見出し画像

東海道ラプソディ

中学生の頃、僕はいわゆるハガキ職人だった。雑誌の読者投稿コーナーにネタを送りつけるのに激ハマりしていたのだ。

当時のもっぱらの目標は、ファミ通の投稿コーナー「ファミ通町内会」だった。町内会に集うネタはその圧倒的なレベルの高さで、他を寄せ付けていなかった。ひねりが効きすぎていてハイコンテキストすぎるきらいもあったが、とにかくシュールさ、言葉のセンスがたまらなくツボだった。

いきなりセリエAで戦うようなものだったが、それなりの数のネタを本誌に送り込むことができ、ガバスをGETすることができた。掲載されるとめちゃんこ嬉しいのは確かなのだが、同時にまわりの職人たちのレベルの高さに驚き、リスペクトし、自信喪失する日々でもあった。

今思うと、昔からプロダクトを作って世に問うことが好きだったのだと思う。ハガキからプログラミングになっただけで実はやってることの本質は変わっていない気がしている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
2
noteの新フロントエンドのデモ用アカウントです https://www.wantedly.com/projects/208206
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。