見出し画像

ブルペン投球再開の大谷翔平=打者としての出場に影響はあるのか?

大谷翔平がマウンドからの投球練習を始めたことで、今シーズン中に投手として復帰できるのではないかと考え始めた人もいるだろう。

この続きをみるには

この続き: 586文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
各マガジンは5、6本の解説・分析記事で構成されます。一本ずつの購入よりお得です。

メジャーリーグのカラクリや、アメリカがどう見ているかなど、ここでしか読めないディープな解説を、米国地元メディアの番記者がお届けします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スポンサーや利害関係に縛られない良質なメジャーリーグ情報を、なるべく多くの人に読んでいただくためにも、ご支援よろしくお願いします。

ありがとうございます!– ジェフ
6
現地紙オレンジ・カウンティ・レジスターのエンゼルス番記者が、日本向けにここでしか読めない大谷翔平の最新情報をお届け。メジャー取材歴22年。2013年よりエンゼルス担当。米野球殿堂入りを決める投票資格も持つ。(協力・翻訳: 志村朋哉、元レジスター記者)