レベル50からできるようになること、気をつけないといけないこと

レベル50到達おめでとうございます!
新生時代のカンストレベルが50だったため、ここで一区切りついたことになります。

ここからは、パッチ2.1~2.5までかけて実装されていたものが一気に解放されるため、
また遊び方がぐっと広がります。ざっくりとですが紹介していきます。
気になるものがあったら調べてみてね。

■装備のアイテムLvが重要に!
これまでは自分が装備できるレベルのものを装備するって感じだったと思いますが、
カンスト時には装備に設定されている「アイテムレベル」が重要になります。
今だとメインクエストクリア時に装備をもらえると思いますが、
「アラガントームストーン:詩学」という交換ポイントを溜めると、
モードゥナの交換窓口で50レベルから着れるアイテムレベル高めの装備などと交換できます!

レベルが50(新生カンスト)60(蒼天カンスト)70(紅蓮カンスト)になったら、
アイテムレベルを意識して装備を更新していくようにしましょう。
キャラレベルが上がったらまたマーケットボードとかで
レベルに即した装備を買って更新も忘れないように!
(作ってって言われれば作りますぞ!!)

■アライアンスレイド:クリスタルタワー
多人数(3パーティ24人)で攻略するダンジョンシリーズです。
そこそこ長めのシナリオと、そこそこの難易度のダンジョンが3つほど続きます。
防具だけでなく、ミニオンやオーケストリオン譜面なども手に入りますよ。
シナリオが良いことで評判なので、ぜひぜひ!
キャラクター(特にシド)に対する思い入れも深くなります。

■ハードダンジョン
これまで攻略してきたダンジョンの若干難易度高め版です。
とはいえ、ダンジョンのマップもごっそり変わってるので大体別物といえます。
レベル50ルーレットの解放に必要なダンジョンとなるので、
ルーレット解放したい場合には優先的に攻略しましょう。

■新たなジョブ※蒼天・紅蓮購入者(コンプリートパック購入者)のみ
赤魔道士や青魔道士、侍が解放されます。
さらに、イシュガルドに到達(つまり蒼天編突入)で暗黒騎士・占星術士・機工士が解放されます。
ざっくり各ジョブの特徴を記載します!詳しくはFF14公式サイトLodestoneなどを確認してみてね。

赤魔:ウルダハで解放される詠唱DPS。慣れると安定して火力を出しやすい簡単なジョブらしい。シナリオの評判が良い。
侍:ウルダハで解放される近接DPS。詳しくないので調べてください。私の推し刀の加州清光は実装されてません。
青魔:リムサで解放される詠唱DPS。リミテッドジョブという特殊なジョブで、限定的な環境でしか利用できない。モンスターから技を覚えて戦う。

暗黒:イシュガルドで解放されるタンク。MPをやりくりして敵を引き付ける。シナリオの評判が全ジョブ内でトップクラスに良い。フレイくんはいいぞ。
占星:イシュガルドで解放されるヒーラー。カードを引いて仲間にバフをつけられる。攻撃力アップとか色々。
機工:イシュガルドで解放されるレンジDPS。銃とタレット(召喚のペットみたいなもの)を使って戦うぞ。レベル70で火炎放射が覚えられるぞ。

■蛮族クエスト
50スタートじゃないんですが、見落としがちな連続サブクエストなので。
これまで関わってきた蛮族の中でも友好的な奴らと交流を深めてくサブクエストです。
デイリーでクエストを6個まで受けられる権利が付与され、
それを毎日こなしていって友好度を上げていくシリーズです。
仲良くなるとクラフターで使う素材の中でも、戦闘で手に入れたりマケボでしか買えないものが
蛮族ショップで販売されるようになったり、ミニオンやマウントを買える様になったりします!

地道に毎日進めてくタイプのものなので、気が向いたら触ってみましょう!

■事件屋ヒルディブランド
ヒルディブランドというめちゃくちゃ変な事件屋と共に
様々な事件を解決していく95%がギャグでできているサブクエストシリーズです。
FFシリーズの有名なアイツやアイツも出てくるぞ!
軽く楽しめるシリーズなので息抜きにどうぞ。
途中に挟まるバトルコンテンツが微妙に難しいので、身内を誘っていくとクリアしやすいかも。

■極蛮神戦
いわゆる難しめコンテンツの1つです。
シナリオでは真までしか触れないのですが、
サブクエストで極という難易度の蛮神戦を解放することができます。
報酬として武器が手に入ったり、マウントの馬が手に入ったりします。

今はカンストがレベル70でアイテムレベル高めの人もゴロゴロいるので、
普通に申請しても比較的火力で押し切れる場面も多くなっています。
また、制限解除という便利なシステムもあるので、レベル70の人と乗り込めばサクッとクリアできますが、
当時の難易度でやってみたい!という場合には下限(コンテンツに参加するための最低限求められる平均アイテムレベルのこと)で挑戦することもできます。

前提としてある程度の予習・準備が求められるコンテンツなので、
興味が湧いたら挑戦してみてはいかがでしょうか!

■大迷宮バハムート
エンドコンテンツの1つです。
今でも普通にやったら難しいし、下限でやったらめっちゃ難しいコンテンツです。
ただし、蒼天編終盤~紅蓮編においてシナリオ分岐に関わるコンテンツでもあるため、
公式から「制限解除使っていいからクリアしてみてね!!」とオススメされたこともある
新生エオルゼアの世界設定に深く関わっているコンテンツです!

アルフィノの双子の妹、アリゼーの印象がかなり変わるコンテンツでもあるので、
シナリオに興味ある場合には人を集めていってみましょう!

■ゾディアックウェポン
エンドコンテンツの1つです。
(新生当時)強い武器を作っていくコンテンツです。
FATEをクリアしたり、指定されたコンテンツを周回して武器を強化していきますが、
終わりまでがマジで果てしないので今からやるのは若干オススメできません。
手すきになったときに調べてみてください!
グラブルの十天衆仲間にしていく経緯がちょっと似てるかな?

ざっくりとですが、上記紹介でした。
気になったモノは調べてみてね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぷらいべったーに載ってたやつの移植先