Pink Jewelry Dream

SUKISHA×kiki vivi lily

Lyrics

--------------

抽斗にしまったままで鍵がかかった宝石箱を
いきなり奪ったcreatureが逃げ出したなら
partyが始まるわ

Pink Jewelry Dream
不思議の国でbeatsにくちづけたprincess
Pink Jewelry Dream
剥き出しのルビーでsweet soulな夢が
醒めないように

色彩の光るgrooveが
虹が滲んだみたいにカラフルな窓に
映り出したドワーフを惑わせたなら
一緒に踊りましょう

イブサンローランのチークに
ハイライト入れてアイシャドウを塗って
ふわふわのスカートに身を包んで
オモチャの楽団の音に乗り
物分かりの悪い大人たちもみんな
宝石のようなpartyに夢中になるわ

Pink Jewelry Dream
唇に指先で引いたlipでtrip
Pink Jewelry Dream
剥き出しのルビーでsweet soulな夢が
醒めないように

Lyrics, composed, arrangement by SUKISHA

Vocal, chorus arrangement by kiki vivi lily

--------------

制作後記 (by SUKISHA)

Rainbow Town、Blue in Greenときて、さて次は何色?

と言う疑問はずっと頭の中にありました。

結局ピンクに落ち着いたのは、女性ボーカルだからなんとなくピンク、と言う非常に安直な理由です。

そしてピンクに挑戦するからには、女の子視点で曲を作ろうと思いました。そこからメイク関係の単語で使えそうなものをキキビビちゃんに聞いたりして歌詞を膨らませていきました。不思議の国のアリスがモチーフになったのは、韻を踏んだりする関係でしっくりきたからです。

キキビビちゃんが作詞してると思ってウキウキしながら聴いている人たちに、下卑た顔で「この曲w拙者がw作詞wしてるでござるwwwデュフデュフフwwwブフォwwwww」と言うのが私の夢です。

あとまあまあ言われることですが、「Blue in Greenに似ている」という感想をたまに耳にします。サビが似ているとか。

ちょっと批判めいた感じで言ってくる人もたまにいるのですが、それを聞いたら完全に僕の掌の上で転がされてると思ってください。

最初からサビの頭のメロは完全に被せるつもりで作りました。

この曲とBlue in Greenはいわば双子のような関係で、四つ打ちと言うのもサビで色含む曲名を同じ音程で歌うことも、あらかじめ決まっていたことです。

違う点で言えば、ポップなダンスチューンを作ろうとしたところですね。Blue in Greenはポップさよりも挑戦的な内容にしたいと思っていました。

キキビビちゃんが完成した時にすごく気に入ってくれていたのが印象的でした。

新たな挑戦としては、最近の洋楽の楽曲、特にEDM以降かな?でよく耳にする、サビが覚えやすい旋律のシンセサイザー、みたいなことをやってみたくて、ただ歌ものなのでサビは歌でしか有り得ないと思っていたため、間奏部分でやってみたことですね。

ギターのカッティングはもはやいつも通りのお家芸、と言う感じですが、音色に関してあまり納得しておらず、もっといい音でギターを録音出来たらなとは思っています。今後の課題ですね。

あとは自分で音楽を作り始めてからずっとデモや作品を聴いてもらっている、しかもあまり褒めてくれることのない友人が、この曲を聴いてわざわざ「素晴らしい」と連絡をくれたことが嬉しかったです。安定していい曲を作れるようになってきたのかもと思いました。

MVはBlue in Greenと同様、Daichi Sugimoto監督にお願いしました。

相変わらずの攻めた内容、さすがの出来です。

ちょっと怖いところが逆にイイ。

ちなみにこのMVの撮影はロケ地遠かったけどちゃんと行って手伝いました。