見出し画像

#Illustrator のアートボード管理とスクリプト

Illustrator はドキュメント上にアートボード名が常に表示されません。アートボードツールに切り替えれば目視できますが、その都度アートボードを編集するモードに入ってしまい、作業の流れを中断してしまいます。
また、複数あるアートボードの名称や座標・サイズを管理するのも決して快適とは言えない状態です。

そこで、私たち三階ラボが長年採用しているアートボードの管理方法と共に、アートボードに関するスクリプトをご紹介します。

アートボードをレイヤーで管理する

私たちは特定のレイヤーにグループを配置し、スクリプトでアートボードに変換することによってアートボードを管理しています。

画像1

グループにはテキストとパスをそれぞれ1つ入れ、テキストはアートボード名に、パスの座標・サイズはアートボードの座標・サイズに対応します。
こうすることで、常にアートボード名が把握でき、普段使っているツールでアートボード名やアートボードの座標・サイズを変えることができます。

アートボード用グループを用意する

まず、アートボードを管理するレイヤーを用意します。レイヤー名は「/artboard」とします。以降このレイヤーを「アートボード用レイヤー」と呼びます。

画像2


次に、アートボード用レイヤー内に、アートボード名となるテキストと、アートボードの座標やサイズの元となる矩形のパスを用意し、そのテキストとパスをグループ化します。以降このグループを「アートボード用グループ」と呼びます。

画像3

既存のアートボードを元に作成したい場合は、以下のスクリプトでアートボード用レイヤーアートボード用グループ自動作成することもできます。

画像4


アートボード用グループを調整する

アートボード用グループは一度作ってしまって後は複製しながらテキストや座標・サイズを変更していくとスムーズです。
アートボード名を連番にしたり、まとめて選択して順に編集したい場合は、以下のスクリプトがおすすめです。

テキストに指定した文字や連番を追加するスクリプト

テキストを編集するスクリプト[有料]


アートボードを再構築する

アートボード用グループが用意できたら、それらを元にアートボードを再構築します。
再構築するときは、以下のスクリプトを使用します。

画像5

左上のアートボード用グループから順に、右に向かってアートボードを構築します。
ストーリーボードのような、左上から下に向かって構築したい場合は「アートボードを再構築する(ストーリーボード)」をご使用ください。

アートボードを再構築するスクリプトは、アートボード用レイヤー「/artboard」内のアートボード用グループを参照します。アートボード用グループ内のパスサイズやテキスト内容を変えたりアートボード用グループ自体を追加した後、スクリプトを実行するだけで、アートボードを一瞬で組み立てなおすことができます。アートボード用レイヤーをロックしたり非表示にしたままでも再構築できます。

アートボード用グループを作成するスクリプトとアートボードを再構築するスクリプトは、アートボード用レイヤー名を参照し実行します。
初期値は「/artboard」になっていますが、お好みのアートボード用レイヤー名に変更できるスクリプトを同梱しました。

画像6

一連のフローから「めんどくさそう」「複雑そう」と思われるかもしれませんが、一度アートボード用レイヤーとアートボード用グループを作ってしまえば、以降の調整が圧倒的に楽になります。
ちなみに、私たちはアートボード用レイヤーとアートボード用グループをあらかじめ準備しておいたテンプレートファイルを使っているので、初手の手間は一切かかっていません。テンプレートファイルは本当におすすめです。


アートボードを個別に調整する

アートボードを再構築するスクリプトは、アートボード用レイヤー内のアートボード用グループを元にまとめて調整を行いますが、アートボード1個だけをひとまず調整したいこともありますよね。

そんなときは、以下のスクリプトを使用します。

画像7

このスクリプトの特徴は、アクティブなアートボードだけを調整するところです。選択した1個のアートボード用グループを元にアクティブなアートボードだけの調整を行います。さらに、選択しているものがパスだけならアートボードの座標とサイズを調整し、テキストだけならアートボード名だけを変更します。アートボード用レイヤー内にないオブジェクトを選択していても実行可能です。


アートボードを追加する

アートボード全体を再構築するのではなく、現状のアートボードはそのままで、新たにアートボードを追加する場合は以下のスクリプトを使用します。

画像8

アートボード用グループを選択して実行するとアートボードを追加することができます。パスだけを選択した場合は、アートボード名を入力するプロンプトが表示されます。こちらもアートボード用レイヤー内にないパスの選択でも実行可能です。


アートボードを書き出す

最近の Illustrator はアセット書き出しやアートボード書き出しの機能が追加・強化がされました。
しかし、書き出しのして方法が煩雑だったり、ファイル名のコントロールがいまいちだったりします。そこで、以前から配布しているアートボードを書き出すスクリプトが活躍します。

画像9

画像10

実は、アートボード用レイヤーの名称のデフォルトを「/artboard」にしている理由が、このアートボード書き出しスクリプトと関係しています。
アートボード書き出しスクリプトには、レイヤー名の先頭に「/」があるレイヤーを書き出さない、という指定ができるからです。背景が透過された PNG を書き出すときに重宝します。

アートボード用レイヤー名にわかりやすい接頭辞をつけておけば、書き出し時にコントロールしやすくなるのでおすすめです。


アートボードを選択する

アートボードが増えていくと、目的のアートボードを探すことが面倒になってきます。
このスクリプトを使えば、入力した文字を元にアートボードをアクティブにしつつ、画面中央に表示するので、キーボードだけでアートボードを切り替えることが可能になります。

画像11


以上、#Illustrator のアートボード管理とスクリプトでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

喫茶店作業のコーヒー代として使わせていただきます!

ありがとうございます!超うれしいです!
33
株式会社三階ラボ | 3flab inc. 取締役デザイナー。

こちらでもピックアップされています

Illustrator スクリプト
Illustrator スクリプト
  • 6本

Adobe Illustrator で使用できるスクリプトの配布やテクニックなどを紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。