無駄なものをそぎ落とす事は難しい。
見出し画像

無駄なものをそぎ落とす事は難しい。

情報化と言われる最近ですが

世の中が便利になってきてどれくらい良くなってきたか?

それは情報が沢山溢れてきていて

それが意外と無駄なものとして認識されている事は難しいと思います。

そして

そのムダなものをどうそぎ落とすか?が大事になってきます。

少し話は変わりますが

今の世の中の情報としては

「自由」というのがキーワードになっていると思いますが

自由とは

西洋文化で言えば

第一次産業革命後

日本で言えば

明治時代からの言葉です。

福沢諭吉が西洋の言葉を調べていて

自由という言葉を知り

そこから自由の定義というものを作ったそうです。

その中で

江戸時代までは

農民と言われる人が全体の85%以上。

親の仕事を引き継いでいくという事が原則でした。

そう考えると

職業の選択やありとあらゆるものに自由が無かったという言い方もできると思います。

そう考えると

江戸時代の人は幸福というものではなかったのではないか?

また

インドのカースト制度と言われるものを

今の世の中と照らし合わせると

自由がないのは辛かったのではないか?

と考えやすいのですが

実はそうでもないそうです。

考える事がムダに多くないという事がきっとそういった辛さというものから遠ざけていたのではないか?

と思います。

これって結構重要だと思っていて

人間の脳は1日に300kcalというパワーで情報処理をこなしてます。

そう考えると今のこの情報社会の処理は結構大変だと思いませんか?

そう考えると

江戸時代とかの情報があまりない時代の人たちの情報処理に使う脳は現代人と比べてどこに使っていたのか?

とか考えたりしませんか?

きっと自分のやるべきことに向かって使っていたのではないか?と考えるわけです。

そういった状況を作れればムダな時間やムダな思考というものがなくなり

結構クリアに物事捉えられると思うんですよね。

ただ

それをクリアするのには課題がありまして

自分の価値観や世界観に生きていない
常に孤独感を抱えている

これが課題で

速く・楽に・簡単に情報処理をしたい。その1番簡単な方法が、【みんなと同じ情報を選択したい】です。

ここなんです。

これがダメだとは思わないのですが、、、

世界観とか個性というものは失われつつありますよね。。。

人は不安になれば情報を集め始めるし

それによって色々と右往左往してしまう。

はじめの情報発信というものを受け取るには

今までの常識という偏見をどれくらい捨てれるか?

が大事だと思ってます。

これから予測不能な世の中が始まりますので

自分の世界観を見つめなおすのに本当に大切なものを見つけていきましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございます😊

#snips #小熊滋




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小熊滋

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!
美容師として活動中。人と出会える事に感謝して日々感ずる事を書いてみる。 言葉を使うということの大事さに気付き修行として言葉を使いながら書かせてもらいたいと思います。 プライベートも混在するかもしれませんがご了承ください。