見出し画像

今までのnoteの売上や購読人数を公開してみる

このnoteで日記を書き始めたのが去年の9月で、最初の方は毎月、「今月でもうやめようかな……」と思っていたのだけど、今は継続していこうという気持ちになっています。

人の日記を読むのが好きだから自分の日記も書いてみたい気持ちはずっとあったものの、毎日書くのとか面倒臭くて、今まで個人的にはほとんど書いたことがなかった。でもこうやって購読者の人がいると書くモチベーションが起きるし、書いてみると自分的にも得るもの(思考の整理やアイデア出しなど)も多いので、今のところよい感じで回っています。

日記を有料で公開しているのは、生活費の足しになるというのも大きいのですが(ありがとうございます……!)、それ以上に読み手が限定されることによる楽さがかなりあるなーと思っています。
ブログやツイッターなどの公開の場所で何かを書いてると、読む人が多すぎるのでどうでもいい返信みたいなのがすごく多いんですよね。料理の写真を上げたら「惜しい。野菜をもうちょっと足しましょう」とか指摘されたり、「今この店にいる」って書いたら「自分も遊びに行っていいですか?」とか言われたり、「風邪で朦朧としてる」って書いたら「なんて読むんですか?」って聞かれたりとか。

まあ僕もうっかり、目に入ったものについ脊髄反射で反応してしまうことがあるので気持ちもわかるのですが、返事しようにも困る言葉を数多く受け続けるとちょっと疲れるところがあります。ブログに何か書くときも、ちょっとでも突っ込みどころがあったらツイッターやはてブで突っ込まれるので、誤解がないように丁寧に説明していろいろと予防線を張って、どの方向から見ても大丈夫なように何度も推敲します。それでも予想外のところから突っ込まれたりするのだけど。

限定公開だとそのへん楽です。ある程度僕のこと知ってる人ばかりだから多少雑に書いてもわかってもらえるだろうとか、うっかり何かを書いちゃっても炎上はしにくいだろう、という安心感があるので筆が進みやすいです。そんな感じでわりと今の状態は気に入っているので、しばらくこんな感じでnoteの更新を続けていこうと思います。

それで、noteも半年近く続けてきたので、購読人数の変化をまとめてみました。

この続きをみるには

この続き:946文字/画像1枚
記事を購入する

今までのnoteの売上や購読人数を公開してみる

pha

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

23
毎日寝て暮らしたい。読書日記やだらだらした日常などを書いている日記です。雑誌などに書いた文章もここに載せたりします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。