見出し画像

日和見

みんなで連載小説 PART2 Advent Calendar 2018」何日目かの記事です。これ、本当に着地するのか?と思いつつ日和見です。
(今回のタイトルは物語の内容じゃなくて今の私の状況です。。)

テレビがどこかのイルミネーションを中継で映し出している。「平成最後のクリスマスはここでロマンチックに過ごしたいですね!」女性アナウンサーが無駄に高いテンションで言った。

私はテレビを消しカレンダーに目をやった。豊さんと会えるのは明後日…。2018年12月23日。約束の日が近づくにつれ「豊さんに会いたい」という気持ちが募っていった。

豊さんの細い指…指が触れた私の右手…
あの時の電話は誰からだったんだろう?
あの時もし電話が鳴らなかったら、私たちはれっきとした恋人同士になれていたのだろうか?
もう何度となく去来した思いを反芻した。

祐樹は気づくとリビングに来ていて「テレビつけてもいい?」と言うとこちらの返事を聞かずにテレビをつけた。

「お!ここ!ここだぜ、イブの日の店!」
テレビでは洒落たイタリアンの店を紹介していた。
そうだった。イブには祐樹と食事に行くんだった。
すっかり忘れていた自分に驚いた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

自由に書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。