【剣盾シーズン16】ラプザシヌオー【シングル最終67位】
見出し画像

【剣盾シーズン16】ラプザシヌオー【シングル最終67位】

ぺやんぐ

■構築経緯・概要

ラプラス+ザシアン+悪ウーラオス+サンダーの並びが対応範囲が広くかつカスタマイズ性能が高いと思い構築を開始。

電気の一貫を切りながらザシアン・メタモン・日食ネクロズマ対策兼ねることができる、詰め性能の高い構成のヌオーを採用。

最後の枠として、対受け回し・黒バドレックス入り・ホウオウ入り等への駒となりサンダー絡みの並びにも強く出れるバンギラスを採用。

基本的にはラプラスでダイマックスを切り、数的有利を取ったのちザシアンやヌオーで詰めていく動きを取る。


■個体詳細

画像1

ラプラス@命の珠(キョダイマックス個体)

性格:臆病(素早さ↑,攻撃↓) 

特性:貯水

技構成:冷凍ビーム/ハイドロポンプ/雷/滅びの歌

実数値:205-*-103-135-115-123 

基礎ポイント:0-0-20-236-0-252 

◇A222ザシアンの巨獣斬が乱数1発(31.3%)

◇キョダイセンリツでD119までのカバルドンが確定1発

◇ダイストリームでHD特化カバルドンが乱数1発(75%

◇最速(Sに振らないサンダー・カイオーガ意識)

ダイマックスを切ることで一般枠でありながら、相手のザシアンを除いて多くの伝説とも打ち合うことができる。

今回の構築において数的有利を取ること、カバルドン相手に展開を許さないことが重要であったため能動的に火力を押し付けられる命の珠で使用した。

最速にすることでHBの素早さに振っていないサンダーの上からセンリツでワンパンしたり、チョッキカイオーガに対して上からセンリツでオーロラベールを貼ることで打ち合いに勝つことが出来た。同居していることが多いナットレイに対してはザシアンに打点を持たせることで対応していた。

Cに補正をかけていない為、HDカバルドンを1発で倒すために水技をハイドロポンプとした。

滅びの歌はダイウォールとして使用できること、不意のバトン構築や耐久積みポケモンに対して対処が楽になるために採用。

初手ザシアン対面になってしまった場合は基本引くのだが、どうしても裏にヌオーやサンダーを用意できず出し負けた際、最悪突っ張る選択肢を取れるようにCを少し削りBに回し乱数が動くようにした。


画像2

ザシアン@朽ちた剣

性格:意地っ張り(攻撃↑,特攻↓)

特性:ふとうの剣

技構成:巨獣斬/じゃれつく/インファイト/電光石火

実数値:197-216-4-*-152-179

基礎ポイント:236-52-4-0-132-84

◇202カイオーガの雨潮吹き(ダイストリーム)最高乱数以外耐え

◇最速110属抜き(最速カミツルギ+2)

キョダイラプラスと共に相手を殴り倒していく。

最速ザシアンが増えていたが、ミラーについてはこちらのヌオーを投げる場合が多くこちらのザシアンで相手のザシアンの攻撃を受けないような立ち回りをしていく。相手の特殊技を受ける機会が多いため対面性能も上がる耐久振りとした。

とは言え、前期流行の素早さライン(170~171)よりは上に設定するに越したことはないので気持ち速めにした。

サブウエポンについてはラプラスとヌオーとの補完としてナットレイに速攻打点となるインファイトは必須。最後は対面性能・スイープ性能を引き上げる電光石火を採用した。


画像3

悪ウーラオス@気合の襷(キョダイマックス個体)

性格:意地っ張り(攻撃↑,特攻↓)

特性:不可視の拳

技構成:暗黒強打/インファイト/カウンター/不意打ち

実数値:176-200-120-*-80-149

基礎ポイント:4-252-0-0-0-252

ストッパー・崩しのどちらも担える襷枠でザシアンが不利を取りやすい日食ネクロズマや黒バドレックスに戦える駒。

基本素早さより火力が欲しい場面しかないので意地っ張り。

対受け回しにはあまり選出しないこと、対ステロ展開にはラプラスを投げていくこともあり挑発は見送り。

カウンターを採用し、構築単位で重い珠ダイマエースバーンを切り返せるようにした。


画像4

サンダー@ゴツゴツメット

性格:図太い(防御↑,攻撃↓)

特性:静電気

技構成:羽休め/ボルトチェンジ/暴風/熱風

実数値:197-*-150-145-111-120

基礎ポイント:252-0-252-0-4-0

◇HB特化

最終日前日まではCSスカーフ(10万/ボルチェン/暴風/電磁波)で回していた。

ザシアンに後投げ出来るポケモンがヌオーだけだと選出を強要されやすく、草結びを持ったランドロスやバシャーモ、そもそも重かったガマゲロゲへの対処が難しくなるためこれらへの誤魔化しにもなるHBへ変更した。

この構築においては周りの過労死を防ぐための潤滑油の為さほど選出率は高くないが、雑に使っても最低限仕事ができ選出での圧力もあるので型に関わらず採用し得だと思った。

自分で使っても相手が使っても静電気がズル過ぎる。


画像5

バンギラス@拘り鉢巻

性格:意地っ張り(攻撃↑,特攻↓)

特性:砂起こし

技構成:噛み砕く/ロックブラスト/地震/炎のパンチ

実数値:191-204-131-*-125-95

基礎ポイント:124-252-4-0-36-92

◇鉢巻嚙み砕くでHB特化ヌオーが乱数2発(46.5%、93~109ダメージ

◇ダイアークでHB特化ヌオーが高乱数2発(98.4%、100~118ダメージ)

◇鉢巻地震でB特化ムゲンダイナに144~170ダメージ

◇鉢巻噛み砕くで181ー151ナットレイが確定2発

◇鉢巻炎のパンチでHB特化ナットレイが乱数1発(75%)

◇C197ムゲンダイナのC+1メテオビーム+ダイマックス砲 2連最高乱数以外耐え

◇S93のエアームド+2、麻痺状態の最速エースバーン抜き

相手視点からは分かりづらい受け回し対策として拘り鉢巻を持ったバンギラスを採用。

ザシアン対策のヌオーの後出しを誘い、想定外の高火力悪技で大幅な削りを入れることでこちらのザシアンを通していく。

ゴツメ持ちに対しては自動回復がないため有利な乱数を取れること、食べ残し持ちに対してはこちらが定数ダメージを受けない為噛み砕く連打による防御ダウンが期待できるため分が良い。

受け回しに入る伝説のムゲンダイナ・イベルタル・ホウオウにも強く出ていくことができ、多くの受け回しをこのバンギラスで崩していくことができた。

黒バドレックス入りに対してもウーラオスと合わせて選出することでかなり強く出ていくことができた。取り巻きのサンダーに強いのもえらい。

第4・第5世代が好きだった身としては鉢巻バンギラスを活躍させることが出来て非常に嬉しかった。


画像6

ヌオー@食べ残し

性格:腕白(防御↑,特攻↓)

特性:天然

技構成:自己再生/アクアブレイク/鈍い/度忘れ

実数値:201-105-147-*-90-50

基礎ポイント:244-0-228-0-36-0

◇A244ザシアンのじゃれつく×2+ステルスロックダメージ確定耐え

◇D+2でC112霊獣ランドロスの草結びが76〜92ダメージ

◇D+4でC112霊獣ランドロスのダイソウゲンが84〜100ダメージ

ザシアンに何度も後出しが可能で、ここまでできつい日食ネクロズマへの解答にもなるヌオー。

こちらは受け回し構築ではない為、頃合いを見てヌオーで全抜きを図れる鈍い度忘れ型で採用。

サンダー+ザシアンの並びを何度もヌオー1体で倒した。

壁を盾に、または余裕のある有利対面で度忘れから入ることで火力のない役割破壊の草技や珠サンダー程度ならいなせることができる。

ラプラス相手にはこちらのザシアンとラプラスが有利を取っていけるため一撃技以外は気にならなかった。

こちらのラプラスとサンダーを見て出て来やすいポリゴン2もトレースでなければ起点にしていけた。

ザシアン入りであればゴリランダーがいようが平気で選出をする。

相手の選出が判明した時点で勝ち筋を見出しやすいのも偉い点。

珠エースバーンや珠ランドロスはきついためなるべくラプラスの壁から展開できるように意識した。


■選出

・対ザシアン カバルドン サンダー:ラプラス ザシアン ヌオー

吹き飛ばしがあるカバルドンをなるべく排除してから最終的にヌオーの度忘れで詰めていく。

・対オーガ サンダー ナットレイ(ヒヒダルマ):ラプラス ザシアン ウーラオス

初手サンダーを上からキョダイセンリツで倒すのが理想。ナットレイに引かれた場合はザシアンを強引に出してインファイトで倒す。ナットレイではなくヒヒダルマが来る場合はひたすら殴ってれば大体どうにかなる。

・黒バドレックス サンダー +α:バンギラス ウーラオス ラプラス(サンダー)

ウーラオスは襷を温存しておくため基本裏に。そうすると相手の初手バドに荒らされかねないのでバンギラスを初手に置き逆に荒らしていきウーラオスの障害となるゴツメ枠を倒していく。砂ターンに気をつけつつ最終的にウーラオスで勝つ。

相手にランドロス等威嚇持ちがいることが多いためラプラスでダイマを切ることが多い。

バンギラスが受かってない構築は1体でそのまま勝てることがある。

エースバーンが入ってる場合等はサンダーで打ち合う。

・対受け ムゲンダイナ ヌオー ラッキー(バンギラス):バンギラス ラプラス ザシアン

鉢巻噛み砕くや地震で崩していく。コスモパワー持ち厳しいので急所か滅びで何とかする。

・対受け イベルタル ヌオー ラッキー:サンダー バンギラス ザシアン

物理イベルタルケアでサンダーのボルチェンから展開しバンギで噛み砕く連打。

・対日食ネクロズマ入り:ラプラス ザシアン ヌオー(悪ウーラオス)

悪ウーラオスの対策がしっかりとされている場合が多いのでヌオーで詰めていく方が良い対戦が多かった。

・対ジガルデ入り:ラプラス ザシアン ヌオー

ジガルデ以外を倒し、滅びの歌を決めるのが理想だがそんなに甘くないのでヌオーの鈍いに頼るケースがある。草結びを覚えることを知らず、負けた対戦があったため、余裕があるうちに度忘れを積んでケアをしたい。


■結果

最終67位 レート2051

画像7

中身とは関係ないが個人的に好きなポケモンだけで並びを組めたので満足してる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぺやんぐ
音楽(アニメ・ゲーム・声優)やポケモン等々