市民の皆様に科学・技術に対する理解と関心を深めていただくため「なごや・サイエンス・ひろば2021」を開催しました
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

市民の皆様に科学・技術に対する理解と関心を深めていただくため「なごや・サイエンス・ひろば2021」を開催しました

公益財団法人名古屋産業振興公社

はじめまして。名古屋産業振興公社研究推進部の山副です。
研究推進部では、11月6日(土)に「なごや・サイエンス・ひろば2021」を開催しました。


市民の皆様に科学・技術に対する理解と関心を深めていただくため、また「なごやサイエンスパーク」がどんなところか知っていただくため、例年「なごや・サイエンス・ひろば」を開催しています。


「なごやサイエンスパーク」には、私ども研究推進部が入居する「サイエンス交流プラザ」をはじめ、理化学研究所名古屋地区等の入居する研究開発センター、名古屋市先端技術連携リサーチセンター、名古屋市衛生研究所、産業技術総合研究所中部センター、中小企業基盤整備機構の運営するクリエイション・コア名古屋が立地しています。

地図

画像8

例年の「なごや・サイエンス・ひろば」では、施設の一般開放、研究員による実験教室や工作教室、テクノヒル名古屋立地企業の工場見学など、盛りだくさんのイベントを実施し、たくさんの子どもたちがこのエリアにやってきて家族や友達とみんなで楽しくサイエンスを実感する機会となっており、ご好評いただいております。


昨年度は中止せざるを得なかったものの、このコロナ禍で「なごやサイエンスパーク」を知ってもらい、サイエンスを楽しく実感するためにはどうすればよいか、実行委員会のメンバーで議論に議論を重ね、今年はサイエンスショーを中心に、「なごやサイエンスパーク」を知っていただくための新しい形を考えました。

チラシ


例年は2,500人以上が来場されますが、今回はお越しいただく皆様の「安心・安全」を何よりも優先とし、会場エリアを大幅に縮小し、サイエンス交流プラザのみで実施しました。当日は座席の消毒など、感染対策を十分に実施し開催しました。300名限定で予約を受け付け、1,000名を超す多くの方からご応募いただき抽選となりましたが、ご来場された皆様から「面白かった」「楽しかった」というお声を多数いただきました。

感染症対策


イベントの目玉はTEAMパフォーマンスラボの「サーカスエコロジカル」による「おもしろ科学ショー」。地球温暖化をテーマに、パントマイムやコントを交えた実験ショーで、地球規模で起こっている環境問題のこと、エネルギーのこと、課題解決のために科学ができることについて、わかりやすくお話いただきました。

IMG_3193(トリミング済)

画像8


また、「なごやサイエンスパーク」を知っていただくためのパネルや動画展示も実施。例年このイベントにご協力いただいている団体・企業様のパネルや動画を皆様にご覧いただきました。

IMG_2926(トリミング済)

IMG_2880.(トリミング済)

さて、来年度はどんな形で皆様にサイエンスを楽しんでもらおうか?今回のイベントを通じて皆様から頂いたご意見や課題を踏まえ、鋭意検討していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
公益財団法人名古屋産業振興公社
公益財団法人名古屋産業振興公社の公式noteアカウントです。