見出し画像

20/8/15 大分トリニータ VS 横浜F・マリノス (プレビュー)

プレビューの度に新しい選手が加入してます(笑)

ようこそジュニオール・サントス!!

➖➖➖

目次

1.Ataransuyo

2.憂鬱と連戦カム

3. ~Do my best~じゃ意味はない

4.あなたのために聞きたい

➖➖➖

1.Ataransuyo


前節レイソル戦は先制されながらもオナイウのゴールで追い付き1-1ドロー。
プレビューも当たった様な当たってない様などっち付かずでした(笑)
当たったとこと言えば
1.4-4と2トップの距離が空く
2.HSでCFがボールを受けれる
3.中盤逆三角形が有効な時が多い

とかでしたが時間を割いたミドルゾーンの攻略は見事でした。
得意の左サイドに加えCB松原にRSB小池でバリエーションが増した右サイドが本当に素晴らしく圧倒的に試合を支配。
ネガトラへの出足も素早く即座に回収という流れ。

前半0-0でしたがさすがにネルシーニョも支配されカウンターにも打って出れない状況を打破したかったのでしょう。

画像1

後半はシステムや守備のやり方を変えながら中央封鎖してカウンターに打てる修正を施してきました。(その辺は #トリコロール集合知 の方々の素晴らしいレビュー読んで下さい。)

同点ゴールは生まれたものの中央を封鎖され外誘導でWGのところでレイソル中盤の帰陣の時間を許し最後の良い形が作れない。という今季の課題も継続した試合でもありました。

ざっと感想はこんな感じでしょうか。。

➖➖➖

2.憂鬱と連戦カム

昨季大成長を遂げた「大分ぎじかうんた商事」だが、今季は業績が伸び悩みかたのさか社長も頭を抱えている。(このネタ久しぶりですw)

かたのさか社長
「どこの会社も業務が多く大変なのも分かるけどウチは資金力も無く社員も少なく更に苦しいな〜。言い訳にしてはいけないけど。。」

松本、小塚
「社長!昨年からの疲れもありコンディションが上がりません(>人<;)」

かたのさか社長
「うーそうですか。。(昨季の主力なのに厳しいな)」

岩田
「社長すいません!自分もしんどくなってきました(>人<;)」

かたのさか社長
「うー!岩田くんもー!マジかー。。」

(片野坂監督、川崎戦後コメント)

画像2

今季の過密日程の中で昨季活躍した要の選手達の中にコンディションが上がらない者がいたり、その中で新しい選手を試すとやり方や練度も変わり準備時間も昨季より少なく試行錯誤が続く。

清水、鹿島戦と立て続けに4失点。
鹿島戦では試合開始から積極的なハイプレスで先制するも自分達のミスで失点。

画像3

前がかりになったところを逆にやられた失点。

しかし次のルヴァンでのガンバ戦で手応えを感じる1-1ドロー。

画像4

片野坂監督のコメントにもあったのだが今季の難しさの中で相手との力関係も受け止め現実的な戦い方をしていこうとしている。
何より勝利という自信が今は一番欲しいと感じるコメントが監督、選手からあった。

そして川崎戦。
この日は相手が川崎とあって前半はアシンメトリーなミドルブロック。
ビルドアップも準備した。
(後程詳しく説明)

画像5

結果は0-2。内容も川崎が圧倒するものだった。

画像6

だが前半2失点以降の守備で我慢出来た部分を評価する選手もいた。

画像7

そんな中でルヴァンを挟んでの週末マリノス戦。

➖➖➖

3. ~Do my best~じゃ意味はない

こちらにも伝わってきそうなくらい悩み深き片野坂トリニータ。
点はなかなか取れなかったが4連勝中だったレイソルを押し込み続けたマリノス。
今節はイケそうかな?

なんて思うのは個人的に凄く甘く、寧ろ今節も「圧倒的にボール保持するもなかなか点が取れない病」
に陥る可能性が充分にあると思ってる。

まずは大分トリニータ予想スタメンから。

画像24

今週のルヴァンのメンバーを最後に確認してからコレにした。(岩田と小出は逆もある)

ではザザッと最近の大分の特徴をおさらいしておこう!
A.中盤と最終ライン間が開き易い。
ハイプレスの時は前はいくが後ろは押し上げれず前後分断状態になり易い。

画像8


ミドルブロックの時でもなり易く更に中央を簡単に通されるシーンもある。

画像9

B.3CB中央の鈴木が動いて出来たスペースをなかなか埋めれない。
中央に位置する相手CFに対応するのは鈴木だがCFが動きに付いていき出来た一番危険なボックス付近中央のスペースをすぐに埋めれず相手選手の侵入に後手を許してしまう。
鹿島2点目に繋がるPKは実に典型的。

画像10


C.位置的優位を活かせないビルドアップの停滞
大分と言えばGK高木を使っての4バック化と3バックを巧みに利用し、相手を自陣に引き込みそこからビルドアップや高木を使い一気にゴールに迫る「疑似カウンター」。
昨季活躍した前線が抜け試行錯誤中でレンタルで加入した知念と周りがフィットすれば変わるかもしれないが、、

それより問題は自陣で位置的優位を作ったにも関わらず、それを上手く使えず前進出来なかったビルドアップ。

画像11

川崎のプレススピードも素晴らしかったが左サイドで何度も作れた位置的優位を殆ど活かせなかったのは気になるとこ。

これが片野坂監督の言うメンバーが変わる、準備不足、意志統一の出来なさが原因しているものだろうか??
---

ここからは攻略編
対マリノス。
大分は基本5-4-1ミドルブロックで来るかなと予想。
レイソル戦のビデオも見るだろうし、マリノスの偽SBの動きと照らし合わせると川崎戦の様な守り方は取りづらいかなと。
また川崎同様の様に1トップが背後で1アンカーを消してくるか。

画像12

画像13

ただマリノスGK朴がボール持った時にはハイプレスがくる。キックオフ直後に奇襲の様な形でもあるかもしれない。
ただコレを基本にはおかないだろう。
朴のキックで逃げていきたい。

画像14

ボールは保持出来ると思う。
問題はそこから。

ミドルブロックで来るなら畠中はプレッシャー掛からない形でボールを持てるなら空いたライン間やCFが鈴木を釣り出して受けるのも有効か。

画像15

ただこの日の川崎WGで起用された小林、三苫はワイドに拘らない動きでCFダミアンとの連携や裏抜けも図ったし、鹿島LSH和泉はCFエヴェラルドの動いたスペースにダイアゴナルに侵入してPKを獲得した。

マリノスにもそういったものが求められる。

画像16


マリノスの場合はIHやWG選手がキーになるだろうか。
IH(または偽SB)はCFが動いて出来たスペースへの侵入やCFと近い距離感を作っての連携が今回自分が一番大事だと感じた。

画像17

上記で述べた大分のブロックと合わせて考えると中盤の基本は逆三角形にしてCFやWGとの距離感を近く保つ人数を増やしながら、大分の中盤の守りを伺ってよいかと思う。
そこから敢えて下がりシャドーを釣ってライン間を広げる動きも有効かもしれない。

画像18

WGには足元だけでは無い最終ラインを更に押し下げる裏抜けの動きも必要になってくるし、背後を狙う中長距離なロングボールも時には織り交ぜたい。

画像19

新しい力がこの日WGで起用されるなら今季のマリノスの課題を吹き飛ばす動きが必ず求められる。


さて大分がどんな風にボール保持したいかも注目ポイント。
川崎同様マリノスも3トップでハメてくるので後ろ4枚を作るだろう。
GKを使うかボランチ島川を下げてくるか。

画像20

画像21

であればマリノスは右サイドに位置的不利な構図を作られる可能性がある。


川崎戦ではここからの繋ぎに停滞したがマリノス相手の場合ここからSBの背後を一気に狙っていく可能性が高いし、知念の高さから落として逆サイドも有り得る。
そこからまた逆サイドのスペースには両シャドー&両WBがフィニッシュを狙ってくるだろう。
チームが不調ながら清水、鹿島と2戦連続で点を決めた高澤は要注意だ。

画像22

マリノスRWGには大分が4枚にしてくる事を想定した素早い中間ポジション&カバーシャドーと浮く可能性が高いLHV三竿をどうするかはしっかり決めておく必要もあるだろうか。

画像23

ーーー

4.あなたのために聞きたい

では最後にマリノス予想スタメン。まだこの段階からは情報も少なく難しい(笑)

画像25

今回前線に名前を入れなかった。

ジャジャン♫ いきなりの問いかけ方式です!

今回は前線特に両WGが誰になるかが5バックを崩すまたは勝負の大きな鍵だと思っている。5人交代の中でスタメンだけで無く交代で入ってくる選手も含めて。

個人的にはどちらかのサイドには中央にもスピード持って侵入出来るタイプを使いたい。

ではコレを読んだ方、あなたが思う大分戦の前線の組み合わせ(途中から誰使うとかも含め)コメントしてくれたら嬉しいです!!理由もあったら最高です(^^)

(追記:水曜に試合もあるんで全ポジション分かりませんね。途中から出てとても良いパフォーマンス見せているナベコウタや仙頭なんかもいるし、当日までその辺も含めて考えてみましょう〜。)

試合当日まで一緒に考えて妄想しませんか??


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
サッカーについて云々。。