オンカジルーレット ココモ法勝ち逃げルール ~28億スピンデータ分析~
見出し画像

オンカジルーレット ココモ法勝ち逃げルール ~28億スピンデータ分析~

はじめに

ギャンブルでは胴元の取り分があるため、遊べば遊ぶほど損をするというのは定説です。オンラインカジノも例に漏れず、遊べば遊ぶほど損をします。

ベッティングシステムと呼ばれる「戦略」によって高い勝率を維持しようと長年研究され続けていますが、これらの戦略で勝ち続けることはできるのでしょうか。

この記事では、独自プログラムを使用し、勝ち逃げするためのルールを炙り出そうとの試みです。

前提

・この記事に記載しているデータは独自プログラムによってココモ法を再現した結果を分析したものです。

・スピン毎の出目はプログラムの乱数(ランダムに発生する値)を使用しています。

・高い勝率を実現するために一撃で大きな利益を上げることを目的に掲げておりません。少しずつ確実に利益を積み重ねることを目的にしております。

・この記事に記載した内容によって勝率100%を保証するものではありません。また必ず再現することを保証するものでもありません。

・ご自身のルール確立のご参考までにご利用ください。

・また、詳細については以下のページもご確認ください。(当記事有料部分は公開しておりません)

この前提をご理解いただける方のみご購入ください。

この記事で使用する用語

ユニット:ゲームをプレイする際の単位。各自の資金によって
1ユニット=$1や1ユニット=$0.5などに換算して使用してください。

利確ユニット(数):資金がこのユニット数を超えた場合にやめるボーダーライン。勝ちの場合。

損切ユニット(数):資金がこのユニット数を下回った場合にやめるボーダーライン。負けの場合。

最大連敗数:この連敗数に達した場合は、次のベットを1ユニットから始めます。

この続きをみるには

この続き: 343文字 / 画像7枚

オンカジルーレット ココモ法勝ち逃げルール ~28億スピンデータ分析~

ぺっそり

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!