
・正当な評価をしてもらいたい
・家に帰ってくるとクタクタ
・趣味、贅沢する余裕がない
・家族のために働いている
・休みの日も休日出勤
・いつまでこんな生活続くんだろう?

10個以上、人によっては15個以上当てはまる人がいるのではないでしょうか。
まず初めに声を大にして言いたい。

「今までお疲れ様でした。」
あなたの頑張っている姿が目に浮かびます。
人一倍努力してこられたと思います。

実をいう私は、ほぼ全て当てはまっていました。
言い換えれば、数年前の私の現状です。

②どうすれば変わるんだろう?

そんな辛い現状の問題点は、
・職場の環境
・給与形態
・家庭環境     などです。

その内、あなた自身で解決できる問題なんでしょう?

答えは「ない。」です。


あなたに今できる
問題の解決策は1つ


【自分を変える。】です。
周りの人間や環境を変える事はなかなか難しく、ましてや他人を変えようとしても無理です。

自分に焦点を当て、自分を変えることで未来を変える事ができます。

もっとも効果的なのが、技能士資格を取得する事です。

③なぜ技能士になるのか?

「技能士になったからって、全てが解決できるわけないじゃないか。」と疑問に思う方も多いと思います。
しかし、過言ではありません。

実際に、技能検定の概要は下記の通りです。


技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。(中央職業能力開発協会HPより)

国家資格として、あなたが評価されます。

「射出成形の経験者」という漠然として曖昧な評価から、
1級2級という、数値化された確たる評価になるのです。

自動車、家電、サービスなんでもそうですが、グレードによって価格は異なりますよね。

無印→2級→1級

「価格=価値」です。上位グレードはそれだけで価値が高いのです。

④技能士になると絶対に未来は変わる

射出成形技能士は、プラスチック加工関連業では「花形資格」です。
技能士に合格することで、あなたの知識・技術を証明することになります。
【技能士資格取得のメリット】
・能力評価UP(知識・技術・自信)
・信用度UP
・資格手当による給与UP
・より高度な仕事を得られる
・さらなる高みへのモチベーション  など

自分を成長させることで、外からの影響に振り回されない様になっていきます。
代わりに、自分で変えられる事が増えて行きます。
影響力の範囲が広がっていくのです。

・技能士の知識・技術を持って職場の環境を改善
・技能士資格に対する手当を支給して頂く
・給与が上がって生活に少し余裕がでてくる
・夜間、休日に呼び出されない様に事前に手を打っておける
・休日は家族、自分の自由につかえる

今置かれている現状では変えられなかった環境でも、技能士になった後では、結果が異なるのです。

実際に、13年前超絶ブラック企業に勤めていた私が「技能士」になって人生が劇的に変わりました。

⑤今後、技能士の価値はどんどん上がります

多くのサラリーマンは、「会社に出勤さえるれば給与はもらえる」と思っています。
・やる気なし
・今のままでいい
・時間だけいればいい

でも、技能士を目指しているあなたはそもそもの土台が違います

今この記事を読んでいる時点で、
・自分を変えたい。
・知識/技術を付けて会社に貢献したい
・家族をもっと幸せにしたい

って、向上心を持って仕事に当たっていると思います。

そんな「意志」の先に取得できるのが、技能士です。

技能士は、知識、技術を有する人としての評価に加えて
「やる気のある、しっかり努力してきた人間」と評価されます。

会社だって、そんなやる気のある人間は大事にしますよね。
また、技能士は、他の会社からの需要もとても高いです。

どの会社も、「技能士」を持っている事を重視していて、即戦力を必要としているってことです。

「経験者」と「技能士」の差はとてつもなく大きいのです。

まずは2級から、そして1級、特級へとより高みを目指して下さい。


2.技能士になる!

そんなあこがれの「技能士」になるには、技能検定に合格しなくてはなりません。


技能検定 プラスチック成形 射出成形作業には2つの試験両方に合格しなくてはいけません。
・学科試験
実技試験

学科試験は、過去問題をしっかり勉強し、プラスチック成形の勉強をしていく事で、知識が養われ合格できます。

受験者を苦しめるのは圧倒的に「実技試験」です。

実技試験という高い壁をどうやって攻略するか?が合否の分かれ目です。

なぜ合格できないのか?

なぜ実技試験の合格は難しいの要因は下記の通りです。
・年に1回のチャンス(地域によっては後期で実技のみ開催有り)
・試験成形機が選べない(地域によって試験機が異なる)
・緊張
・標準作業の遵守
・製品の「良品とおもうもの」の判定基準がわからない
・試験時間内に終わらない    など

細かく上げればもっと要因はありますが、合格点60点の壁は本当に高い。

結論から申し上げると、現場で身に着けてきた知識、技術では太刀打ちできません。

先輩や上司から「見て習え!身体で覚えろ!」といって教わったノウハウはその会社では正解でも、技能検定では危険作業なんてこともあり得ます。

自動車の一発免許の様に、細かなルールがあり、標準作業に沿って試験を進める必要があります。
・標準作業
・危険作業
・時間配分

などは、知らなきゃ減点されてしまいます

逆に言えば知っている事で減点されないのです。

ここがポイントです。そもそもルール知らなければゲームになりません

さらに、ノウハウを知る事で、予知して実技試験に臨めます

3.合格マニュアル概要

本日は、そんな実技試験の合格マニュアルになります。

①自己紹介

本編に入る前に、この記事の信ぴょう性を持たせるため、自己紹介します。


特級プラスチック成形技能士の、プラ太郎と申します。


 技能検定 プラスチック成形 (射出成形作業)
 2級/1級/特級、全て一発合格。
 特級は、成績1位表彰、35歳で習得。
 その他
 ・第一種衛生管理者
 ・第二種電気工事士
 ・Toeic540点
 ・一部上場企業の成形工場で製造に携わっています。
 

・技能検定 プラスチック成形 射出成形作業
 対策サイト「Plastic Fan」運営者。
 【概要】
  技能検定 射出成形作業 の取得を目指す方に向けて知識・技術
をコンテンツ提供しています。
  また、技能士の社会的価値をUPさせるため、技能士個人の稼ぐ力を上げるノウハウを発信しています。
 【理念】
  プラスチック成形技能士を育成することで社会貢献する。
  特級プラスチック成形技能士として、技能・道徳・正義の誇りを持つ。

②合格マニュアル 概要

1級 2級 射出成形作業 実技試験 合格マニュアルです。

技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 実技試験
1級2級 合格マニュアル
(ⅰ)工程チャート(試験開始~終了までの流れ)
(ⅱ)工程別の手順(注意点、陥りやすいミス等)
(ⅲ)時間管理(時間配分、合否の分かれ道など)

③対象者

・技能検定 プラスチック成形 射出成形作業 1級2級 受験者
・一発合格を目指す方
・何回受けても合格できない方

④前提

①検定金型・検定成形機
原則としては、検定金型、検定成形機は、各地域にて同条件にて成形できる様設計されていますが、金型作成の会社は別ですし、消耗具合も違います。検定成形機のメーカー、大きさも異なります。
全く同一にすることは難しいです。
②手順、動作
各地域によって、細かな手順や動作が異なります。
検定委員/補佐員の補助の範囲、原料の準備方法、各手順で推奨される基本動作など。
採点に影響する様なものは、各地域で共通です。
③年度差、地域差
技能検定がスタートしてから、少しづつ変更がされています。
地域によってルールが異なります。掲載情報によるトラブルが想定されます。
不明点や疑問点は試験前の講習会や、試験直前の試験注意事項説明で検定員に確認、承認を取って頂くようお願いいたします。
記事中の基本をふまえて各地域のルールを優先に作業を推奨します。
トラブル、事件、事故に対して一切の責任を負いません。
2020年1月執筆時の情報になります。
④複写、転記
本記事の複写、転記は禁止しています。ご自身、身近な仲間のために使用して下さい。

⑤価格

「プラスチック・ファン」ウェブサイト内では、
・技能検定の学科試験対策
・実技試験の概要、ノウハウ
・注意すべきポイント  などこれまでに紹介しています。

技能検定の対策記事も多数掲載しております。

その中で特に閲覧数の多い「実技試験」の対策記事をまとめ、
【合格】に焦点を合わせて、添削、追記をし
【合格マニュアル】として仕上げました。

本記事は、有料コンテンツになります。

私の経験上、資格取得にコミットするには覚悟が必要です。

今年こそ絶対合格するという覚悟の元、行動しなければ結果は着いてきません。

有料記事を買う事で、モチベーションと合格確率は俄然上がります

遊びじゃありません。「ライバルに差をつけろ。
その他大勢のサラリーマンに大きく差を付けてもらいたい。

この【合格マニュアル】を読み深めて、
道なき道を進み、実技試験という大きな壁を突破してもらいたい。

あえて、厳しい事を申し上げます。
今の辛い現状変えられる解決策は、技能士になる事だけです!

現状を変えるとしても、
・転職先はまたブラック企業
・一般社員で入社は低賃金
・せっかくの経験を無駄に、多業種に転職
・このまま我慢して精神病に

今より良くなる保証はありません

現状でできる最大限の力を、技能検定にぶつけるんです。

定価3,000円のところ今でしたら、1,800円にて販売スタートします。

この先行投資を高いと取るか、安いと取るかはあなた次第です。

この記事を参考にしてもらって、技能検定に合格できれば十分に投資分の回収は可能です。
技能検定の平均資格手当は
2級:3,000~20,000円
1級:5,000~50,000円です。


余裕で、一か月でペイできますね。

また、年365日で割れば、たったの4.93円です。
一日4円の投資で、未来が変わります。

今年こそ、絶対合格しましょう。

↓さぁここから本編になります。↓

4.合格マニュアル

本「合格マニュアル」は3部構成になっています。

(a)工程チャート(試験開始~終了までの流れ)
(b)工程別の手順(注意点、陥りやすいミス等)
(c)時間管理(時間配分、攻略法など)


(a)工程チャート

まずは全体の流れを把握していきましょう。
射出成形作業の試験がどの様なものかを紹介していきます。


(b)工程別の手順

次に10つに分けた工程を1工程づつ解説していきます。
<ポイント>
 ・作業の方法
 ・注意点
 ・陥りやすいミス
 ・減点されないために抑えておくべきポイント


(c)時間管理

なんといっても時間管理です。
半数以上の受験者は、時間切れの失格です。
いかに時間内に作業を終わらせられるかがポイントとなります。
 ・時間管理のノウハウ
 ・皆が陥ってしまう行動/心理
 ・突破するための攻略法


【合格】に照準を合わせ、細かく細かく解説しています。


(a)工程チャート(試験開始~終了までの流れ)

まず本章では、全体の流れを把握して下さい。工程チャートは下記の通りです。

【工程チャート】
 ①試験前の確認~試験開始
 ②金型取付
 ③PSパージ
 ④X組成形
 ⑤Y組成形
 ⑥PEパージ、サンプル作成
 ⑦金型取り外し
 ⑧レポート作成
 ⑨試験終了
 ⑩片付け、清掃

各工程の作業を見て行きましょう。

この続きをみるには

この続き:22,010文字/画像10枚

技能検定 射出成形作業 実技試験 1級2級 合格マニュアル

プラ太郎@特級プラスチック成形技能士

1,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
特級プラスチック成形技能士 技能検定 射出成形作業に特化した対策サイト「プラスチック・ファン」運営者。 技能検定 射出成形 1級2級 受験者の皆さんに有益な知識・技術を発信中です。 https://plastic-fan.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。