ottimista

'39' means 'ty' チャート作成には https://www.tradingview.com を利用しています。
固定された記事

チャネルブレイクアウト戦略botの解説

更新 2021年4月13日 ロングとショートで異なる発注サイズを指定できるようにしました。 更新 …

5,000

お知らせ

2021年1月11日以降、system'cRe5520' for BitMEXのコードを無償公開します。現在もTESTNETにおいてメンテナンスフリーで稼動し続けています。これまで同様に動作サポートはいたしません。

無償でご覧いただけるのはBitMEX版のみです。

#Bybit での稼働状況のツイートを、1時間足から4時間足のものに変えて頻度を抑えました。運用パフォーマンスの改善も期待しています。 @cRe5520

これまで制作上の都合で制限していた発注サイズの自動調整機能を、大半の契約で機能するように解放しました。定数'UNIT'を設定すると、ボラティリティに反比例した発注サイズが自動設定されます。自由度を高めた分、設定はより慎重に。

Binance Futuresでのsystem'cRe5520'(くれごごにまる)の稼働状況を@cRe5520でツイートしています。毎時はBitMEXとBybitでもう充分だと思い、あまり例を見ない6時間足にしてみました。1日4回定期と参入退出時にお知らせします。

system'cRe5520'の利用できる場が拡がったので、今更ですが呼び値を自動設定にしました。ティックサイズを調べなくても手軽に様々なコントラクトをお試しいただけます。扱う契約種類が多い #FTX でも便利かと思います。