スクリーンショット_2014-09-18_10.09.51

FUGAHUM デザイナー 山本亜須香さん

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』公開記念企画「あなたのクリエイティブの教科書を教えてください!」クリエイターズインタビュー、第13回目は、FUGAHUM デザイナー 山本亜須香 / Asuka Yamamotoさんです。

 FUGAHUM デザイナー
アートディレクター三嶋章義とファッションデザイナー山本亜須香が、アート性に共通のセンスを感じ2006年活動開始。三嶋の考えるファインアートでの思想や自身のバックボーンを、山本がファッションとして解釈し再構築することによって、2人の思想を着る人が意識せざるをえない洋服の在り方を考える。ブランド名の”FUGAHUM”は、三嶋と山本の考える架空の国家でありその国の名称である。

http://www.fugahum.com/



Q. あなたの『表現の教科書』を教えてください 

A. 映画 Wim Wenders監督『都市とモードのビデオノート』



Q. そこからどのようなインスピレーションを得てどのように実践していますか? 

A. ファッションデザイナー山本耀司を追ったドキュメンタリー作品です。
この映画は、過去にとらわれながら、常に新しいものに目を向け葛藤する姿が描かれています。18歳の時に、この映画と出会い、その感覚的な空気に惹かれ、自分も服を言語にした表現者になりたいと思いました。

今でも、経験や理屈でものを考えてしまう時、この映画を観て、18歳の時のように、感覚的だった自分に戻るようにしています。


Q. あなたが表現する上で一番大切にしていることを教えてください

A. 今自分が生きている時間と場所を意識する事。



次号もお楽しみに!

9/20(土)渋谷・シアターイメージフォーラムほかにて全国ロードショー 公式サイト www.peterbrook.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
9/20(土)公開!演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルック。“なにもない空間”という演劇論に基づき、イマジネーション豊かな劇空間を生み出す舞台は、世界中の観客を魅了し続けている。その秘められた創作現場の様子が初めてドキュメンタリー映画として映像化!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。