見出し画像

【2022年度】2023年 生命保険講座「生命保険と税法」フォームC 過去問解説

***お知らせ***
過去問解説をリニューアルしました。
レイアウトを見直したことでさらに見やすくなり、
出題単元がわかる参照も付きました。


問題1~20

相続税の税額計算―①

[1]イ:3年
[2]カ:基礎控除
[3]コ:法定相続分
[4]ケ:相続税の総額
[5]ア:2割
【参】第3章 / 2.相続税 / (5)相続税の税額計算


相続税の税額計算―②

[6]カ:公益
[7]キ:死亡退職金
[8]コ:なる
[9]ア:1億6,000万円
[10]ウ:10年
【参】第3章 / 2.相続税 / (5)相続税の税額計算


法人税―①

[11]カ:直接税
[12]キ:比例税率
[13]ク:法人擬制説
[14]コ:無償
[15]エ:税務調整
【参】第4章 / 1.総説 / (1)法人税とは
【参】第4章 / 1.総説 / (2)法人税の性格
【参】第4章 / 2.各事業年度の所得の金額の計算 / (3)益金の額
【参】第4章 / 2.各事業年度の所得の金額の計算 / (5)会社利益と所得金額の調整


法人税―②

[16]カ:内国法人
[17]キ:二重課税
[18]ウ:取得原価
[19]イ:会社更生法
[20]ク:保険業法
【参】第4章 / 2.各事業年度の所得の金額の計算 / (7)別段の定め


問題21~25

[21]退職所得の金額について

【答】ウ

  • ア:✕

  • イ:✕

  • ウ:◯
    【要】退職所得控除額が正しく計算されているものを選択する問題。勤続年数が20年超の場合か、20年以下の場合かによって金額が異なる。
    ・勤続年数20年超 …40万円×勤続年数(最低80万円)
    ・勤続年数20年以下…800万円+70万円×(勤続年数-20年)
    【正】退職所得の金額=(収入金額-退職所得控除額)×1/2
     =[2,000万円-{800万円+70万円×(23年-20年)}]×1/2
     = 495万円
    【参】第2章 / 3.各種所得の金額の計算 / (10)退職所得


ここから先は

4,483字

¥ 390

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?