見出し画像

レジスタンスはあなたの近くにいます


元記事:

レジスタンスは、自身が管理する「コンタクトリスト」に名前のある地表の住人の皆様のお近くで活動し続けています。そしていずれの活動も、地表の方々には探知不可能です。どんな検出方法や観察手段をもってしても、地表の方々にはレジスタンスの動きを捉えることは不可能です。

「監視下」にある地表の方々は間接的な方法で、物理的にもエネルギー的にも、24時間体制で、徹底的にレジスタンスの隊員によって監視されています。その方法はとても想像できないものなので、対象者に気づかれることなく監視は進行しています。監視は対象者が気づかないうちに物理的接触の基準を満たすまで、続きます。

レジスタンスは監視下の方々にその物理的存在感を示すことは滅多にありません。物理的な信号を残すことがあるとすれば、それは以下のような理由によるものです。

1. コンタクトリストに名前の挙がっている対象者に、レジスタンスが住居のすぐ近くで活動していることを知らせる必要がある場合。

2. 対象者に物理的接触への準備を早急に促す必要がある場合、およびレジスタンスへの参加許可を明確に示す必要がある場合。

3. レジスタンスが対象者の住居周辺の指定範囲を完全掌握した場合。

上記のような状況にあることを気付いているかいないかに関わらず、レジスタンスの接触計画の対象である地表の方々は、基本的に全員次のようなレジスタンスとの物理的接触の基準を満たしています。

1. レジスタンスの公式窓口(2012portal.blogspot.com)の内容に長い間注目し続けており、かつ地球解放に参加をしている方。

2. 家族がいない方、または家族などの生活扶助の義務を持たない、あるいは放棄できる方。

3. 接触に向け準備を進めている方、および監視下に収まらない段階に達している方。

4. 次の段階の任務をレジスタンスが提供する必要がある方。

5. 自主的にレジスタンスとの接触を希望し、内的にもレジスタンスに信頼を置いている方。

レジスタンスが間近で「観察」している方々に限っては、非常に高い「I AM Presence」の力を発揮しています。

物理的な痕跡が無くとも、そういった方々にはレジスタンスが住宅近くで密かに「活動」をしていることにお気づきになられるかもしれません。ですが、そのレジスタンス隊員の人物特定は不可能でしょう。

レジスタンスは「監視下」の方々についての全てを把握しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
未翻訳のCOBRA関係の記事を翻訳します。 COBRA基本情報 (PFC-JAPAN OFFICIAL様): http://urx3.nu/IBCZ ブログ: https://goo.gl/2qjsiD イラストレーターファンザR: https://goo.gl/n5Se8y
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。