弁護士  大口裕司
海事・物流・貿易シリーズセミナー開催

海事・物流・貿易シリーズセミナー開催

弁護士  大口裕司

当事務所の海事・物流部門(代表:大口裕司)による、「海事・物流シリーズセミナー」を参加費無料のオンライン(Microsoft Teams)にて開催いたします。これまで当事務所の弁護士と関わりがなかった会社様もご参加いただけますので、遠慮なくお申し込みください。Microsoft Teamsのアプリがなくても聴講可能ですが、念のため、アプリ(無料版で可)をダウンロードされることをお勧めいたします。

約15-20回のシリーズセミナーの予定で、傭船契約、船荷証券(BL)、国際売買、海難事故、コンテナ貨物、フォワーダーといった業界特有のテーマのみならず、一般的な民法知識、契約実務、交渉のやり方、債権回収、会社の危機管理体制、メディア対応、労務管理や国際取引等、幅広いテーマを扱います。基本的に、ひと月に一回、金曜日の午後4時頃からの1時間から1時間半程度を予定しておりますが、講師の都合により変更の可能性はございます。

大口弁護士がこれまで関わってきたのは、船主、オペレーター、P&I Club、損害保険会社、造船所、物流企業、フォワーダー、貿易会社、メーカーの物流部門、物流に関連するIT企業、倉庫会社、船舶管理会社、商社、シップブローカーなどですが、それらの会社が業務で活用頂けるようなテーマを設定する予定です。内航、外航を問わず、コンテナ船、バルカー(ばら積み貨物船)、タンカーなどの船の種類を問わずに活用頂けるよう、基本的な事項を解説いたします。

シリーズの概要(予定)は、以下の通りです。

第0シリーズ     :一般的な法知識と実務
            第1回 民法、商法の基本の解説
            第2回 民法改正と海事・物流・貿易への影響
            第3回 紛争解決と債権回収の実務
            第4回 契約実務、国内取引と国際取引
第1シリーズ     :リスクマネジメントとコンプライアンス
        ①リスクマネジメントの考え方と着眼点 
        ②コンプライアンス・チェックの視点
        ③どうやって会社の体制を構築するか
        ④企業がチェックすべき法令にはどのようなものがあるか
      (会社法、労働法、個人情報保護法、刑罰法規、知的財産法、              不公正な取引を規制する法律、各種環境法制など)
        ⑤業法規制、行政規制、新規事業を行う際の注意点
        ⑥企業不祥事や事故対応
        ⑦企業の社会的責任
第2シリーズ(物流):①運送契約上の権利と責任
           ②船荷証券と海上運送状
           ③陸上運送業、運送取扱業、運送の仲介業、倉庫業
           ④フォワーダーの法的地位
第3シリーズ(海事) :定期傭船
第4シリーズ(海事) :航海傭船
第5シリーズ(特別回):海難事故対応(衝突、油濁、座礁等)、造船契約、会社の危機管理体制、メディア対応、労務管理、労働組合対応、         知的財産権の保護など

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今後の予定は以下の通りです。

船荷証券や傭船契約を学ぶにあたり、よりよい理解のためには基礎が非常に重要です。当セミナーでは第0シリーズで基礎を中心としたトピックを扱ってまいりましたが、途中から当セミナーに参加され、第0シリーズを受講できなかったという方も多くいらっしゃるので、再放送することにいたしました。

日時:2022年6月24日(金) 午後4時~
内容:民法、商法の基本の解説 ~最近の法改正も踏まえて~(第1回セミナーの再放送)

第1部 序論
 ①契約の当事者:権利能力、法人
 ②代理と代表
 ③契約の成立要件
 ④契約の有効要件
第2部 権利の種類
 ⑤権利の種類:物権と債権
 ⑥担保の種類:人的担保と物的担保(抵当権、質権、先取特権、留置権)
第3部 債権の管理
 ⑦消滅時効、更新、完成猶予
 ⑧債権譲渡
 ⑨相殺
 ⑩債務不履行責任(損害賠償請求と解除)
 ⑪不法行為責任(損害賠償請求)
第4部 典型契約の解説
 売買契約、請負契約、委任契約、賃貸借契約など

日時:2022年7月22日(金) 午後4時~
内容:民法改正と海事・物流・貿易への影響(第2回セミナーの再放送)

総論
 ①民法を理解することの重要性
  リスク分析、契約書作成、紛争解決交渉の場面などで活きる 
 ②債務不履行責任、損害賠償、解除
 ③時効の管理、保証、相殺
各論
 ④傭船契約、運送契約
 ⑤造船契約、売買契約、融資契約、賃貸借契約、請負、業務委託、コンサルティング、倉庫寄託
  契約書式の見直しが必要か?
 ⑥衝突事故や人身事故

日時:2022年9月30日(金) 午後4時~
内容:紛争解決と債権回収の実務(第3回セミナーの再放送)

第1部 紛争解決
 ①紛争が生じたときには、まず何を確認すべきか
 ②準拠法や裁判管轄はどうやって決まるか
 ③訴訟や仲裁以外の紛争解決の手段にはどのようなものがあるか
 ④訴訟と仲裁と調停の実務、どれを選択すべきか
 ⑤勝訴したとしてもそれで相手が判決に従うとは限らない。強制執行の実務。
 ⑥三当事者以上の間で紛争が生じた場合の対応
  例)それぞれで裁判管轄も準拠法も異なる場合には、どうするか。
第2部 債権回収
 ⑦債権回収におけるポイント、債権回収の手段、担保権(maritime lien、先取特権、留置権、債権譲渡担保など)
 ⑧相手方と交渉する際のポイント
 ⑨倒産手続の実務
 ⑩相手方が倒産危機時の債権回収のポイント、倒産法による債権回収への規制

日時:2022年10月21日(金) 午後4時~
内容:契約実務、国内取引、国際取引(第4回セミナーの再放送)

第1部 契約実務
 ①契約とは何か、契約書の意義・役割
 ②契約書のチェックポイント
 ③契約書をドラフトするときの注意点
 ④契約書の管理、証拠の保全
 ⑤弁護士の活用
第2部 国際取引の特殊性
 ⑥国際取引における契約書のポイント解説
 ⑦国際的な債権回収のポイント解説
 ⑧海外弁護士の活用
 ⑨国際訴訟・仲裁、外国判決の強制執行、外国仲裁判断の強制執行
 ⑩同じ事件が複数の裁判所で係属した場合の対応(国際訴訟競合)
第3部 国際取引のいくつかの話題
 ⑪取引条件、インコタームズ(EXW、FOB、CIFなど)
 ⑫貿易と船荷証券
 ⑬ウィーン売買条約

日時:2022年11月25日(金) 午後4時~
内容:海上運送契約と船荷証券(1)

①物流・貿易業界の特徴、構造とステークホルダー
②問題発生時、誰にクレームすればいいか
③フォワーダー(NVOCC)の位置づけ
④海上運送契約
⑤堪航能力(seaworthiness)、貨物の船積、積付、航海、荷揚、引渡
⑥運賃(freight)の回収と債権保全
⑦運送人の責任と荷主の責任
⑧ヘーグ・ヴィスビー・ルール(国際海上物品運送法):責任制限、航海過失など
⑨船荷証券(BL)と海上運送状(waybill)
⑩裏面約款:ヒマラヤ条項、デマイズ条項、不知約款、Both-to-Blame Collison Clauseなど

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

シリーズセミナーへの参加を希望される方は、下記リンクからお申込みください。参加希望者多数の場合、ご案内できる人数に制限を設けさせていただきます。ご案内メールは、お申込み後、直近で開催されるセミナーの前日までにお送りしますが、お申し込み後に案内メールが届かない場合、人数制限のためにご参加いただけない状況とご理解ください。

海事・物流・貿易セミナーの申込フォーム (google.com)https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSczJAgn7S8Cxgt8f5ixMz6eDtyTTVf9hp0Mw0my7Lg_w88z7Q/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

お申し込みいただいた方へ毎回のセミナーのご案内をメールでお送りさせていただきます。一度お申し込みいただければ、その後は、次回以降のセミナーのご案内も自動的にメールで届きます。
参加人数に制限があるため、今回のテーマには興味はないものの今後のテーマに興味がある場合は、今の段階で申し込まれることをお勧めします。
途中でご案内が不要になった場合の配信停止の方法は、申し込み後にお送りする、セミナーの視聴方法のご案内メール中でお知らせいたします。

留意事項
・お申込みいただいた方に個別にご挨拶させていただくことがあります。
・お申し込みいただいた方のみが受講可能です。
 不正受講があった場合、法的措置を取らせていただくこともあり得ます。
 録音や録画も禁止とさせていただきます。
・Teamsの設定やネット環境は、ご自身でご準備いただき、当事務所へのお問い合わせはご遠慮ください。


       


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
弁護士  大口裕司
東京都丸の内にある三村小松山縣法律事務所のパートナー弁護士。海事や物流の分野を得意としている。 パートナー弁護士が自由に動ける事務所なので、様々な場面で、柔軟な対応ができると思います。