10-5遠征の詳細
見出し画像

10-5遠征の詳細

PEMA

1937年7月、日本が満州に侵攻し、揚子江を使ってチームをチベットに到着させると言うシェーファーの計画を台無しにした。シェーファーは、インドを通過する許可を求めてロンドンに飛んだが、ドイツとの差し迫った戦争を恐れていた英国政府によって却下された。1937年11月9日にカモ狩りの事故が発生し、チベット遠征の準備にまで来てもうひとつの問題が持ち上がった。4ヶ月目のシェーファーの妻の2人の使用人が手漕ぎボートに乗っていた。突然の波は、シェーファーが致命的に彼の妻を負傷させ、二つに破って、放電銃を抜かした。その後の感情的な問題にもかかわらず、シェーファーは、8週間で遠征隊を動かすために戻ってきた。
アーネンエルベの支持を失った動きの中で、シェーファーは、単にインドに到着し、チベットに入るために自分のやり方を強制しようとする許可をヒムラーに求めた。ヒムラーはこの計画に合意し、ドイツの外務大臣ヨアヒム・フォン・リッベントロップを含む有力者に接触させ、それを促進させた。1938年4月21日、遠征隊はイタリアのジェノアから英領インドのカルカッタへの道の途中のセイロンへ向けて出発した。
遠征隊がヨーロッパを去る前日、「フェルキッシャー・ベオバハター」は遠征隊を記事にし、彼らの意向をイギリス当局に警告した。シェーファーとヒムラーの両方がこれに激怒した。シェーファーは第二次世界大戦前には反ユダヤ主義であった英国海軍情報局提督バリー・エドワード・ドンヴィル卿に手紙を書き、SS本部とヒムラーに文句を言った。ドンヴィル卿は、ナチス支持であり、SSチームがチベットと国境を接する地域であるシッキムに入ることを許可したネヴィル・チェンバレン首相に手紙を送った英国海軍情報局の元局長だった。
シッキムの首都ガントクで 、チームは50頭のラバのキャラバンを集め、ポーターとチベット語の通訳を探した。ここで、英国通商部代表ベイジル・グールド卿はそれらを観察し、「興味深くて力強く、揮発性、学術的、社会的な慣習の無視する子供っぽさの点で無駄」とシェーファーを記述し、彼には関係なく、チベットへの入国の許可が決定されたことを指摘した。
1938年6月21日、遠征隊はティスタ渓谷を経て旅を始め、その後、北に向かった。クラウスは、昆虫を捕捉する光トラップを働かせて、ヴィンナルトは、測定を行う丘を見学し、イェールは、鳥の種を集め、ベガーは、彼が彼らの測定を行えるようにと引き換えに、地元の医療の助けを提供した。
1938年8月、チベットに住んでいるシッキム王室のメンバーの高官ラジャ・ツェリンは、遠征隊のキャンプに入った。ベガーはラジャ・ツェリンを測定するためにゲストの許可を求めることを望んだが、ベガーはシェーファーが狩猟旅行から戻るのを待つことを奨励したチベット人ポーターによって思いとどまらされた。シェーファーは、公式に会って、贈り物のラバ負荷を贈った。
1938年12月、チベット議会の閣僚はシェーファーと彼の遠征隊をチベットに招待したが、宗教上の懸念を理由に、滞在中に動物を殺すことを禁止した。食料調達の旅行後にガントクに戻ったシェーファーは、彼がSS大尉に昇格され、遠征隊の残りの隊員はSS中尉に格上げされていたことを知った。チベットの高地への旅行中にベガーは彼の個人的使用人であるネパールのパサンというシェルパを含む地元の人々の顔立ちの特色を作り始めた。まず、特色づくりの時には、練り粉がパサンの鼻孔の一つを塞ぎ、彼はパニックに陥って、マスクを引き裂いた。シェーファーは、その出来事を見ていた雇用されたポーター達が誰にも言わないように脅かした。しかし、チベット人のほとんどは、はるかに友好的で陽気な態度を持っていて、写真や映像の量は、顔や頭蓋骨の機能の測定を受けたチベット人に笑顔と笑いを振りまいた。
1939年1月19日、遠征隊はチベットの首都ラサに辿り着いた。シェーファーは、進んでチベットの大臣や貴族に敬意を払った。彼はまた、ドイツにおける共有のシンボルに対する畏敬の念を説明し、ナチスの旗を与えた。彼のラサ滞在の許可は延長され、彼は地域の写真や映像を撮ることを許可されていた。
遠征隊はラサで農業、文化、宗教に関する情報を収集することに2カ月を費やした。さらに108巻のチベット仏教経典(3つだけのコピーがヨーロッパ人に与えられたが、翻訳されていなかった)のコピーを収得した。ラサを離れた後、遠征隊はイギリス当局が入域を拒否していたヤルルン渓谷へ旅した。遠征隊は渓谷と古代要塞のユンブラガンを観察した。しかし、戦争が近付くと彼らの研究は脅かされ、彼らはカルカッタからバクダットへ飛行機で飛び、最終的にはドイツへ帰る準備を始めた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PEMA
大阪生まれ大阪育ちなんですが、中学は奈良、高校は北海道の函館、大学は東京、職場は神奈川で、病気になって会社を辞めて、3ヶ月ほどインドのダラムサラと言う町でボランティアで地元のチベット人にCAD教えたあと、大阪に帰ってきました。