見出し画像

PCXのカウル外し方(JF81、KF30)

ウワサ通り、PCXのカウルにはツメが多用されてるので、勢いだけでは無理です。

思いもよらないところにクリップやねじがあります。ノリや雰囲気だけで乗り越えられるものでは有りません。ツメを折ったりカウルを割ったりしないよう、必ず事前にイメージトレーニングをしてから作業しないと割ります。

・どこにツメがあるのか
・どの方向にツメがあるのか
どこをどの方向に動かせば、ツメを折らずに外れるか!

実際にPCX(JF81,KF30)のカウル脱着を行った記録です。
写真でねじ・クリップの位置、ツメの位置・方向を示しながら脱着方法を解説しています。

番外として、リアサスペンション交換のためのカウル、ラゲッジ脱着方法も記載してます。写真を多く乗せて解りやすい内容になってます。

有料noteですが、カウルの値段よりずっと安い。
ツメを折ってカウルを買い直すことを考えれば、直ぐに回収できます

全98ページのPDFです

1.メーターパネル
2.フロントカウル
3.サイドカウル
4.リアカウル
5.フロントフェンダー
番外.リアサスペンション交換

この続きをみるには

この続き: 59文字

PCXのカウル外し方(JF81、KF30)

pcxgo

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
バイクをメジャーにしようとは思ってません。人に勧めようとも思ってません。 体がむき出しなのが、メリットでありデメリットです。 理解した上で楽しんでいる人がいる事を知ってほしいだけです。 何物にも替え難い楽しさを秘めた乗り物なのです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。