宇宙のニュースVol.13"NASA awards Planet $7 million Earth imagery contract"-April 17, 2020

記事タイトル

"NASAはPlanetに700万ドルの地球画像契約を授与する"

語彙

principal investigator:主任研究者
polar:極地の
visible infrared:可視赤外線
complement:補完するもの
spatial:空間の
resolution:分解、分析
constellation:星座、集まり、集団
predecessor:前任者、前のもの
subsidiary:親会社に支えられた
vice president:副社長

記事の内容

NASAの従業員、請負業者、NASAが資金を提供した上で働くチームは、サンフランシスコの企業が4月16日に発表された700万ドルの契約オプションの下でPlanetの地球観測画像にアクセスすることができるようになる。「私たちは全てのPlanetScopeデータに無制限にアクセスできる。」とNASAの地球科学データシステムのプログラム責任者であるKevin Murphyは述べた。「私たちはグローバルな3メートルのデータの中に偉大な価値を見出した。」NASAは商業データの有用性を評価するためのパイロットプログラムの一部分として、2018年にMaxar Technologies、Planet、Spireから地球観測データを購入し始めた。宇宙機関はイメージデータが価値あると決定づけたが、時々データ共有と研究の公表を妨げるライセンスに苦闘した。パイロットプログラムの間、35人のNASAの主任研究者は、大気の雲とエアロゾル、極地の氷と雪、農業と森林に焦点を当てた研究のためにPlanetの画像を用いた。より広いNASAのコミュニティがアクセスできるようになった今では、「それはアプリケーションを新しいエリアの中に行かせるでしょう。」とMurphyは述べた。NASAはまた、TerraとAqua Earth観測衛星のModerate Resolution Imaging Spectroradiometerからの画像とNASA-Nationak OceanicとAtmospheric National Polar-orbitingとNOAA's Joint Polar Satellite SystemのVisible Infrared Imaging Radiometer Suiteからの画像を手に入れる。「私たちはそのデータを補完するものとして、このPlanetの画像を見ている。」とMurphyは述べた。「より高い空間分解によって、私たちはグローバルな日々の製品のいくつかを確認することができるようになる。」3月に授与され、4月16日に発表された700万ドルの契約オプションの下で、NASAはDovesと呼ばれる130ものキューブサットよりも多い集団によって日々とらえた3メートルの分析画像のPlanetScopeのアクセスを増やす。10月に、Planetは、SuperDovesと呼ばれる衛星のアップグレード版のベールを脱いだ。SuperDovesは、以前のもののように4つのスペクトルバンドよりむすろ8つのスペクトルバンドにおける、とらえた画像を設計する。「私たちは本当に彼らが集め、学者コミュニティで利用可能にする画像を補完した新しいデータを前に傾けるNASAによって励まされている。」とアメリカ政府の顧客サービスに焦点を当てた会社の子会社であり、Planet Federalのオペレーション副社長のJen Marcusは述べた。「地球上で見える変化のアイデアを設立した会社としての私たちにとって、それに基づいて決定をし、気候変動に対処するということは、その問題を見ている多くの科学者へ私たちのデータを得るために重要である。」PlanetとNASAの契約には、2023年まで画像を購入し続けるオプションも含まれている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
SpaceNewsをまとめました。 https://note.com/perseverance2020
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。