nyamotomo
【ユー・ウィル・ゴー・スルー・ザ・シックス・ゲイツ】(前編)
見出し画像

【ユー・ウィル・ゴー・スルー・ザ・シックス・ゲイツ】(前編)

nyamotomo
汝、シックスゲイツを思い知れ。(You will go through  the six gates.)

 皆さん、お久しぶりです。nyamotomoです。忙しい時期になり、中々こうしたものを書く時間も減ってしまいました。まぁ頻度は大分減るでしょうがこれからもチラホラ投稿していくつもりです。

さて今回のシナリオはシックスゲイツとなってフジキドと対決する、とくなが=サン【ザ・バトル・オブ・シックスゲイツ】です。

中々面白いシナリオで是非やってみたくなりました。今自身のやっているTRPG次元とは少し離れたパラレルワールド設定でやってみましょう。

それではシナリオを始めていきます。

導入

トコロザワ・ピラー、最上層部。暗い廊下を進む赤黒の影あり。影の名はニンジャスレイヤー、ネオサイタマを支配するニンジャ組織ソウカイヤを震撼させた恐るべき殺戮者。来た道にはいくつもの爆発四散痕と引きちぎられた死体。彼は数々の強敵とのイクサと殺戮を経て、今や仇敵の待つ最上階へと至らんとしていた。残るはシックスゲイツの六人、そしてラオモト=カン!

ニンジャスレイヤーはここまでの道筋をしばし回想する。それは長く、長く苦しい道程だった。ニンジャスレイヤーは決断的な殺意を漲らせ、シックスゲイツに与えられた特別空間へと侵入した。

◆ニンジャスレイヤー:ベイン・オブ・ソウカイヤ (種別:ニンジャ)
カラテ    16  体力   16
ニューロン  10  精神力  12
ワザマエ   12  脚力   8/N
ジツ     0   万札   10
攻撃/射撃/機先/電脳  16/12/10/10
回避/精密/側転/発動  17/12/12/10
※緊急回避ダイス1個
回避難易度修正: 対近接攻撃(難易度−1/ジュージツ)/対スリケン射撃(難易度−1/見切り)
ダメージ修正: 『鉄拳』の効果により、『近接攻撃』はダメージ2(1+1)/『装甲貫通1』となる。
◇装備や特記事項
 家族の写真/パーソナルメンポ/伝統的ニンジャ装束
 『●連続攻撃3』/『●連射2』/『●時間差』/『●マルチターゲット』
 『◉◉タツジン:ジュージツ』/『◉スリケンの見切り』/『◉鉄拳』/『◉ランスキック』
 『◉ヒサツ:ワザ・ポン・パンチ』/『◉ヒサツ・ワザ:サマーソルトキック』
 『◉ヒサツ・ワザ:タツマキケン』/『◉ヘルタツマキ』/『◉ツヨイ・スリケン』
 『◉◉憎悪:ニンジャソウルの闇』/『◉憎悪:ソウカイヤ』
 『◉チャドー呼吸』/『◉ナラク・ウィズイン』/『◉即死耐性』
シナリオではタツジン:ジュージュツの効果を無視することが推奨されているが、今回はプレイ中忘れていた為、普通に適用される。恐らく原作と異なり誰か(ドージョーやフリーランス所属のPCなど)に道中助けられるなどして、消耗が少ないのであろう。

第一の門

「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「一」の文字。その中は数百畳サイズの黒い液体に満たされたプールめいた空間である。部屋の中には四本の柱が立てられ、そこから黒い液体に汚れたボンボリが吊り下げられていた。

部屋の中央には黒いパワードスーツを身に纏った一人のニンジャがアグラを組んでメディテーションを行っていた。ニンジャの名はブラックウォーター

このニンジャは先日、晴れてソウカイ・シックスゲイツの一員となり、このフロアを任される事になった。これまでのソウカイヤに対する貢献が認められた結果である。それは長く、長く苦しい道程だった。

だが、ソーマト・リコールめいた感慨に浸っている暇はない。何故なら……

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」

"ネオサイタマの死神"ことニンジャスレイヤーを迎え撃たなければならないからだ。

「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。ブラックウォーターです。」

画像14

◆ブラックウォーター (種別:ニンジャ)
カラテ    6  体力   12
ニューロン  7  精神力  8
ワザマエ   8  脚力   4/N
ジツ     2  
即応ダイス1
攻撃/射撃/機先/電脳  6/10/8/9
回避/精密/側転/発動  9/10/10/9
◇装備や特記事項
『●時間差』『●マルチターゲット』『●連射2』
 ▶︎▶︎クロームハートlv2、▷自爆装置、▶︎生体LAN端子lv1、▶︎サイバネアイlv1、▶︎ヒキャクlv1
『◉知識:犯罪』『◉知識:サイバネティクス』『◉重サイバネ化』
スナイパーライフル<電磁ロングバレル
◯スモトリ崩れ
今回のシックスゲイツPCは28ポイントスクラッチビルドにふわふわローンを組んで制作しました。

「グッハッハッ!負け犬風情が泥を飲むためにわざわざここまで登ってきたのか?ご苦労なことよ。」ブラックウォーターは3m近い巨体を揺らし豪快に笑う。黒い液体に波紋が広がり、奇怪な紋様を作り上げた。

「…なるほど、どうやらシックスゲイツとやらは品位のないウドの大木でも務まるものらしい。」ニンジャスレイヤーはそう呟くと黒い液体の上に降り立った。液体はニンジャスレイヤーの腰にまで届き、ハチミツめいた粘性を有している。

「…ほう。言うではないか、ではウドの大木かどうか試してみるがいい。」ブラックウォーターは長いバレルを持つウォーターライフルを水中から取り出し、威圧的リロード!一触即発アトモスフィア!

イクサ開始

1ターン目

◆PCおよびニンジャスレイヤーは1ターン内で2回行動する。
行動順はイニシアチブ順に交互に行う。回避ダイス回復のタイミングは各々が2回行動を終了した後になる。また、行動順はターン開始のイニシアチブ値で判断する。そのため、1回目の攻撃でニューロンにダメージを受けイニシアチブ値が入れ替わる事になっても、行動順は次のターンまで入れ替わることはない。例:ニンジャスレイヤー(イニシアチブ10)とPC(イニシアチブ9)が戦闘を開始した場合、1ターン目の行動順は『ニンジャスレイヤー(1回目)』⇒『PC(1回目)』⇒『ニンジャスレイヤー(2回目)』⇒『PC(2回目)』となる。これらの行動が全て終了した後、回避ダイスを全回復させ、2ターン目に移行する。

また、仮にPCの1回目の攻撃でニンジャスレイヤーがサツバツ!等の攻撃を受け、ニューロンに1以上のダメージを負った場合には結果としてイニシアチブが入れ替わる事になるが、1ターン目の行動順は変化しない。すなわち、1ターン目におけるPCの1回目の行動の後は、ニンジャスレイヤーの2回目の行動となる。
2ターン目以降は順番が入れ替わるため、行動順としては『PC(1ターン目の2回目)』⇒『PC(2ターン目の1回目)』⇒『ニンジャスレイヤー(2ターン目の1回目)』となり、PCが2連続で攻撃を行う箇所が発生する。

◆"連続側転"による回避ダイス獲得は1個に変更される。
連続側転自体は1回目、2回目どちらの行動時でも行ってよいが、獲得ダイスは半分の1個に減少しているので注意。

◆アトモスフィアの決定権限はNMではなく挑戦PL側が持つ。
挑戦PLはターン開始時にアトモスフィアを通常/ハードモード/ウルトラハードモードのいずれかへと自由に変更できる。(1ターン目にいきなりウルトラハードモードから開始、という事も可能である)

◆参加PCは”●一瞬の勝機”を自動取得する。
これはスキル欄を圧迫しない。

◆参加PCはこのセッション中、ソウカイヤ所属PCとなる。
そのため、『◉憎悪:ソウカイヤ』の影響を受ける。

画像2

画像2

・ニンジャスレイヤー連続側転6,3,2,1,4,5,6,4,4,2,6,1 →4Iに移動
カラテ5,6,2,5,5,6/4,3,5,2,3,5/1,1,3,4,4→3成功、1マウントタックル
・ブラックウォーター回避2,5,/6,/1 →一発命中2ダメージ、残り体力10

・ブラックウォーター連続側転5,5,2,5,5,4,2,5,2 →8L
スナイパーライフル4,2,1,5,2,4,2,5,1,2 成功
・ニンジャスレイヤー回避1,6,5,2,1,5 3,4,3, 成功

・ニンジャスレイヤー連続側転1,5,4,4,4,6,6,4,5,1,4,4 →7L
カラテ1,1,2,4,5,6/4,1,4,4,5,4/1,2,1,5,2,→2成功
・ブラックウォーター回避2,6,4,/4,5,6→成功

・ブラックウォーター連続側転 4,3,2,5,2,3,2,5,5,4→3G
スナイパーライフル1,3,1,3,5,6→成功
ニンジャスレイヤー回避4,1,5,2,6,3,2,5,1,→成功

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤー跳躍!足に縋り付く粘着性の液体を意に解さぬ高速移動にブラックウォーターは目を見開く!「グワーッ!?」赤黒の隕石めいたタックルをブラッグウォーターはモロに受けた!パワードスーツがひしゃげ吐血!ニンジャ耐久力で致命的な崩れは防いだが無視できないダメージ!

「オ…オノレー!!イヤーッ!」ブラックウォーターは足裏から黒い粘液を噴出させニンジャスレイヤーから離れた柱へ!!さらに遮蔽からウォーターライフルを発射!しかしニンジャすら回避困難な超水圧を、ニンジャスレイヤーは易々を回避しながらブラックウォーターに一瞬で肉薄!鎧の繋ぎ目を狙うカラテコンボを繰り出す!

「ヌゥー!!」これに対しブラックウォーターは体を傾け装甲の分厚い部分で全ての攻撃を受け止める!再び粘液噴射跳躍からの高水圧砲を放つがニンジャスレイヤーは首をもたげ回避!ワザマエ!「オヌシの技はそれだけか?くだらん水遊びだ。」「ホ…ホザケーッ!!」

2ターン目

画像3

アトモスフィアをU-hardへ移行
・ニンジャスレイヤー連続側転2,6,5,2,6,3 4,2,6,1,6,53H
カラテ1,5,5,4,6,1/5,5,5,2,1,4/1,6,1,4,23成功
・ブラックウォーター回避 1,6,/1,4,/22発命中4ダメージ、残り体力6

・ブラックウォーター連続側転6,3,4,3,5,5,2,3,3,1,→9J
スナイパーライフル6,5,4,3,6,6 3,6,5,1→成功
・ニンジャスレイヤー回避2,3,5,3,3,2,3,5,2,→失敗1ダメージ、残り体力15

・ニンジャスレイヤー連続側転2,5,2,1,4,2,4,4,2,3,4,19I
カラテ2,4,3,2,6,2/6,2,2,2,3,2/1,3,6,6,5,→3成功
・ブラックウォーター回避5,4,/4,5,/3,62発命中4ダメージ、残り体力2

・ブラックウォーター連続側転1,6,6,5,6,6,1,3,64L
スナイパーライフル1,1,3,5,6,2,3,4,4,→成功
・ニンジャスレイヤー回避1,5,2,1,5,1,1,5,5,3→失敗ダメージ1、残り体力14

「これでもそんな戯言がホザケるかー!?ナルト・システム起動!!」ブラックウォーターが柱の裏に周り何らかのスイッチを押すと、部屋中央の粘液が回転し渦潮を作り出す!「ヌゥー!!」粘液の流れに足を取られながらもニンジャスレイヤーはブラックウォーターに飛びかかる!

「イヤーッ!」「アバーッ!?」ダブル・パンチが咄嗟の防御を掻い潜って胸板に突き刺さった!ブラックウォーターのパワードスーツがクレーター状に凹み、ブラックウォーターはワイヤーアクションめいて吹き飛んだ!ニンジャスレイヤーは即座に状況判断、水流の勢いを乗せた恐るべきアクアカラテを放ったのだ!タツジン!

「かっ、かかったり!!」しかし、これはブラッグウォーの意図であった!吹き飛びながらニンジャスレイヤー目掛けてウォーターガンを発射!逆転発想逃走経路を用いた擬似ヒキウチ!「グワーッ!?」左腿貫通!予想外の射撃スキルに回避行動が遅れる!「ヌゥー!!」粘液の流れに足を取られながらもニンジャスレイヤーはブラックウォーターに飛びかかる!

「イヤーッ!」「アバーッ!?」再びダブル・パンチが胸板に突き刺さり、ブラックウォーターのパワードスーツが砕け散った!ブラックウォーターは再び吹き飛び、数メートル離れた地点に水柱上げ着水!「グワーッ!?」着水と同時に放たれた水圧砲がニンジャスレイヤーの右肩を撃ち抜く!しかし浅い!カラテの差は歴然!

3ターン目

画像4

アトモスフィアはnormalにする。
・ニンジャスレイヤーは連続側転2,5,4,4,6,4,6,4,5,5,3,15k
ツヨイ・スリケン1,4,2,6,3,6,6,4,1,2,3,3,5,2,2,5,5,6→成功
・ブラックウォーター 回避6,6, 成功!

・ブラックウォーターは連続側転6,6,4,1,6,1 3,6,3,47I
スナイパーライフル2,1,3,4,5,4,2,6,6,1→成功
・ニンジャスレイヤー回避 2,5,6,5,3,2,5,1,2,→成功

・ニンジャスレイヤーは連続側転1,6,3,4,2,4,5,5,2,2 4,28i
・カラテ6,3,5,3,1,5,/3,4,4,6,1,1/1,3,1,5,2,2,→3成功
ブラックウォーター回避6,3,6,3,4,4,4,6→成功

・ブラックウォーター連続側転2,4,4,4,4,6,5,5,2,13I
スナイパーライフル1,1,1,3,4,3,6,5,2,6→成功
・ニンジャスレイヤー回避5,2,3,3,1,4,6,3,5,→成功

ブラックウォーターが液体に沈むと同時に水流がおさまっていく。ニンジャスレイヤーは地面に足をつけアフリカ投げ槍戦士のごとく上体を捻った中腰姿勢を取った。背中に縄めいた筋肉が浮かび上がる!暗黒カラテ奥義ツヨイ・スリケンの構え。

ちょうどその時、意識を取り戻したブラックウォーターが水面から顔を出した。その肉体には砕け散ったパワードスーツの残骸が無惨にまとわりついている。「お…オノレー!?」次の瞬間、眼前に黒炎に包まれた恐るべき速度のスリケンが飛来!「イヤーッ!?」ブラックウォーターは目を見開き、手負の体に鞭打って間一髪連続側転回避!

しかし次の瞬間またもや彼は目を見開いた!今度は眼前にニンジャスレイヤー!?一瞬で距離を詰めたというのか!?「イ…イヤーッ!」「イヤーッ!!」苦し紛れの水圧銃攻撃も難なく交わされ、恐るべきカラテコンビネーションが迫る!「ヌ…ヌオーッ!!」ブラックウォーターは致命的三連チョップを間一髪で交わしつつ連続側転!出口を背にし水圧銃を放つが当たらない!

4ターン目

画像5


・ニンジャスレイヤー連続側転2,1,3,3,2,6,4,6,3,363→4I
カラテ6,3,6,6,5,6/ 1,2,4,6,2,3/6,4,1,6,2,
→3成功、ナムアミダブツ1→ポンパンチ発動!!残り精神力11
ブラックウォーター回避5,5,4,2,4,3→失敗!ダメージ2+痛打(2+3)残り体力−5

・自爆装置発動!壁際なので吹き飛ばされもなし!
ニンジャスレイヤー回避4,6,4,4,2,5,2,3,4,2 4,4,1,1,2,3,→成功

「ヌ…ヌオーッ!!」ブラックウォーターはニンジャスレイヤーを睨みつけながら出口のフスマに手をかけようとする!逃走!だが既にニンジャスレイヤーはブラックウォーターのワンインチ距離にまで迫っていた!その左腕は弓めいて引かれている!「イ………イヤーッ!!!」「アバッッーーー!!??」

ニンジャスレイヤーの左腕がパイルバンカーめいてブラックウォーターの腹に打ち込まれた!カラテ奥義ポン・パンチ!!ブラックウォーターの背にあったナノカーボン製強化フスマが吹き飛ぶ!!

しかしブラックウォーターは両足を踏ん張りその場にとどまった!!「オ…オノレー!!シナバモロトモー!!!イヤーッ!!」「ヌゥー!?」ブラックウォーターの肉体が突如膨張!恐るべき大爆発を引き起こした!「サヨナラ!!」ニンジャスレイヤーは後ろに跳んで回避!これぞブラックウォーターの最後の切り札、胸部に仕込まれた自爆装置であった。

戦闘終了

勝負は決した。ブラックウォーターはニンジャスレイヤーの前に敗北を喫し、爆発四散した。ニンジャスレイヤーは黒い粘液の沼を渡りながらこの場で行われた激しいイクサを回想する。

流石はソウカイ・シックスゲイツ。油断ならぬ相手だった。狙い澄ました高圧水流スナイプはまさに悪夢。ナルトめいた渦潮とのコンボの瞬間には死の予感がニューロンを襲った。

だが殺した。

顔とメンポに飛び散った返り血をぬぐいながら、ニンジャスレイヤーは沼から上がり黙々と上への階段を目指す。階段を上ると、再び新たな門が彼の前に現れた。「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「二」の文字。ソウカイ・シックスゲイツの2人目が、この先で彼を待ち構えているのだ……。

チャドー呼吸回復判定2,4,4,5,5,2,4,4,6,1→体力1回復→残り体力16

第二の門

「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「ニ」の文字。その中は数百畳サイズの緑、バイオ杉が植林された森めいた空間である。部屋の中には一際大きな四本の杉が植えられており、そこから唐草模様のボンボリが吊り下げられていた。

部屋の中央の赤いトリイの上には青緑色のニンジャ装束を身に纏つ一人のニンジャがアグラを組んでメディテーションを行っていた。ニンジャの名はアイビードラゴン

このニンジャは先日、晴れてソウカイ・シックスゲイツの一員となり、このフロアを任される事になった。これまでのソウカイヤに対する貢献が認められた結果である。それは長く、長く苦しい道程だった。

だが、ソーマト・リコールめいた感慨に浸っている暇はない。何故なら……

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」

"ネオサイタマの死神"ことニンジャスレイヤーを迎え撃たなければならないからだ。

「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。アイビードラゴンです。」

画像16

◆アイビードラゴン(種別:ニンジャ)
カラテ   8  体力   
ニューロン 4  精神力  
ワザマエ  5  脚力   
ジツ    4   
攻撃/射撃/機先/電脳  8/5/4/4/
回避/精密/側転/発動  8/5/5/8/ 
即応ダイス3
◇装備や特記事項
『●連続攻撃2』
『☆カナシバリ・ジツlv3』、『★チドク・ジツ』
▲▲▲▲戦闘用バイオサイバネlv2、△△バイオ触手、△拘束器官、△吸血バイオ器官
『◉不屈の精神』、『◉バイオニンジャ』、『◉挑発』
『◉交渉:共感』、『◉知識:宗教』
◯テッポ・ダマ

「ふむ。その様子ではブラックウォーター=サンは死んだようだな。」「弱敵であった。オヌシもすぐに後を追わせてやる。」アイビードラゴンは鼻を鳴らして立ち上がり、鳥居の下に降りてカラテを構えた。奇妙なざわめきがあたりの木々に響いた。

「舐めないでいただきたい。ブラックウォーター=サンは優秀なアサシンであったがカラテには劣るニンジャ。彼と私を一緒にすれば容易くサンズ・リバーを渡ることになるぞ。」「口先だけでないことを期待しよう。」

ニンジャスレイヤーもカラテを構える。両者の視線が声もなくぶつかり合い、空気は殺気で澱み始めた。一触即発のアトモスフィアが周囲を満たす!

戦闘開始

1ターン目

画像8


画像9

・ニンジャスレイヤー連続側転2,3,1,1,3,3,3,5,5,1,2,→6I
ニンジャスレイヤーはカラテ1,5,5,4,6,2,/2,1,4,2,1,2,/3,4,6,4,2, 2回成功
・アイビードラゴン回避3,5,6,2,→成功

・アイビードラゴン連続側転5,4,4,2,その場から動かず 
精神力1使用してチドクジツ6,2,2,1,1,3,3,1,4,→成功
バイオ武器攻撃5,2,6,5,/1,1,6,6→2成功、サツバツ1
・ニンジャスレイヤー回避4,6,2,5,2,/5,5,4,1 →1成功、カウンターカラテ、避けず アイビードラゴン残り体力7   ニンジャスレイヤーにチドク・ジツ、残り体力15

・ニンジャスレイヤーは連続側転1,2,2,3,1,3,4,1,5,2,2,5→7L
スリケン2,5,5,1,3,6,/3,5,6,3,3,6,→2成功
・アイビードラゴン回避5,3,4,/3,5,→2成功

・アイビードラゴン通常移動→5K
バイオ武器2,6,5,1,/5,5,2,5,
・ニンジャスレイヤー回避2,3,1,1,/5,4,3,3, 1発命中 
残り体力12 吸血バイオ器官で回復、アイビードラゴン体力8

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーが先手!一瞬で鳥居を越えアイビードラゴンの眼前に迫り、デーモンのマサカリじみた断頭チョップを打ち込む!「イヤーッ!」アイビードラゴンは後方に斜め跳躍しこれを回避!

「やるな!イヤーッ!」空中でカラテシャウト!ゴウランガ!アイビードラゴンの全身は見る見るうちに毒々しい竜人の姿へと変化、腕と背中から触手めいたツタが伸びた異形のシルエットを作り出した!さらにツタがワイヤーめいて辺りの杉に突き刺さり、竜めいた怪物を空中に固定する!

「イヤーッ!」アイビードラゴンはツタをニンジャスレイヤーめがけ伸ばし頭上から襲撃するヘビの群めいた強襲を敢行!「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはこれを流れるような最小限の動きで回避し、そしてそのままバイオ杉を駆け上って、弧を描く跳び上がりキック!アイビードラゴンの胸板を貫き反撃!

「「グワーッ!」」ゴウランガ!?悲鳴をあげたのは両者!何故!?諸君!ニンジャスレイヤーの左足をご覧ぜよ!返り血を浴びた部分が煙を上げている!これぞアイビードラゴンドラゴンの切り札、チドク・ジツ!猛毒を有する自らの体液で捨て身の攻勢に出ているのだ!「ヌゥーッ!」ニンジャスレイヤーはアイビードラゴンから離れ杉林を蹴り渡りながらスリケン射撃!スリケンは蛇行し木々の間をギリギリですり抜け標的に飛ぶ!

「フハハハハッ!」しかしアイビードラゴンはツタ触手でスリケンをつまみ取って握り潰す!そしてツタを上方に伸ばして杉の樹冠に飛び込むと、高らかに言葉を落とした!「ここは私のための戦闘空間だ!ニンジャスレイヤー=サン!フーリンカザンは我にあり!」ニンジャスレイヤーも樹冠に飛び込まんとイナズマめいて木々を蹴り渡るが…「グワーッ!?」

幹の影からアイビードラゴンが突如出現、槍めいたツルが肩口を貫き、ニンジャスレイヤーの生き血を吸い上げた!コワイ!アイビードラゴンは音もなく樹冠から幹の影を伝いニンジャスレイヤーの背後に接近、アンブッシュを敢行したのだ!「グワーッ!?」カラテドレイン!アイビードラゴンの胸の傷が煙を上げて回復していく!「フハハハハッ!イヤーッ!」「グワーッ!」

アイビードラゴンはもう片方のムチでニンジャスレイヤーを強打!ニンジャスレイヤーはツルベ落としめいて数十メートル墜落し地面に叩きつけられた!「フハハッ!ブラックウォーター=サンと一緒にするなといっただろう!」高笑いしながらアイビードラゴンはニンジャスレイヤー目掛けて急降下、カイシャクを狙う!

2ターン目

画像10

・ニンジャスレイヤー連続側転6,6,4,2,4,4,4,3,5,5,5,3→6l 
カラテ3,6,5,4,1,2,/6,6,4,6,3,4/4,5,3,4,6
→3成功、ナムアミダブツ1 フランケンシュタイナー発動! 
・アイビードラゴン回避2,5,/4,5,/4,→3成功、まさかの全回避

・アイビードラゴンは連続側転2,3,4,1→5j
バイオ武器,6,4,3,2,/2,2,6,6→2成功、サツバツ1
・ニンジャスレイヤー回避4,3,6,3,/4,3,2,6→2成功

・ニンジャスレイヤー通常移動→5k
ランスキック2,6,1,6,/3,6,2,5, 
・アイビードラゴン回避、即応ダイス1使用→5,/1,1,→1成功、1発命中
3ダメージ 残り体力3 
激突ダメージ回避、即応ダイス2使用→4,2→5fまで吹き飛ぶ。  ニンジャスレイヤーはチドクダメージ体力11
・アイビードラゴン、咄嗟のスリケン4,3,4,4→失敗 

「イヤーッ!」ピクリとも動かぬニンジャスレイヤーにアイビードラゴンの急降下チョップが迫る!すわこのまま決着か!?否、勿論これで終わりでない!「イヤーッ!」ゴウランガ!チョップがあと数メートルでそのクビに届かんとする直前、ニンジャスレイヤーの目が見開かられ、弾かれたように跳び上がった!「ナ…ナニーッ!?」

ニンジャスレイヤーはそのまま逆立ちし、そのまま腕の力で跳躍!!アイビードラゴンの首を腿で挟みこむと、その体ごと空中で180度回転!アイビードラゴンを背中から地面に叩きつけんとする!暗黒カラテ技、フランケンシュタイナー!この必殺のカウンターこそ殺忍者の無慈悲な狙いであった!

「イ…イヤーッ!」しかしアイビードラゴンも強者!ウケミとりつつ後転、これを脱出!息もつかせず背中のツルのムチで反撃を放つ!ニンジャスレイヤーこれを意に介さず背面目掛けた捻り込みキック!逆くの字に曲がりワイヤーアクションめいて吹き飛ぶアイビードラゴン!「アバーッ!?」

アイビードラゴンは吹き飛ばされながらもツルでバイオ杉に縋りつき壁面への激突を回避!「イ…イヤーッ!」反撃のスリケンを放つがバイオ杉に阻まれる!なんたるインガオホー的に裏目に出る専用戦闘空間効果!!「オ…オゴーッ!!」精神的ダメージ、嘔吐!「ご自慢のフーリンカザンが仇となったな。」脚から煙を上げながら歩み寄るニンジャスレイヤー。「オ…オノレーッ!」

3ターン目 

アトモスフィアをhardに!

画像11

・ニンジャスレイヤーは連続側転1,5,2,2,1,2,4,4,6,4,4,6,→5j
カラテ1,2,2,6,2,5,/6,2,2,6,4,4,/4,5,5,4,23成功
・アイビードラゴン回避6,6,/3,/52成功、1発くらう残り体力3 ニンジャスレイヤーはチドクダメージ残り体力10

・アイビードラゴンは連続側転5,1,5,55h
バイオ武器1,4,3,6,/6,4,1,62成功
・ニンジャスレイヤー回避5,4,6,4,/5,4,4,5,42成功

・ニンジャスレイヤー 
連続側転4,2,1,4,1,4,4,4,6,6,1,5,→5g
カラテ5,1,1,3,2,5,/6,2,2,1,2,5,/2,1,1,2,42成功
・アイビードラゴン回避、アドレナリンブースト発動!1,5,4,2,5,→2成功

・アイビードラゴン通常移動→5i
バイオ武器1,6,2,1,/1,4,1,3
・ニンジャスレイヤー回避1,5,2,4,2,/6,5,5,62成功

「イヤーッ!」「オボーッ!!」ニンジャスレイヤーのカラテストレートが直撃!アイビードラゴンも反撃するが、ニンジャスレイヤーは体を傾けこれを難なく回避!「オヌシのカラテはワンパターンだ。もう見飽きた。」ニンジャスレイヤーは身を焼く返り血を気にもせず無感情に言い放った。「……!」

瞬間、ニンジャスレイヤーの猛攻が再開!チョップ!キック!パンチ!回し蹴り!あまりの速度にカラテの先端は霞がかり、もはや目で追えぬ!アイビードラゴンは絶え間ない攻撃を捌きながら合間に反撃を繰り返すが、ニンジャスレイヤーは全て影めいて躱しマフラーの尾すら捉えられない!(ほ…本当に見切られたのか!?私のカラテが!?この短時間で!?)アイビードラゴンの額に汗!死の予感がニューロンによぎる!

4ターン目 

アトモスフィアはhard維持

画像12


・ニンジャスレイヤー連続側転4,2,2,3,4,5,4,5,3,1,2,2,2,1,5,45h
カラテ2,1,6,4,5,1,/4,1,5,4,1,3,/3,2,5,4,4,→3成功
・アイビードラゴン回避6,5,/4,1,/12成功、1発命中
→残り体力1、ニンジャスレイヤーはチドクダメージ残り体力9

・アイビードラゴンは5jに移動 
バイオ武器2,6,6,5,/1,6,2,4
・ニンジャスレイヤー回避6,4,1,5,6,4,1,/6,5,5,5,4,6,32成功

・ニンジャスレイヤーは5iに移動
カラテ1,2,5,3,3,2/,3,6,5,5,2,4,/1,6,5,5,13成功
アイビードラゴン回避,2,/3,/1
→三発命中、体力−5爆発四散 
ニンジャスレイヤーはチドクダメージ残り体力8

「イヤーッ!」「アバーッ!」困惑の隙を逃さぬアッパーカット!もはやチドク・ジツなぞ完全に無視!「イヤーッ!」アイビードラゴンの反撃をまたもやギリギリ回避すると、ニンジャスレイヤーは恐るべき踏み込みと共にアイビードラゴンの眼前に迫った!「イヤーッ!」「グワーッ!?」ニンジャスレイヤーはアイビードラゴンのニンジャ装束を掴み壁面に叩きつけ、固定!弓めいて腕を引き絞る!カイシャクパンチの構えだ!

「これで終わりだ。アイビードラゴン=サン、ハイクを読め。」アイビードラゴンはもはや虫の息!血反吐を吐きながら応える!「カッ…カハッ!!…いい気になるなよ。ニンジャスレイヤー=サン。私よりも上階のシックスゲイツはいずれも選りすぐりの強者。貴様なぞ彼らが、フックネイル=サンが…。」ニンジャスレイヤーはそこまで聞くと用済みとばかりに拳を炸裂、アイビードラゴンの顔面を無慈悲に打ち砕いた!「サヨナラ!」アイビードラゴンはしめやかに爆発四散!

戦闘終了

勝負は決した。アイビードラゴンはニンジャスレイヤーの前に敗北を喫し、爆発四散した。ニンジャスレイヤーは主を失った杉林を抜けながらこの場で行われた激しいイクサを回想する。

流石はソウカイ・シックスゲイツ。油断ならぬ相手だった。

カラテを殺すチドク・ジツとスリケンを殺す杉林のフーリンカザンの組み合わせはまさに悪夢。一瞬の隙を突かれたアンブッシュの瞬間には死の予感がニューロンを襲った。

だが殺した。

顔とメンポに飛び散った毒々しい返り血をぬぐいながら、ニンジャスレイヤーは林を抜けだし黙々と上への階段を目指す。

階段を上ると、再び新たな門が彼の前に現れた。「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「三」の文字。ソウカイ・シックスゲイツの3人目が、この先で彼を待ち構えているのだ……。

ニンジャスレイヤーチャドー呼吸6,6,2,6,6,2,3,3,6,4,→5回復 体力13

第三の門

ネオサイタマ、トコロザワ・ピラー。血も涙もないソウカイ・シンジケート、その総本山。その上層部に、ソウカイ・シックスゲイツのドージョー兼バトルフィールドは存在する。

「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「三」の文字。その中は数百畳サイズの床面がない奈落の広がる空間である。足場になるものといえば壁から垂直に生えた数本の鉄骨のみ。部屋の数カ所には四本の柱が立てられ、そこからヅタヅタのボンボリが吊り下げられていた。

部屋の足場の一本の上で、銀色のチャイナドレスを見に纏った一人のニンジャが寝転がってメディテーションを行っていた。

このニンジャは晴れてソウカイ・シックスゲイツの一員となり、このフロアを任される事になった。これまでのソウカイヤに対する貢献が認められた結果である。それは長く、長く苦しい道程だった。

だが、ソーマト・リコールめいた感慨に浸っている暇はない。今すぐ戦闘態勢を整えてなくてはいけない。何故なら……

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」

"ネオサイタマの死神"ことニンジャスレイヤーを迎え撃たなければならないからだ。

「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。フックネイルです。」

画像16

◆フックネイル(種別:ニンジャ)
カラテ   7   体力  8 
ニューロン 2   精神力 8  
ワザマエ  6   脚力  5 
ジツ5        
攻撃/射撃/機先/電脳  8/6/2/2
回避/精密/側転/発動  8/6/6/7
◇装備や特記事項
即応ダイス3
『●連続攻撃2』
『☆カナシバリ・ジツlv3』、『★グレータームテキ』、
『★★デッドリー・ムテキ・ウェポン』
▶︎ヒキャクlv1、▷ブスターカラテ・ユニット
『◉◉グレーター級の力』、『◉トライアングル・リープ』、『◉常人の三倍の脚力』、
『⭐︎◉瞬時の解除』、『★◉走り抜ける刃』
『◉知識:伝統的アート』、『◉知識:ファッション』
カタナ二刀流、ブードゥー
◯刀剣マニア

「アイビードラゴン=サンは負けたのかい?」「そうだ私が殺した。見苦しい負け惜しみと共にな。」フックネイルは気怠げに身を起こし、掠れた笑い声を出した。「ハハハッ、情けないなぁ。だから2人で行こうといったんだよ。」

「最後まで世話のかかるやつだよね…。私にアダウチの手間までかけさせるなんて。」「手間はとらせぬ。すぐに殺す。」ニンジャスレイヤーは鉄骨の上に乗りカラテを構えた。「言ってくれる。君を殺すの私だよ。」フックネイルはもう一度低く笑うと猫めいた低い姿勢の奇妙なカラテの構えを取り、ヤイバじみたキリングオーラを発す。一触即発アトモスフィア!

1ターン目

画像7


画像7

・ニンジャスレイヤー通常移動→3i
カラテ2,5,6,3,6,3,/4,4,4,3,3,4,/6,1,3,2,2,→2成功
・フックネイル回避3,6,/4,6,→2成功

・フックネイルはデッドリー・ムテキ・ウェポンを発動3,6,4,6,1,6,3,5,→発動成功! 残り精神力6
連続側転4,5,6,6,3,→4l→走り抜ける刃発動、轢殺攻撃
→ニンジャスレイヤー回避5,5,→成功 
二刀流4,6,6,/6,3,3,/6,4,5,
・ニンジャスレイヤー回避2,6,/6,4,/1,12成功、一発命中 残り体力11

・ニンジャスレイヤーは移動せず集中状態
カラテ4,1,5,3,6,2,/2,5,2,2,1,1,/4,3,2,5,63発成功
・フックネイル、グレータームテキ5,3,2,6,4,5,6,5,
→成功! ダメージなし

・フックネイル連続側転6,1,2,4,5→成功、元の足場に戻る
→走り抜ける刃、発動→ニンジャスレイヤー回避2,4,→成功
二刀流6,3,5,/5,5,3,/5,6,13成功
・ニンジャスレイヤー回避回避2,4,/3,6,/5,53成功

「イヤーッ!!」ニンジャスレイヤーはイナズマめいた連続壁面跳躍を行いフックネイルに急接近!必殺のトビゲリを繰り出す!「ハイヤーッ!」フックネイルはこれをブリッジ回避!そのまま水平跳躍し、その先の壁面を蹴り渡る!

「そら、どうした!アイビードラゴン=サンを殺したカラテ見せてみなよ!ハイヤーッ!」カラテシャウトと共にフックネイルの四肢に鋭利な鉄の爪が生成!鉄骨と柱に赤熱する爪痕を残しながら蹴り渡って加速すると、回転斬撃弾丸と化してニンジャスレイヤーに踊りかかった!

ぶつかり合うカラテ!鉤爪とブレーサーのぶつかり合い!火花が散り鉄柱を焦がす!「ハイヤーッ!」「イヤーッ!」「ハイヤーッ!」「イヤーッ!」「ハイヤーッ!」「イヤーッ!」「ハイヤーッ!」「グワーッ!?」鮮血!ラッシュに打ち勝ったのは…フックネイル!

「イヤーッ!!」ニンジャスレイヤーは反撃の心臓摘出チョップ!「ムテキ!ハイヤーッ!」しかしフックネイルの装束が金属光沢に包まれ、ニンジャスレイヤーのチョップを弾き返す!これぞフックネイルが誇る絶対防御のジツ、ムテキ・アティチュード!フックネイルはジツを瞬時に解除しその場で連続回し蹴り!!ニンジャスレイヤーはこれをテッコ防御!「ハイヤーッ!」「イヤーッ!」ゴウランガ!何たる高速演舞めいたハイスピードな死闘!

2ターン目

画像13

・ニンジャスレイヤーは動かず攻撃集中
カラテ4,4,2,5,6,1,/4,6,5,5,4,1,/6,5,2,3,5→3成功
・フックネイル、グレータームテキ6,1,5,3,1,4,6,3,
→成功、ダメージなし 残り精神力2

・フックネイル連続側転1,3,3,3,6,→4Iへ
→走り抜ける刃、轢殺攻撃→ニンジャスレイヤー回避2,2,
 →失敗、残り体力10
 二刀流6,4,1,/3,1,1,/4,5,3→2成功
 ・ニンジャスレイヤー回避1,3,2,/1,4,3,
 →1成功、一発命中、トライアングルリープで痛打+1 残り体力7
 
 ・ニンジャスレイヤー動かず攻撃集中
 カラテ5,6,1,3,2,6,/5,3,5,3,1,3,/2,5,6,2,2→3成功
 フックネイル回避1,3,5,4,/3,2,/1,3,5,
 →2成功、一発命中 残り体力6
 
 ・フックネイル連続側転2,5,6,1,5,→4Iへ
 →走り抜ける刃、轢殺攻撃→ニンジャスレイヤー回避6,3 →成功
 二刀流6,5,5,/1,1,5,/5,4,6→3成功
 ・ニンジャスレイヤー回避6,5,/6,4,/3,1,
 →2成功、一発命中 残り体力5
 カウンターカラテ一発→フックネイル残り体力5

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは不動の体勢をとり、フックネイルに百烈カラテラッシュ!「ムテキ!」再び金属光沢!攻撃を全て弾き返すと、フックネイルはニンジャスレイヤーの片腕を蹴りつけ後方に宙返りした!「ハイヤーッ!」「ヌゥーッ!?」ワザマエ!

再び壁を蹴り渡り加速し、ニンジャスレイヤーに最高速で接近!両腕の防御をかいくぐって深傷を与える!「ハイヤーッ!」「グワーッ!?」防戦一方!狭い足場でカラテを十全に発揮できぬ上、アイビードラゴン戦の毒がまだ抜けきっていないのだ!

「ハイヤーッ!」フックネイルもこの絶好の機を逃さすようなニンジャではない!更なる致命一撃を放つため飛びかかる!が!なんたること!ニンジャスレイヤーは大胆にもこれをブリッジ回避して見せたのだ!「ナニーッ!?」

フックネイルは困惑、そのままニンジャスレイヤーの腹面上を素通りしていく!この瞬間こそニンジャスレイヤーの狙い!彼は腕の力だけで体を持ち上げ…足を伸ばし…空中のフックネイルを蹴り上げたのだ!(ムテ…間に合わない!)腹部直撃!「グワーッ!?」ハナビめいて打ち上げられるフックネイル!すわ、天井激突爆発四散か!?

「ハ…ハイヤーッ!」しかしフックネイルも強者!天井に激突する寸前に体を反転!逆に天井を蹴り上げ加速し、再びニンジャスレイヤーに急接近アンブッシュを仕掛けた!!「ハイヤーッ!」「グワーッ!!」ニンジャスレイヤーの肩口に斜め上方から飛来したフックネイルの爪が深々と突き刺さる!なんたる猫科動物めいたアクロバティック変則的カウンター!「ヤッター!」勝ち誇るフックネイル!たがニンジャスレイヤーはその目を地獄めいて開き睨みつけると、肩の爪を強く掴んだ!

「ナッ!?グッ…!」フックネイルは慌てて引き抜こうとするが抜けぬ!肉を切らせて骨を断つ!高速で駆け抜けるフックネイルを捉えるため、ニンジャスレイヤーは捨て身の捕縛作戦に出たのだ!「イヤーッ!!」「グワーッ!?」動けぬフックネイルにカウンターストレートが炸裂!完全捕獲状態!

3ターン目

前ターンと位置関係が変わらないためマップ中略
・ニンジャスレイヤー動かず攻撃集中
カラテ6,1,3,1,5,5,/4,3,1,1,6,4,/4,3,3,4,6→3成功
・フックネイル、グレータームテキ4,6,2,3,1,2,1,3
→成功ダメージなし、残り精神力0

・フックネイル連続側転2,1,5,1,3,→4Iへ
→走り抜ける刃、轢殺攻撃→ニンジャスレイヤー回避5,5,→成功
二刀流2,5,1,/6,4,1,/3,2,1,→2発成功
・ニンジャスレイヤー回避2,6,2,/1,3,4,→2成功

・ニンジャスレイヤーは動かず攻撃集中
カラテ4,5,6,6,3,2,/3,6,3,6,3,3,/3,5,6,5,2,→3発成功
・フックネイル回避5,6,4,/4,2,5,/3,2,1
→2成功、一発命中 残り体力3

・フックネイル連続側転6,1,3,6,3,→4I
→走り抜ける刃、轢殺攻撃→ニンジャスレイヤー回避3,6,→成功
二刀流1,3,6,/4,6,3,/3,1,6→3発成功
・ニンジャスレイヤー回避,2,5,/2,2,/6,1,
→2成功、一発命中 残り体力3 

「イヤーッ!イヤーッ!イヤーッ!」ニンジャスレイヤーは追撃の杭打ち連続ストレートパンチ!「ム…ムテキ!」フックネイルは金属光沢防御!弾き返す!響く打撃音!「グッ…。」苦悶の顔を浮かべるフックネイル!ムテキ用のカラテ残量は残り僅か!このままでは死ぬ!

「ハ…ハイヤーッ!」状況判断!フックネイルはニンジャスレイヤーに突き刺した爪をニンジャ筋力で捻り折ると、ニンジャスレイヤーの胸を蹴り上げ拘束から緊急脱出!!「ハイヤーッ!ハイヤーッ!ハイヤーッ!」そのまま疾風めいて連続カラテ!

しかしニンジャスレイヤーは狭い足場の上で驚異的なニンジャバランス能力を発揮!全ての攻撃を最小限の動きで躱し、攻撃の切れ目にチョップを打ち込んで見せた!「イヤーッ!」「グワーッ!?」フックネイルは強烈な一撃の痛みに耐えつつ反撃!「ハイヤーッ!」「グワーッ!?」お次はニンジャスレイヤー負傷!イクサが白熱していく!

4ターン目

前ターンと位置関係が変わらないためマップ中略
・ニンジャスレイヤーは動かず攻撃集中
カラテ6,4,3,3,3,4,/6,6,1,2,1,1,/6,5,5,1,53成功
・フックネイル回避2,1,/5,/6,→2成功、一発命中 体力1

・フックネイル連続側転4,2,5,4,64iへ
→走り抜ける刃、轢殺攻撃→ニンジャスレイヤー回避3,4,→成功
二刀流1,3,2,/4,4,1,/2,1,30発成功

・ニンジャスレイヤー
カラテ3,6,6,4,5,3,/3,6,1,4,2,4,/6,1,1,5,1,
フックネイル回避1,2,/3,5,/52発成功、一発命中、
サツバツ→6、即死 フックネイル爆発四散

だが、不動の構えを崩さないニンジャスレイヤーは再び杭打ち連続カラテストレート!!「ムテ…」「イヤーッ!」「グワーッ!?」ハヤイ!ムテキが間に合わずカラテストレートが直撃!フックネイルも衝撃から立ち戻ると間髪入れずに抉り込み爪反撃!だが空振り!さらにニンジャスレイヤーはこの攻撃後の隙を利用し屈み込んで一歩踏み込み、フックネイルの懐に潜り込んで見せた!

「しまっ…!?」致命的な隙!「イイィイヤーッ!!!」ニンジャスレイヤーのチョップがイアイめいて飛び、無防備なフックネイルの胴体を逆袈裟に抉り裂いた!!「アバーッ!!??アバババー!!!?」噴き上げる血!こぼれ落ちる内臓!明らかに致命傷!

フックネイルはのけぞり、絶叫上げながら奈落へと落下、途中で二つに千切れ、下階の杉林へと落ち「す…すまない、アイビードラゴン…サヨナラ!」壮絶に爆発四散!決着!

戦闘終了

勝負は決した。フックネイルはニンジャスレイヤーの前に敗北を喫し、爆発四散した。ニンジャスレイヤーは鉄骨を注意深く渡りながらこの場で行われた激しいイクサを回想する。

流石はソウカイ・シックスゲイツ。油断ならぬ相手だった。壁を蹴り渡り加速したスピードから放たれる連続攻撃はまさに悪夢。斬撃の嵐に揉まれた瞬間には死の予感がニューロンを襲った。

だが殺した。

顔とメンポに飛び散った返り血をぬぐいながら、ニンジャスレイヤーは壁面上部に空いた出口へと飛び移り黙々と上への階段を目指す。

階段を上ると、再び新たな門が彼の前に現れた。「総会六門」と威圧的なオスモウ・フォントでモールドされたカンバンが、重々しい扉の上に掲げられている。さらに、扉の表面には赤い丸と大きく「四」の文字。ソウカイ・シックスゲイツの4人目が、この先で彼を待ち構えているのだ……。

チャドー6,5,5,2,1,5,3,2,6,3,、2回復 体力5

前編終わり 後編に続く

おまけ:ニンジャ名鑑

【ブラックウォーター】
ソウカイ・シックスゲイツの一人。獲物とするウォーターガンは内部のサイバネ機構と彼本人の流体操作のジツを合わせることで回避困難な水の弾丸を発射する特注品。ドサンコにおける駐屯ニンジャ戦力の一人だったが、ニンジャスレイヤー襲撃の数日前、モービッドが何者かに連れ去られ行方不明になった為、急遽シックスゲイツに任命された。
【アイビードラゴン】
ソウカイ・シックスゲイツの一人。度重なるバイオ改造とジツの力により竜人めいた異常な姿に変身し、毒の扱いに長けるニンジャ。カンヌシ一族の末裔であり、その姿は故郷の龍神伝説に由来する。故郷が滅んだのちは、ネオサイタマに流れ着きヤクザのテッポダマとなっていた。
【フックネイル】
ソウカイ・シックスゲイツの一人。金属類を操るジツを用いる性別不詳のニンジャ。所用で出かけていた際に崖崩れによって故郷の村落が消滅、以来古物の鑑定で稼いでいたが、客とトラブルになりニンジャとなった。アイビードラゴンとは幼馴染であり、ソウカイヤで再会した事でコンビを再結成した。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
nyamotomo
ニンジャが好き