見出し画像

日プ2 ファイナル観覧 レポ を一年後読み返してみた。20220613 INI

なな

見に(MINI)来てくれてありがとうございます!一年後付け足し(つっこみ)部分は太字で表しております!!!!!!!!!!

日プ2のファイナル(デビュー評価)から100日。INIが生まれて100日。101人の中から11人が選ばれて100日。


100日という節目に私がファイナル観覧に応募→当選→行った時のことを綴ってみようかなと思います。



100日前の話なので忘れてる部分は沢山あるし、逆に脚色されてしまっている部分も沢山あるはずです。



そしてあくまでも''私の視点''であることを御理解ください。

さあ、ファイナルからもう一年経つんですね、、、。早い早い。この一年の間に色々たくさんありました。この一年の間に、彼らの捉え方がめちゃくちゃ変わりました。ほんとに。

今日は一年前のレポを見返しながら、(といってもこのブログ、ファイナル終わってちまちま書いて、完成させたのは結成100日の9月ごろなんですけどね。)一年前の自分の言葉にバシバシツッコんでいこうと思います♪


※追記 全て書き終わった後にここに戻ってきましたが、もうこれレポじゃないっす。後半私視点のメンバーの話ばっかしてます。レポだと思わずに読んでください。ただの日プが好きな人のブログです。それでも良ければ是非読んでください・・・




1 ファイナル観覧 応募


ファイナルの観覧募集はされるのか、という話題がぽろぽろと生まれ、前の日プの時は今頃もう募集始まってたよ、という意見も目にしていた時期に、観覧募集は始まりました。


私は日プ2からこの界隈に来たので、まず応募の仕方に驚きました。Twitterに?スクショと指定のタグを付けて投稿して?そのリンクを?応募ページに貼り付けるだと?と。


でもこの方法面白いですよね、Twitter見りゃ誰推しか分かるから来る人の推しがあまり偏らなさそう。


それで私はどこのスクショを撮るか悩みに悩んで

髙塚くんが夢大くんから貰ったネックレスを掲げてビックドリームの紹介をする大好きなこのシーンを選びました。

私はプデュというものに今回初めて触れたのでプデュの仕組みやバトルの種類など、その一つひとつに感動して、人間ドラマに感動して・・・と感動を繰り返し、練習生みんなのことが大好きになっていました。


その思いを真っ直ぐに「大好きなみんなのデビューをこの目で見届けたいです!!!」と一文に込めました。

2 ファイナル観覧 当選

ファイナル観覧当たったーー!😭
メール来ないからダメだったっぽい、、

みたいなツイートをちらほらと見かけたのはファイナル当日5日前の6月8日火曜日。


その時点で私もメールが来ていなかったので、わざわざサイトを見に行くこともせず、

テレビでも応援できるからな、、とポジティブに捉えて当落のことは一旦忘れました。


そして次の日、6月9日水曜日。

5限の授業がオンラインだったため自室に引きこもり、授業の準備をしていました。

↑なつかしーちなみに今年も同じ先生の似たような授業を同じ時間に受けているので毎回ああこの時間に当選知ったんだって思い出す・・・

私のスマホ、その当時は何故かメールの通知が上に出てきてくれなくて、自分でメールアプリを開かなきゃ何が来てるかわからない状態だったんです。

↑ちゃんとせーよ私のスマホ だし、当たり前のように「わからない状態だったんです。」って言ってる私も異常

それで授業の5分前ぐらいに何気なくメールアプリを開いたら当選のメールが来てて。


そこから授業には参加せずに(できずに)動悸と手の震えが止まらないまま群馬までの行き方を調べたり時間を調べたりしてました。(ちなみに当選メールには場所も時間も書いてなくてファイナル当日2日前の6月11日(金)に詳細メールが届きました。マジでギリギリ。)

場所は言えませんが私は結構な地方に住んでいるので本気で移動手段調べました。あと一日詳細出るのが遅かったら行けなかったかもしれないレベル。もしかしたら地方でなんの宣言も出てないしコロナ感染者数がめちゃくちゃ少なかった、っていうのも当たった理由に入ってるのか?って思うぐらい、現場から割と遠い場所です。


そして現場までの道のりを確認し、ファイナル当日予定してた17時からのバイトは心優しいお姉様に交代していただき、心優しいTwitterのFF様にスローガンの画像を頂き、前日の昼のバイト中に印刷し(サイテー)、そしてその日の夜中、群馬へと出発しました。


3 ファイナル観覧 当日


これマジでファイナル観覧行った人で私と同じ時間の電車乗ってた人はわかると思うんですけど


なんか降りたホームの向かいに機関車みたいなのが来てて、駅にエグいほど人いました。


機関車みたいなのの写真撮りにきた家族連れ、鉄道好きな方、おじいちゃまたちと


現場にきたどちゃくそ可愛ええおねーさまたちが融合するその瞬間が面白すぎました。



私はどちゃくそ可愛ええおねーさまでは無く、現場慣れしてない服クソダサこどもだったので多分傍から見たら現場に行くオンナではなく機関車の写真撮りにきた人でした。はい。


クソ暑い中会場まで駅から15分ぐらい?歩き、会場の外でめちゃくちゃ並びました。


私が1番最初に思ったのは「ハンディファン持ってる綺麗なおねーさましかいねえ」でした(どーでもいい)

↑こんな感想を最初に持ったくせにまだハンディファン買ってません。やっぱりお姉さんにはなれない。


会場入って1番驚いたのは本人確認の厳しさです。


ファイナル観覧では、会場の入口でまず持参した写真付きの身分証を自分の顔の高さまで持っていき、マスクを外してスタッフの方に両方の顔を確認されました。


その後、受信した当選メールを確認されました。


これでも通れる人は通れるかもしれませんが、だいぶ厳しめだなと感じました。実際止められて?違うブースに連れていかれている方もいました。


↑これ、結局ファンミとかKCONとかよりも厳しかったねーーマスク外してゆっくり本人確認なんてやっぱり少人数だったからできたことなのかな?


その後腕に番号の印字されたリストバンド(ハサミないとガチで外せない)(私家までつけて帰った)を腕に巻いてもらい、承諾書等記入。


そこからの待ち時間がとにかく長くて、地べたに座ってる方もちらほら。


入場時刻が近くなるとアナウンスが入り、できる限り番号順に並んで待機して下さいとのことでした。


そして入場開始。会場入口で持ち物検査がありました。(超小声で言いますが、あってないようなもんでした)←どの現場もそう


前の人にとりあえず着いてって、椅子の後ろに貼ってある席番号を確認して着席。


心の中の第一声 「ちっっっっっっっっっっっっか」

マジで近い。コロナのこともあってかだいぶ席同士が離れていたし入れた人数も少なかったと思うので、おそらくどこでも肉眼で確認できるぐらいには近かった。


私は花道から3列目(前の列の人がいないので実質2列目)にいました。そしてパフォーマンスする側ではなく11人が座るほう側。ナイナイさんの近く。

もうそこに座って真っ先に

これを思いました。ここ(花道)を通っておいでよ、と。


あ、あと放送時間中に投票があるからなのか、スマホ触るのはめちゃくちゃ自由でした。撮影録音禁止の看板を持って歩いているスタッフさんはいました。


ここからはとりあえず足がガタガタ震えててもう全然うろ覚えタイムなのでほーん、って感じで読んで頂ければと思います。


全体的な流れとしては


この番組のリーダーみたいな人からの説明(ほんとに名前とか役職とか覚えてませんごめんなさい)→はんにゃ金田さんからの前説→バラード収録→オープニング収録→生放送開始


だったと・・・思う・・・思います・・・

リーダーみたいな人からこういう時に拍手して!とか、もっと大きく拍手して!!!とか言われまくった覚えは、あります。あと、声は出さずに拍手で応援してね、と。


あと、金田さんからだったかな?エンディング妖精の時間があるから曲が終わっても拍手し続けてね、と言われました。


4 ファイナル観覧 バラード収録

そして、バラード収録が始まります。



急にメンバーが一斉に入ってきて、マジで整理が追いつかなくて焦りました。えっこんなナチュラルに出てくるもんなんか!!!!!って、


初めて見る練習生たちの姿が私服っぽい衣装(?)だとも思ってなかったのでびっくりしました。


全員がスタンバイして、曲が始まるまでに割と時間があったんですが会場内が中々に暗かったのと私の目が激悪なのとでマジで誰がどこにいるのか曲が始まるまで分かりませんでした。ただ太田くんがセンターにいたのはわかったし、私が後藤くんとゼロズレだったのは確か。(後藤くんスタイル良すぎた)←スタイル良い、だけの感想、さすがに初めて練習生を拝めるという動揺を隠しきれてなくてワロタ


そして曲が始まりました。


曲中はとにかく後ろに流れる映像を見ないようにしてました(絶対に目の前の生身の人間に集中するんだ、という信念の元・・・)

あと最後らへんに飛んでくる紙吹雪?右の方が出るの遅かったのめちゃくちゃ覚えてます。あれっ上手く出てないけど大丈夫かなって思ってました(いや生身の人間に集中しろよ)


あと西くん西島くんのあの美しすぎる絡みを肉眼で確認できたのは死んだ。

あと「この夜に火を灯そう」の佐野くん寺尾くんのパートの寺尾くんの仕草が寺尾くん!って感じで可愛すぎた。


(あと、あと、あとって思い出せば一生出てきてしまう)


そして収録後はみんなこちらに向かってニコニコ手を振ってくれたりおじきしたりして、とっても良い雰囲気で終わりました。

5 ファイナル観覧 オープニング収録

バラード収録後は結構空き時間があって、(着替えとかあるもんね)オープニング収録が始まりました。

先程のバラードとは衣装が変わり、雰囲気がパッと変わりました。

また、みんなの表情も固く変わっていて、緊張が走りました。

(なんかもうその表情の違いだけでめちゃくちゃ感動してしまって、ほんのちょっと前まで普通の学生として、普通の社会人として過ごしていた彼らが、大きな会場で大きなカメラの前でその時その時に相応したパフォーマンスをしてるの、めちゃくちゃ凄くないですか・・・私は勿論一般人だけど、3ヶ月ほどの合宿があったとしても、無理です。)←ガチのいら情


オープニングでナイナイさんが「順位が大きく変動しています」的なことを言ってて、私は「あーいつも言うやつじゃん!」って思ってたのですが、本当にあんなに変動があるとはその時は思ってもいませんでした・・・←ね。

あと、オープニング後もみんなおじきしたり手を振ってくれたりしました。

6 ファイナル観覧 生放送開始

そして遂に生放送が始まります。

生放送はテレビで放送されてるので、できるだけ放送されてない部分を書き綴れたらな、と思います。あとは私の感想も!!



生放送開始の前にトレーナーさんたちが入ってきました。自分の真後ろにトレーナーさんたちが来ると思ってなくてびっくり。←トレーナーさんたち、私たちが声出せないぶんめちゃくちゃ声出して盛り上げてくださって嬉しかったし、盛り上げよ!って感覚よりトレーナーさん普通にテンション上がってるって感じがした、(笑)


生放送開始すぐは収録済みの映像が流れているだけなので待機状態。


四谷君の投票方法の説明ナレーションの時には会場がドッと盛り上がりました。脱落組は声出していいので、ウォーー!!!って声がめっちゃ聞こえた。(笑)客席もザワザワってなってた。


そしてTwitterで「JO1さん来るらしい」って言われてて、リア友にも「JO1来てるってマ!?」って聞かれてたけど、え、いないよ〜(笑)って思ってて、

今思えば私マジで頭悪いんですよね。トレーナーさんが全員こっち側に座って向こうガラ空きだったのおかしいって気づけばよかったです。


生放送部分開始後に急にJO1が来てくれました〜!って紹介されてマジで時止まりました・・・双眼鏡でガン見しましたが顔小さすぎてギラギラギラギラギラギラギラギラオーラやばくて本当に倒れそうになりました。脱落組も盛り上がりが凄かったです。てか、教えて欲しかったよ〜心の準備準備。 ↑いやもう、全員、レベチでした、はい

とか言ってる間に1曲目が始まりました。

7 ファイナル観覧 デビュー評価

デビュー評価1曲目 ONE

センター誰だ誰だ誰だって双眼鏡で真ん中ロックオンして待ってたら、バチバチにイケてる木村くん出てきて震えた。やっぱり凄い。常に上位にいただけある。流石すぎ。

前に出てくる時にみんなペアと一瞬向き合ったり目を合わせたりするの、めちゃくちゃ痺れた。

衣装×表情×ダンス×曲 全部がマッチしてて、本当に見応えのあるステージ。

普段は笑顔でいることが多いメンバーの、笑顔を封印し、グッと前を見つめる姿を見ては、すげーマジですげー、人って曲でこんなに変わるんや、すげー、って心の中で呟きつづけてました。(笑)緊張しすぎて逆に冷静にコメントしてました。


そういえばONEの本番中、会場では割と大きめな音がして(マイクトラブル?機材トラブル?わからないけど)私は結構びっくりしたんですけど、それでも動じることなくみんな堂々とパフォーマンスしてて、当たり前かもしれないけど感動しました。

↓1分23秒頃。よく聞いたらボンって聞こえます

あとめちゃくちゃ惜しいのが寺尾くんのキック!なんでここ抜かれてないの〜泣

私ここちょうど寺尾くん双眼鏡でロックオンしてたんですけど普段の可愛い笑顔封印してバチバチにキメてたのでびっくりしました、、あれ抜かなかったのは罪でしかないですね。

とにかく、ONEからは「覇気」が感じられました。カッコイイ。カッコよすぎる。後にパフォーマンスされたRUNWAYとは衣装も雰囲気も全く違って、ファイナル前の配信でお手本のパフォーマンスを見た時にはこんなにこの2曲が違うステージになるとは思っていませんでした。

曲が終わり、エンディング妖精中は拍手をし続けました。退場していく時は近くの人と話しながら〜なメンバーもいたかな、、はっきり覚えてなくてごめんなさい泣←ガチで良すぎて情緒が死んでいるのと、次に控えるRUNWAYへのドキドキでキャパオーバーしてます。この時点で。

デビュー評価2曲目 RUNWAY

RUNWAYは髙塚くんがいるのでより一層緊張しました。前日?の夜にパート変更あったの?もしかして髙塚喉ダメになった?みたいなことが囁かれてて、それも緊張した要因のひとつでした。(実際パート変更もなかったし何の心配もいらんかった)


センターの予想も全くつかなくて。とにかく双眼鏡で真ん中ロックオン。


サァーっと開いた扉から出てきた天使たちを見て、真ん中に立つ優しい優しい表情の冬馬くんを見て、自然とため息が漏れました。


仲村くんの表情からは「皆さん、僕たちのステージを暖かく見守ってくださいね」と会場の私たち、そしてテレビの前の方たちへ伝えてくれているように感じられました。


曲中ではもう白い天使たちが舞ってて、心がじわ〜ってなりました。(語彙力)

池﨑くんが飛んだ時「やっぱ池﨑くんはこういう要員なのねー!」って思って嬉しくなりました。Goosebumpsのジャンプも好きなので。(笑)

↑池﨑くんって呼んでるの、ガチで草(現在:理人)

その後藤牧くんが浮いた、その時は本当にすぐに感想が出てきませんでした。あ、ああ、、あ、浮いた、藤牧くんが浮いた、、ってなってました。

↑クララが立った!のノリね

なんかもうあんまり感想覚えてません。衣装も相まって、RUNWAYには消えてしまいそうな儚さがあって。とにかく見なきゃ、って思ってた覚えがあります。

こっちも惜しいのが田島くんのピースなんで抜かなかったのーーー泣 あれめちゃくちゃ好きでした。田島くんは可愛いのにカッコイイからずるいですよね。

↓2分40秒頃。田島くんのピース


曲が終わり、エンディング妖精も終わり、退場していく時、田島くんと髙塚くんが2人で「よし!やりきった!」みたいなガッツポーズを小さくしあってました。2人で顔見合せてニコニコしてた。あー天使の戯れ。そしてもう観客からは見えないであろう所からは2人でおしゃべりしながら歩いていきました。(双眼鏡でギリギリまで見るキモオタでごめん)でもほんとにやりきった!みたいな達成感が出てたように思います。特に髙塚くんはエンディング妖精見たら手応えあったんだろうな、、って伝わってきますよね。(笑)可愛い。←今だから言う。ここ見てからたじろむが好き。はい。

8 ファイナル観覧 順位発表

順位発表の前に過去の自分たちの映像を見たり、家族からのメッセージを見たりするVTRがありましたよね。

「ツカメさん」と「そうすけ ポニョの」の時の会場の盛り上がりがハンパなかったです。脱落組みんな多分バカ笑いしてました。あとこれは作られた記憶かもしれないけどJO1さん(多分純喜さん)がめっちゃ笑ってた気がする。いや作られた記憶かな、いや、わかんないです・・・誰か・・・助けて・・・ ↑1年経った今も謎が解けてない、本当に誰か助けて

家族のメッセージはガチ泣きしました。(私が)

その後CM入ったら周りの方もみんな涙拭いてて、こんなド緊張の現場の中でも涙が溢れるほど、感動するVTRでした。

レミフラは私たちも見ていない部分だったので、目の悪い私は上のスクリーンに移されるレミフラを双眼鏡で見てました。髙塚くんの見せ場が全然来なくて見逃したかと思って焦りました。(最後らへんでしたね)

そしていよいよ順位発表です。

制服姿の彼らがいつあの場所に整列したのか忘れました。ただ、みんなめっちゃさっきまでと表情が違うくて、あ、緊張してるのかな・・・と思っていました。後日YouTubeにアップされた舞台裏を見て、ああみんな直前まで泣いてたんだって。泣いてたなんて気が付きませんでした。泣いてたことを気づかせない事実にこっちが泣けてきます。

順位発表は思ってたよりスムーズで、あっちを見たりこっちを見たり、あ、今はスローガンあげなきゃ、今は拍手、よし双眼鏡準備、みたいな感じで忙しかったことを覚えてます。

1番に呼ばれたのは10位の佐野くん

「沢山流した涙は彼を逞しく成長させました」

緊張で頭バグりすぎてるので全然誰かわかりませんでした。えっいつも泣いてた人誰だっけ・・・ってなってました。

呼ばれて、みんなにもみくちゃにされて、涙を流しながら花道を歩いていく佐野くん。

(当日の記憶に頼る私)

これ、放送を見返しても分かるんですが、佐野くんが左側に向かってお辞儀した時に涙がパラって落ちるんです。その瞬間が忘れられません。本当に綺麗でした。

佐野くん10位おめでとうございます!

↑1年越しのレポ 佐野雄大、顔良すぎたよ


次に呼ばれたのは9位の池﨑くん

「彼の放つワンフレーズの破壊力に虜になった人も多いのではないでしょうか」

1番に思い浮かんだのは後藤くんの「きゅうりニダ」と西くんの「聞いてんの?」でした。←バカ

これって結局どのワンフレーズだったんでしょうか・・・

「心もAクラス」か「夢半ばで去った仲間の思い無駄には出来ない」ですかね?もしくは、「チューしたいです」ですかね?(大真面目)←バカ

それは置いといて、(またみんなで議論したいです)

池﨑くんが呼ばれた瞬間は会場が動いた!って感じがしました。トレーナーさんからの祝福も凄かったですよね。

池﨑くん、呼ばれてからずっと口空いててほんとに可愛かったです。

あと西くんがめちゃくちゃ泣いてるのを見て「パパやん・・・」って思ってました。池﨑くんが花道を歩いてくる間西くんの大号泣がチラチラ目に入ってくるのでちょっと面白かったです。←ちょっとどころかめっちゃ面白かった、感動通り越すレベルで泣いてるし、なんなら心配したよね

池﨑くん9位おめでとうございます!←だから池﨑くん呼びがおもろすぎて死ぬ

↑この時は理人と大夢があんなに仲良くなると思ってなかったし、りひろむとか言われるなんてまつっっったく予想もついてなかったし、ほんとーに凄い、1年前の私に教えてあげたい


次に呼ばれたのは8位の許くん

「誰よりも自分に厳しく、仲間想いの練習生です」

今考えたらもうこれめちゃくちゃ許くんですよね。でも現場にいた私は誰だろう・・・ってなってました(毎度の事)

というのも、速報順位をあまり頭に入れられてなくて、誰が圏内にいたとか覚えてなくて。

だから私としては許くんは19位認識のままだったで、選ばれた瞬間びっくりして背伸びしました。(?)

本当に凄いですよね。19位から8位。みんなに祝福されて転げ落ちそうになる所も、めちゃくちゃ強く素早くお辞儀しながら花道を歩くのも、許くんの真面目さが出ててなんだか嬉しくなりました。 ↑これは1年後の今も変わらない事実で、何事にも誠実で本当に素敵な人柄だよね、、

スピーチでも最後に真剣な顔で中国語を話してて、(もちろん内容はわからず)

両親に感謝伝えてるんだろうな・・・2人とも喜んでくれたらいいな・・・って心から思いました。(後に内容知って死ぬほど笑うことになる)

許くん8位おめでとうございます!

↑1年前の私はフェンファンが超絶可愛いという事実をまだ知らない・・・1年前の私へ、きむフェンブイログ見てみなよ、死ぬよ、私より


次に呼ばれたのは7位の松田くん

「ステージでの覚醒ぶりに誰もが驚いたことでしょう」

これは松田くんだと思いました。初めて予想が出来ました。

松田くんはこのコメント通りYour Number→OH-EH-OH→SHADOWの変化がレベチすぎましたよね。私はOH-EH-OHが大好きです。横からぶっ飛んでくる所で毎回鳥肌立ちます。

名前が呼ばれた瞬間崩れ落ちた所、少し幼くて可愛いな、なんて思っていたけれど、彼は彼なりに沢山背負っているものがあったんだろうな、プデュにかける思いが凄いんだろうな、そして、プデュが、プデュで出会った仲間が大好きなんだろうなって思いました。

ハチャメチャに泣いてると思いきや、花道ではカメラに向かってアイドルらしい振る舞いを。様々な場面で松田くんの所作を見ていると、マンネだけど、マンネだからってナメちゃダメだなって思います。←今も!!これは今も!マンネだからってナメちゃだめ!

KENZOさんとリノさんが流石に親でしたね。近くで見てたけど本当に面白かったです。←1年経っても親すぎる(亡霊すぎる)2人

松田くん7位おめでとうございます!

↑迅、プデュ中の垢抜けも凄かったけど、デビュー決定から今までの垢抜けもヤバいよね、、。カッコイイ、可愛い、美人全部を持ち合わせててヤヴァイ。あとファンサ、この時はあんまりしてたイメージないかも。どんどんアイドルになっていくんだね、マンネ迅ちゃん・・・


そして次は6位の西くん

6位発表の前にCMが入りましたね。

CM中は髙塚くんを中心に見ていたのですが、

話すメンバーもいれば、1人でじっとしてるメンバーもいました。

田島くんは1人で1番前に立っていたから、前を向いていることが多かった気がします。

髙塚くんは上を見上げたりじーっと前を見たり、あまり落ち着かない様子でした。決して諦めモードに入っているわけではなかったように見えました。

これうろ覚えだけどこっち側(順位決まった側)にいた池﨑くんがなんか緊張してそうだった。

CM明けまで何秒で〜す!って言われると、みんな前向いてガチモードに切り替わりました。

CMが明けて

「抜群のダンススキルと色気で常に上位をキープし続けています」

もうこれは、ね、西くん。

さっきひとしきり泣いた、西くん。

髙塚くん推しの私は名前が呼ばれる前に1回はこのセリフ、髙塚くんにも当てはまれる・・・?と考えていたのですが、流石に6位のセリフは髙塚くんか・・・?とはなりませんでした。はい。(笑)

西くんもセリフ通り。抜群のダンススキルですね。U.S.Aの、KENZOさんがベタ褒めしてた音ハメ最高です。

西くん、21人の中では最年長。ファイナルでは髪型もキマっててカッコよくて流石最年長。って思ってたのに随所随所でポロポロ泣くから面白いですよね。←ファンミオーラスの涙やばすぎる、あれ頻繁に見返すけど、場所選ばずに泣いてしまう(まず場所を選んで見ましょうね)

あとこれは良くないな、と思いながらも双眼鏡でお姉様覗いちゃいました。本当に綺麗すぎる。絶対西くん、お姉様たちから可愛がられてたと思います。(なんやそれ)

(ファイナルの話するはずがなんか逸れていってますね。)

西くん6位おめでとうございます!

↑ほんまに順位あげる毎に語り出してんのキモすぎる。レポじゃないよね。本当に申し訳ない。西くんと大夢もあんなに仲良くなると思ってなかったよねえ、、あとはデビュー決定当時は西くんこれから最年長としてどういう風に立ち回るのかな、MCとかまとめ役ばっかりになって落ち着いてしまわないかなって心配してたけどそんなこと全くなくて西くんの良さバリバリに出した立ち回りしてて最高ですね。西くんこれからも変わらずに。

次は5位の尾崎くん

「挫折から何度も這い上がり、ついに長年の夢を掴みました」

これは尾崎くんでしかないですよね。

この紹介文を聞いた時、Dynamiteレッスン中のことを思い出してウルっときました。いつも明るくて元気で落ち込むことなんてなさそうに見えた尾崎くんも、実は色々抱えてて、暗い感情も抱えてて、っていうことを知ることができて。

過去の活動については詳しく知らないし、上から目線極まりないけど、本当に夢を掴めて良かったね・・・って心から思いました。

母にも日プ2を(半強制的に)見せたんですけど、1番初めにこの子が1番アイドルっぽいね〜って言ったのが、尾崎くんでした。やっぱ経験値が高いんだろうな・・・積み上げてきたことが武器になってますね。(歌詞パク)

尾崎くんは階段登っている時、今すごく笑顔なんだろうなって後ろから見てても感じました。

尾崎くん5位おめでとうございます!

↑匠海くん本当にアイドル、本当に本当に本当にアイドル、お顔立ちだけじゃなくて、表情とか、歌い方とか、パフォーマンスとか、なんかもう全部がアイドル、アイドルになってくれてありがとう匠海くん


さぁ4位の藤牧くん

「天性の歌声で聴いた人を幸せオーラに包みます」

「花束のかわりにメロディーを」「RUNWAY」「ONE DAY」

藤牧くんが日プ2で歌ってきた中でも、この3つは特に幸せオーラに包まれるような歌声が聴けるのではないでしょうか。花束を聴いた時、バラードだったり、長調だったり。そんな曲が藤牧くんには似合うな〜って漠然と思ってたんですが、

「A.I.M」を聴いた時に彼の声は無限大だな・・・と感じました。強めの(?)曲でも映えますよね。これぞ天性の歌声。

↑これ本当に今もそうで、RocketeerやCALL 119、BOMBARDAみたいな曲も京ちゃんの声、ありがとうって感じだし、BrighterやWe are、クリウォハダはもうそれはありがとうって感じだし、本当に藤牧京介という存在、ありがとう

藤牧くんはスピーチ泣かないだろ!って思ってたのですが、家族の方を見て言葉を詰まらせるシーンがありましたね。私もそれを見てめちゃくちゃ泣きました。

藤牧くん4位おめでとうございます!

↑この時はまだ京ちゃんのサイコーすぎる性格に気づいてないのオモロすぎるよね

トップ3の発表です。3位の田島くん

「圧倒的スキルの心優しきカリスマです」

池﨑くんの名言(?)「心もAクラス」にも表れているように田島くんはほんっっっっとうに優しいですよね。

でも私は、その田島くんの優しさって「田島くんができる人だから」で、「他の人よりできるから周りに気を配れる余裕がある」んだと勝手に思ってて。

でも合宿中の彼の様子を見て、よくよく考えてみると、その「できる人」になるまでには数え切れない努力をしていて、そして現在進行形でも努力をしているんだろうな、とか、様々な場所で頑張ってきたからこそ色々な立場に立ってる人の気持ちが分かるんじゃないかな、とか思って。

生まれ持った才能とか、性格とかはあるかもしれないけど、それ以上のこれまでの努力とかこれまでの経験でこんな素晴らしい人が出来上がってるんだろうな・・・って。

田島くんが選んだ日プ2という場所でデビューができて本当に良かったな・・・と思いました。


「じじとばーば」可愛すぎて溶けました。(急)

(私のメンバーに対する想いを語る場所でしたっけ??????????って感じなんですけど・・・マジで許してください。裏話したいのにここら辺まで来ると記憶が無くて・・・)←ほんとにキモイ

これはどうしても辛いですが、田島くんが呼ばれた後のわちゃわちゃしてる時の記憶は鮮明です。みんなが祝福して、田島くんもみんなの祝福を受けて喜んでいるけど、そんな中でも''二人だけの世界''がしっかりあったように思います。

田島くん3位おめでとうございます!

↑たじくん、色んなコンテンツで見せるアイドルっぽい発言がめちゃくちゃ好き。と思ったら変なツイートするしおもろいよね。個人的には1年経ってもまだ掴みきれてない人かもしれない。INIフォルダできむにしたじで動物と触れ合ってる時の弟感最高だったし、フェンとタメで、2人だけの世界があるあの感じも最高ですね。



そしてやってきた、1位候補の発表

私たち視聴者は生放送開始直後に発表された13日7時時点の結果速報を知っています。

しかし、ファイナルメンバーたちはその順位を知らなかったと断定しても良いでしょう。


だから私は、髙塚くんの生の反応が見たくて、候補2人が映される画面を見るのを我慢して、ずっと彼を双眼鏡でロックオンしていました。

驚くだろうな、と思っていたから。

凄い鼓動の中じーーっと見てて、こちらです!って発表されて、

されたのに、されてすぐになんの反応もしなかった髙塚くん。

私、え?違うんか?って双眼鏡外して画面見ちゃったよ。

そしたら画面にはバチバチに目がまん丸の髙塚くんが映ってました。


反応遅くね___________?


って現場の私は心の中で叫びました。後に生放送見返して、髙塚くんは木村くんが映る画面から見てたことを知りました。(笑)

ということで、髙塚くんの''生''の反応はしっかりとは見れませんでしたが、めちゃくちゃびっくりしてましたね。

これ、6月5日のツイートなんですが、まさにこれですよね。

「誰も予想してなかった」

彼の2位を髙塚くん推しの私ですら予想していませんでした。

画像1

彼も予想していなかったでしょうね。このまん丸お目目。



私はこのツイートをした時↓

「一人で歩いてくる」ことしか想像してなかったし、できなかった。

でも、私の目の前を通り過ぎて言った髙塚くんは、同じく1位候補の木村くんと共に、歩いてきました。←まさやくん、ガチレベチだった、なんて言えばいいかわかんないけど、なんか、佇まいが本当に完璧なんだよね。ファンミとかKCONでも思った


こんな世界があるんか________

と思いながらただただ見つめていました。


そしてお立ち台に立ってすぐ、CMに入りました。

このCM中が、1番静かだった気がします。

半端ない緊張感。

せっかく私側に髙塚くんが立ってくれたので、CM中ずっと見たろ〜!と思ってたのですが(ドキショ)

ドデカカメラが私の近くにあったので・・・顔が・・・ちょうど隠れて・・・全く見えませんでした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なので、唯一見える「手」を見てました。

ずっと手は前にあったんですけど、ずっとちょこちょこ動いてて、


ずっと何言うか考えたり、自分がここにいることを考えたり、色んなことを考えてたんだろうなって思います。


一方の木村くんは、表情を崩さず、真っ直ぐ立っていました。

物凄い緊張感の中でも、私から見えた木村くんだけはその緊張感に飲まれてなくて、ほんと、流石だな・・・と思いました。


CMが開けて、一言ずつ今の気持ちを話して。


1位が発表されました。

1位は木村くん


この時思ったことについては、どちらのファンダムにも配慮して、ここに書くのは控えます。(笑)

でも全くネガティブな感情は生まれなかったです!それだけは伝えておきます。←これは本当にそう、名前呼ばれた時、めっちゃ頷きながら拍手をしておりました


あ、緊張しすぎて涙は全く出ませんでした・・・


階段を昇って行く時、急に

あ、髙塚くんがこっち側にいる、って実感が湧いて。田島くんとのあっハグしちゃダメだ、の絡みが可愛すぎて、一気におめでとう…!の気持ちが生まれてきました。

あと多分着席してすぐだったかな、いつだったかは詳しく覚えてませんが、


席がとても近かった髙塚くんと藤牧くんがとっっっっっっっっっってもニコニコしながら会話していました。髙牧尊い。←マジでとっっっっっっっっっっってもニコニコしてた記憶ある。京ちゃんが大夢のこと見上げて喋ってた。まだモヤっとだけど目に焼き付いてる


髙塚くん2位おめでとうございます!

そして、木村くん1位おめでとうございます!

↑まさやくんはね、この日から1年経った今もずっとずっと尊敬してる人。プデュの時も自分の順位を守り抜きつつ周りのみんなのことを気にして行動している人で、順位にだけ没頭して盲目的になるなんてことが全くないなって。いつも周りをちゃんと見てて。それはINIのリーダーとして活動している今もひしひしと感じる、、11人決まりたての時は結構まさやくん中心に動いてる感じがしてちょっとしんどくないかな?大丈夫かなって心配してたけど、メンバーといる時の優しい表情とか明るい感じとか、素でいられてるのかな?って感じられる時がいっぱいあって、とっても嬉しい、、、特に西くんとは同い年だしダンスの相談とかもいっぱいありそうだし、本当に相棒って感じがするな、この2人はプデュ期も一緒にいることが多かった感じはするけどINIになってからも特に信頼関係が垣間見える2人だよね。(語りすぎ)


でも、ここで終わらないのがプデュ。

11位の発表があります。

11位は、後藤くん

11位の発表の前、またCMが入りましたね。

この時のCMが結構印象に残ってて。

まだめちゃくちゃに緊張してそうな髙塚くんがすごい高いところに座っていて、上から私たち(観覧者)をじーっと眺めてました。

(目が合ったと思いたい・・・思い込んだもん勝ちですよね!私髙塚くんの方見てスローガン掲げてたし!よっしゃ目合った!!!)←キモマインドだけどオタクなんてこんなもん(だよね?)


そして、1位の木村くんの所では、席までスタッフさんが来て、最後の号令についての説明をしていました。

その時の彼の話を聞く姿勢とか、頷いている様子とかを見て、本当に流石だ・・・という感想しかなくて。

常に上にいた、常にお手本にされてきたという自覚の元に成り立っている彼の1位、という気がして。

↓(またしても当時の記憶に頼る私)

あとそのCM中に佐野くん尾崎くんがめちゃくちゃ後藤くんが呼ばれるのを願ってた!みたいなレポをいくつか見かけたんですけど、私が座ってる側と逆だったのと、木村くん髙塚くんあたりをずっと見ていたのもあって全然気づいてませんでした泣

そこのレポ出来ずにすみません泣

あと、リノさんが「I LOVE YOU!!!」と練習生たちに向かって叫んだのはこのときです。リノさん、生放送開始前も曲に合わせてダンスを踊ったり、生放送開始直前には緊張を口に出したりして私たちを楽しませてくれて、声が出せない私たちの変わりに練習生たちに想いを伝えてくれていました。とても素敵な国プの1人でした。

CM開けて、遂に発表です。

「意識の高さとバランス力に優れた練習生です」

これは正直、様々な練習生に当てはまるなぁと思ったのと、私自身緊張と安堵とその他様々な感情で忙しかったので、誰だ!って予想出来ませんでした。

そして呼ばれた後藤くん。


すっっっっっっっっっごい驚いてる____

これが最初の印象です。(笑)

素でめちゃくちゃ驚いてましたよね。

それだけ候補が沢山いたことを後藤くんもわかっていたんだな、と思いました。

皆から沢山激励されて。最後の一人だから皆の激励も力強く、託してるような感じがして。

ここ思い出して打ちながら、涙が止まりません。

ここで、全て決まってしまうんだ、って、選ばれなかった練習生のことを思うと辛くて、選ばれなくて辛いはずなのにちゃんとちゃんと最後の一人に歩み寄っている皆を見るとそれも辛くて。

皆からの激励を後藤くんが受けている間、私の近くにいたスタッフさんが急に「後藤くん!!!後藤くん!!!」ってめちゃ叫び出しました。

時間がとっっっっても押してたみたいです。

私のところから呼んでも聞こえてないので、猛ダッシュで後藤くんの所まで駆け寄って叫んでました。めちゃくちゃ押してたみたいです。本当に。

↓よく聞いてみてください。後藤くんの名前が発表されてからめちゃくちゃ叫び声(?)聞こえます。

こうして、INIの11人が決定しました。

↑たける、面白い人であることは分かってたんだけど(特に叩いて被ってジャンケンポン好きすぎて8億回見た)INIになってからもさらにおもろい。芸が細かいよね(笑)私も関西人だからっていうのもあるけど言動一つひとつが面白すぎる。INIの王子様サイコーだな。

私は推しがデビューメンバーに入ったとはいえ、すぐに心からヤッター!って思えず、清々しい気持ちにはなれませんでした。そんなくらい、落ちた練習生の姿やそのファンの姿、そしてデビューメンバーにはなれたものの、プデュ中特に仲が良かった練習生との別れが辛い練習生の姿。誰のことも忘れられません。


喜びと悲しみとが入り交じった、曖昧模糊な空間。


全練習生に幸あれ。←新グループや新オーディション、新番組などが公開された今もめっちゃ思う。みんなに幸あれ。

9 ファイナル観覧 GYAO!生配信


生放送が終了。直ぐにGYAO!生配信の準備に入ります。

デビューメンバーが退場する前に、ここでのデビュー権を獲得できなかった10人が退場しました。

全員で一列になって、ありがとうございました!と大きく叫んで一礼。

客席にいた脱落メンバーやJO1さんからの激励の声がとてもとても大きく、強かったのを覚えています。

そしてデビューメンバー11人も退場します。


涙している練習生も沢山いる中、私たちにファンサをしてくれました。もう既にアイドル。


そこから何分か経って、またGYAO!生配信のためにステージに戻ってきました。

順位の順番(11位〜)に出てきました。


最後にティッシュで涙を拭きながら出てきた木村くんの姿が印象深いです。←本当に今でもまだ鮮明に覚えてます


そして木村くんと田島くんに挟まれるとより小さく見えた髙塚くんなのでした。とにかく可愛かったです。←1年経った今もちいこくて可愛いし、メンバーから可愛がられる大夢って図、想像できた?ほんと、ねぇ、、、(ママ)


生配信が始まるまでは、木村くん髙塚くん田島くんの3人で話していたと思います。←この時ちょいと遠慮がちに話す大夢くん、新しい家族に迎えられたハムスターみたいだった


金田さんもスタンバイして、生配信が始まりました。

11位からインタビューが始まりました。

生放送終了直前に降った紙吹雪はスタッフさんによってGYAO!開始前に掃除されていたのですが、まだいくつかステージ上に残っていたらしく、

それを拾ってはポケットにせっせと入れる髙塚くん。(きむたじもだったかな・・・?)


多分欲しかったとかではなく、(笑)カメラに見せないように配慮していたんだろうな・・・と。


周りをよく見れているし、何より拾う姿が可愛すぎました。(笑)ハムスターがドングリを拾っおっと誰か来たようだ


GYAO!配信では皆、様々な質問に答えていきました。

ここマジでサイコーでした!GYAO!配信も常に双眼鏡で凝視していて、インタビューを受けている人に焦点を当てていたのですが、松田くんのポジションバトルについてのトーク中はとにかく後藤くんの反応が気になったので後藤くんに焦点を合わせたら、ほんっっっっっとうに読んで字のごとく天使のような微笑みで松田くんを眺めてて、クッ・・・ってなりました。

GYAO!生配信の様子もまだGYAO!に残っているのであまりこれといったレポはありませんが、←これって今も残ってますか?残ってない?誰か教えてください

後藤くんや佐野くんがインタビューを受けている間、その逆方向に立っていた木村くんは客席に向かって大きく手を振り始めました。そうです。ファンサです。←言い回し、超絶きしょい

そしてその行動に気づいた髙塚くんも一緒にファンサ・・・

木村くんはとにかくガムシャラに手を振っているように感じました。「来てくれてありがとう 」と自分のファンだけでなく、会場の全ての人に伝えてくれているように感じました。


この生配信を観客全員に見せるのは少し酷な気もしました。私は楽しく見られたけど、下を向いている方もいたし、泣いている方もいました。


でもそんな中、私の隣の脱落メンバー2人のスローガンを持った方は、いつも拍手を送っていて。


「落ちてしまった皆と、そのファンの方々の気持ちも背負って絶対に頑張るんだよINI!!!!私たちも頑張るよ!!!!」って強く思いました。


GYAO!生配信が終わり、私たち観覧者と11人が会えるのが最後になりました。

ここでステージからはける時に、全員全力でファンサしてくれて。


これは贔屓目かもしれないけど髙塚が1番全力で手振ってました!小さい体で!''あの''手の振り方です!あの!!!←あの振り方ね、うじゃうじゃうじゃってやつ(語彙力)


あと、左にいる私たちを見て、手を振りながら、前にある階段をすんなりと降りるってすげぇな・・・


と感心してたら佐野くんが軽く段を踏み外して(?)よろけたのをフェンファンに助けて貰ってました(笑)

みんな可愛いよーーーー!!!!大好きだ!!!!!!!!!!

生配信が終わり、全てが終了しました。

私はぼっち参戦赤ちゃんなので、めちゃくちゃ秒で会場を出て駅に向かいました。帰ってる途中にTwitterの公式写真に気づいて更にファイナルが終わったことを実感し、泣いた。←本気で一生一人ぼっちだったし、なんでみんなこんなに仲良い人いるの死ぬんだけど(笑)って思ってました、その時はTwitterの力など知る由もなく・・・

そして帰りの電車(2時間)の中で今さっきまでの記憶を頼りにレポをガンガンに書いて、←ぼっちなので・・・

コンビニで飯食うか〜って思ってたのをお祝いとしてローストビーフ丼に変えて、一人で食べて、夜行バスに乗って、寝てる途中に日が変わってて、誕生日を迎えました(尾崎くんと一緒🌻)

PRODUCE 101 JAPAN season2、最高の誕生日をありがとう!!!!!!!!!日プに出会えて感謝です。


ほんまにクソ長い文章、そして自分の想いばっか語ってて本当にすみません。ここまで読んでくださった方がもしもいたらハグします。ありがとうございます。大好きです。

↑本当に本当に読んでくださった方いたら、ありがとうございます。1年経った今もこれを読み返すだけで沢山沢山色々なことが思い出されます。やっぱり、、「熱量」って凄いと改めて感じた1年でした。ファイナル前、どのファンダムも本気で、全力で色々な方面に布教してて。その状況を生で、リアルタイムで感じ取れていたのがとても嬉しかったです。そして、INIとしてデビューして活動が始まって、この本気だったファンダムが集結してめちゃくちゃ強くなって。色んな所で話題になり、CDは売れ、ファンを増やし、デビューシングルハーフミリオン達成、レコ大新人賞も受賞し、セカンドシングルはなんとデビューシングルを上回る売上で、ビルボ上半期シングルセールス3位とかいうレベチな結果を残し、、、って、最強なアイドルと最強なファンでこの半年駆け抜けてきたなぁ・・・と。私がINIに貢献出来たことなんて全然無いけど、INIのこと全く知らない友人から「イニ、めっちゃ売れてるじゃん」とか「YouTube流れてきたけどめっちゃ面白かった」とか言われる度に嬉しくて跳ねてました(跳ねてたんだ)

またプデュ狂になりたいかと言われるとわかんないけど、プデュ期間、私はとても短かったけど、楽しかったのは事実だなあ・・・ちなみに2pickはファイナルまで行きましたが脱落してしまいました。とても悲しくて複雑な思いだったけど、今は新しい道を陰ながら応援しております。

私が当日の帰りの電車で書いたレポのまとめはこちらです!↓

https://twitter.com/i/events/1437040087674482692?s=21


大好きなみんなが幸せになれますように。


↓感想・意見・質問等こちらにお待ちしております!!匿名です!返信はTwitterで行います🙏



※記事についているハッシュタグですが、池﨑理人くんの﨑がハッシュタグに反応しなかったため、池崎と表記しております。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なな
地平線の果てめがけ向かうんだ強く