見出し画像

入院5日目インスリン指導


毎日射ってもらっているインスリンを自分でうてるようになるように昨晩から指導が入りました。

昼のカレーうどんは美味しかったです。

この病院では同じ病室の人全員と交流することができました。

同じ心臓外科に入院していることもあり同じように手術を控えて心配を抱えている人たちばかりです。同じ心臓の病気を抱えながらもお互いの症状や手術内容はそれぞれ違うので情報交換をしながらお互いの健康と手術の成功を願いあいました。

おひとりが退院しましたが退院に際し、150円分のテレビカードをいただき親切にしていただきました。

甲子園番組を見れてちょうどなくなりました。

夜のインスリン指導にあの平成9年生まれの看護師さんがきました。まだ人の世話をすることに喜びを感じているようで、自分がぎこちない手つきをしていると手を出したくなりそうな感じで「大丈夫だよ、自分でやらないと覚えないから」などといわねばならないところが微笑ましかったです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までご覧いただきありがとうございます。皆様からいただいたサポートは今後のエコ活動に役立てさせていただきます。

超超大吉🤗ぜひ二俣川にお越し下さい👍✨
1976年生。二俣川でビジネスしてます。小中高に通う5人のため毎日奮闘中🙇‍♂️2019年心臓病を克服し社会復帰。ロバートキヨサキさんのいうキャッシュフロークワドラントESBIすべてを同時進行させる豊かな人生を目指します。 #鴨biz #イケハヤ信者 #人生楽しんだもの勝ち

こちらでもピックアップされています

OGAWAマガジン
OGAWAマガジン
  • 412本

1976生まれ。小中高の保護者でもあり飲食店10年つづける OGAWA店主が子育てや飲食業界の組織のなかから 日々感じたことを書き連ねます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。