見出し画像

ワキ汗の季節じゃないのに

ワキ汗と言えば『夏』だと思いますよね。暑い季節、額や首筋に滴る汗は『夏』感がでますし、色っぽいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ではワキ汗はどうでしょう。これは余程のキャラ持ちの方でないとかなり恥ずかしいもの。

洋服選びの際も、夏は汗ジミが気にならない生地を選ぶ人もいらっしゃると思います。

ですが、私が以前悩んでいた季節は冬でした。職場は暑くないのになぜか止めどなく流れるわき汗。

冬は汗ジミ対応生地かどうかなど選んでない生地だし、ニットをやカーディガンを羽織らなくても大丈夫な従業員にやさしい空調の職場。

着ると暑くて更に汗が出てきます。ワキはもちろんのこと、明らかに無理して上着を羽織っているおかしな人です。

ネットで調べてみると、暑くないのに汗が出る場合は、『ストレス』が原因なことが多く、たちの悪いことに『ワキ汗止まって!恥ずかしい!』と思えば思うほど出てくるそうです。

対処方法は、『デオドラント剤で切り抜ける』か『精神論』か『ボトックス注射』の『3択』。

すでに、ワキを閉めていても隠しじれない状態だったので、即決でボトックス注射を選びました。

その日に病院を予約し、数日後に処置していただきました。すると次の日は少し汗の量が減ったと感じ、2日後からはピタッと止まりました。一番驚いたことは、1回で済んだということ。再発もありませんでした。

その職場にストレスを感じていたという実感もなかったのですが、これで治まったということは、きっと精神性発汗だったのでしょうね。自分でも気づかないものです。

その後は同じようなことはありませんが、『再発したらボトックスがあるから大丈夫』という安心感があるからなのかもしれません。

臭いが気になる季節、でもケアしすぎも注意

画像2

梅雨で雨の日が続いたり、真夏のような暑さが続いたり、臭いが特に気になる季節がやってきました。

汗のケア、部屋干し臭のケアなど、臭いを体臭を含め、人を不快にさせるような臭いをさせないように、気遣う人も多いことでしょう。

しかし、その臭いケアが行き過ぎるあまり、そのケア自体が他人に迷惑をかけていることがあります。

アロマで癒やしを、などと香りに癒やしを求めるようになり、また抗菌や防臭に人々が気を付けるようになり、様々な臭いケア商品が次々と発売されました。

人はこぞって、好きな香りの柔軟剤や消臭スプレーなどを使い始め、自分の好きな匂いに包まれることが当たり前に。

ほんのり香るものから、香りを付けることをメインにした商品もあり、自分が楽しむだけでなく、周りにもその匂いが広がります。

しかも、それが一人ではありません。人が多く集まるところでは、様々な匂いが混在します。

そこで問題になってきたのが「香害」です。香水など、オシャレで香りを付けているだけでなく、香りを付けることをメインにした柔軟剤の香りですら、その「香害」の一つとされています。

全く気にならない人もいれば、敏感に反応する人もいます。頭痛や吐き気など、症状は人によって様々ですが、良かれと思って付けた匂いが元で、近くにいる人には知らず知らず体調不良を及ぼすほどの害になってしまうこともあるのです。

周りに迷惑をかけないことは大切ですが、ケアしたことが逆にあだにならないように、何事もほどほどに、が大切です。

香りのインナービューティー

画像3

30歳を超えたあたりから、いままで気にしたこともなかった体臭が気になるようになりました。

汗のにおいはもちろん、さほど汗をかいていない時でも自分のにおいを感じるようになったのです。

男性の加齢臭は知っていましたが、女性にも加齢臭があることを知らず、インターネットで調べて驚きました。

食生活はすでに気をつけていたのでサプリメントがいろいろあることを知り、サプリメントを摂ることにしました。

口コミサイトや広告に出てくる商品は定期購入などで購入回数の縛りなどでハードルが高かったので、ドラッグストアやコンビニで買えるクラシエのふわりんかを試してみることにしました。

味は普通においしいソフトキャンディで、口に入れると商品名の通りふわりとバラの香りが広がります。

正直、即効性の効果を感じることは全くなかったのですが、普段口に入れるガムやアメのかわりに食べ続けること数か月、電車に間に合う為に小走りして少し汗ばんだ時ににおいが全然気にならない事に気づきました。もう感動です。

継続は力なりだなぁ~・・・と、これからも続けていきたい習慣です。

元々、仕事中にガムやアメを口に入れる習慣があったので取り入れやすかったです。

プルーストクリームの私の口コミ!使用した効果や最安値通販サイトをご紹介!

画像1

医学雑誌でも紹介され今や世界から注目されるプルーストクリーム

99.9%の殺菌力で即効性・持続性にも優れ、今や飛ぶように売れる制汗剤となっています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
顔や体にはりつくべったりした汗は見苦しいですよね。 臭いの元になったりもするので気をつけたい存在です。 でも汗をかかないようにすると、かえって逆効果になることも...。(http://ciosta2019.com/)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。