noteとtwitterを比較してみる。【SNSポリス的に】

いまTOKYO MXでアニメ化されている「SNSポリス」を描いていた事もあって、SNSを比較するのが好きなんです。

以前描いた、SNSの位置付けはこんなイメージ。

「ミックスチャンネル」とか懐かし過ぎ。

「mixi」を「卒アル・思い出」と書いているけど、これは使われなくなってきた頃だったせいで、現役時代なら「教室・部室」みたいなイメージでした。まさに、コミュニティ型という。

最近は、noteが現代のコミュニティ型SNSになり得ないかなと思っているんですが、そうするとツイッターみたいな広がりが無くなってしまうんじゃないかという不安があるかと思います。

そこで、ツイッターとnoteで、どれくらいリーチに差があるのか数字で比較してみました。

この続きをみるには

この続き: 1,438文字 / 画像2枚
記事を購入する

noteとtwitterを比較してみる。【SNSポリス的に】

かっぴー(漫画家)

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、よかったら単行本を買ってください!

38
漫画家です。連載や広告案件、お仕事のご依頼は→ kappy1100@gmail.com までお願いします。

この記事が入っているマガジン

月刊なつやすみ(月額390円)
月刊なつやすみ(月額390円)
  • ¥390 / 月

漫画を描いてて思った事などを書いてます。価格は390円(サンキュー)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。