見出し画像

ひどい赤水も短期で解消!レジェンドホテルサイゴンの事例

はじめに

今回はベトナムの最高級ホテルレジェンドホテルサイゴンのケースを取り上げ、日本システム企画株式会社のNMRパイプテクター®がひどい赤水を短期間で解消した実績や導入までの経緯をご紹介します!

「お菓子のコトブキ」として飛躍したコンフェクショナリーコトブキ

赤水の問題に直面したレジェンドホテルサイゴンは、日本の企業であるコンフェクショナリーコトブキが大成建設株式会社に依頼して建築し2001年に開業しました。

コンフェクショナリーコトブキは、1947年にお汁粉屋「寿本舗」として開業した神戸市に本社を置く洋菓子メーカーです。
創業者の細谷清氏は、戦後の物資が不足し甘味が少ないなかでお汁粉や酒まんじゅう、大福などを販売して成功し、徐々に事業の規模を大きくしてゆきます。
残念ながら現在は直営事業を休業していますが、神戸の洋菓子メーカーが何故ホテル経営に乗り出したのでしょうか。

コンフェクショナリーコトブキがホテル事業を始めたきっかけ

そのきっかけは、細谷清氏の早世したご長男の遺言だといいます。
細谷氏がホテル事業に乗り出したのは、87歳の時でした。
戦後の混乱期から堅実な経営で神戸でもトップクラスの菓子メーカーへと成長させた細谷氏にとって、ホテル事業はその集大成であると同時にご長男への想いが詰まった特別なものであったに違いありません。

レジェンドホテルサイゴンを創業

「お菓子のコトブキ」で知られるコンフェクショナリーコトブキが最初に着手したホテルはベトナムのレジェンドホテルサイゴン(現ロッテホテルサイゴン)です。
ホーチミン市のサイゴン川に面し、17階建てで客室数283、6つのレストランに円形の大きな屋外プールなど、ベトナムでも最大かつ最高級クラスの宿泊施設として2001年10月にオープンしました。

そんなレジェンドホテルサイゴンで赤水問題が発覚したのは、ホテルオープンから間もない2007年のことでした。

数時間水を流しても止まらない…レジェンドホテルサイゴンの赤水

2007年のある日、日本の有名芸能人がボランティア活動のためにベトナムを訪問し、その拠点としてレジェンドホテルサイゴン(現ロッテホテルサイゴン)に3日間宿泊しました。
その際、バスタブに湯を溜めたところ赤茶に濁っており、何時間もシャワーを流し続けても赤水が止まらないという事態が起きてしまいます。
結果として、宿泊した3日間はシャワーすら浴びることができませんでした。

当時、レジェンドホテルサイゴンは開業からわずか6年しかたっておらず、報告を受けた創業者の細谷氏は激怒したといいます。
建築を請け負った大成建設株式会社に対して給水配管と給湯配管の全面更新、そして休業補償を要求しました。

ベトナムならではの水質事情

このような事態が起きてしまった背景には、ベトナムならではの水事情があります。
ベトナムの水は硫酸成分を多く含むため、亜鉛メッキ鋼管(SGP)に反応して赤サビが非常に発生しやすい状況だったのです。

配管の更新は断念!赤水解消に立ちふさがる問題 

細谷氏の要請通りに配管の更新工事を行った場合、新たな配管や工事にかかる費用は高額で、工事の際には断水も必須です。
高額な費用と営業中止に伴う損失の大きさに、当時の大成建設株式会社・国際部責任者の方は大変頭を抱えました。
そして配管更新以外の解決策を検討するなかで日本システム企画株式会社のNMRパイプテクター®が浮上します。

NMRパイプテクター-NMRPT-の優れた性能

レジェンドホテルサイゴン(現ロッテホテルサイゴン)でも真っ先に配管の更新を検討したように、赤水は配管を新たなものに取り換えることで対処するのが一般的です。
しかし配管を更新しても、ベトナムのような特殊な水質の場合は、数年後に再び配管内に赤サビが発生します。
薬品を使う方法もありますが、一時的な効果しかなく、継続的に投与しなければなりません。
どちらの方法も根本的な解決ではなく定期的に高額な費用が必要になります。

NMRパイプテクター®-NMRPT-のアプローチ

NMRパイプテクター®のアプローチは、これら従来の方法とはまったく異なります。
発生してしまった配管内の赤サビを除去するのではなく赤サビを別の物質・黒サビへと変換することで配管内の腐食を止め、さらに配管を強化して延命します。

NMRパイプテクター®-NMRPT-のメリット

NMRパイプテクター®は設置のために大掛かりな工事を必要としません。
導入時にかかる費用を大幅に削減でき、消費する部品や薬剤などもないためランニングコストの心配も無用です。

NMRパイプテクター®の防錆効果は、日常的な水の使用量(約1蛇口あたり200L~300L/日)であればおよそ40年にも及びます。
優れた防錆効果・低コスト・導入時の利便性など、レジェンドホテルサイゴンにとってNMRパイプテクター®はベストな選択肢だった訳です。

ひどい赤水が透明に!短期間で赤水を解消したNMRパイプテクター®-NMRPT-

レジェンドホテルサイゴンでは、NMRパイプテクター®を、2008年に導入・設置しました。
当時、すべての客室の洗面台、バスタブ、トイレから濃い赤水が出ており、30分ほど水を流し続けても赤水の状態はほとんど変わらない状態でした。
非常に濃い赤水だったことを踏まえ、NMRパイプテクター®の防錆効果を効率よく最大限発揮させるために、清掃時に客室の水道を全開にして一定時間流す作業を毎日実施することになりました。

NMRパイプテクター®の導入から約一か月半後に14~17階の客室10室の洗面台・風呂・トイレで水質チェックを実施し、経過観察が行われました。
全室において水はほぼ透明なものに変わっており、クレームが出ない状況となっていました。
配管内の赤サビの腐食が止まり、赤サビを黒サビへと変化させることに成功した事で、硫酸成分を多く含む配管を腐食させやすい水質でもNMRパイプテクター®は高い防錆効果を発揮出来ることが実証されました。

まとめ

戦後の混乱期に始まった小さなお汁粉屋から、全国に知れ渡る菓子メーカーにまで成長したコンフェクショナリーコトブキ。
その創業者が特別な想いを抱えて開始したホテル事業の第一歩であるレジェンドホテルサイゴンでは、ひどい赤水が発生してしまいます。
その解決を任された大成建設株式会社が赤サビ対策として選んだのはNMRパイプテクター®でした。
NMRパイプテクター®は大規模な工事を必要とせず設置可能で、導入コストも配管更新工事の10分の1程度の費用ですみます(一般的な給水管の場合)。
赤サビに悩んでいる建物オーナー様はぜひ一度日本システム企画株式会社までお問い合わせください。

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!
2
配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」の 無料資料請求・導入のご相談など まずはお気軽にお問合せください。 フリーダイヤル:0120-320-390(平日9時~17時半) お問合せフォーム:https://www.jspkk.co.jp/jp/contact/