インタビュー⑤:代表インタビュー

第5回社内インタビューは、エヌアセットの代表取締役である宮川恒雄さんにご協力いただきました。学生からすると全く想像のできない社長の仕事・休みの日・学生時代のこと・社長に至るまでの経緯など…お伺いしました。

株式会社エヌアセット 代表取締役 宮川恒雄さん

Ⓠ宮川代表の普段のお仕事を教えてください。

Ⓐ決めること、リソース(人材、金、機械、時間、物件、物)の提供です。出先では人を紹介したりしてもらったりと人を繋げることが多く、新規事業への意見交換をしたりすることもあります。

Ⓠどのような経緯で、エヌアセットの代表になったのですか?

Ⓐ大学時代からサークルの立ち上げ等をしてきたため、会社をやりたいという漠然とした思いがありました。そこで、ビジネスを学べるのは商社ではないかと考え新卒では伊藤忠商事に入社をしました。そこで出会った、自分に様々なことを教えてくれた上司が独立をするとのことで、その人と一緒に仕事をしたいという思いから転職をしました。これがエヌアセットの前身の会社であるノエルです。
ノエルに入社したばかりの頃は、休む暇がないくらい色んな仕事をしました(オーナーの開拓・管理事業・売買仲介・物件の分譲・入居者向けやオーナー向けの新聞の作成…)。その後ノエルが倒産して子会社を売ることになり、少しでも高く売るためにいかに会社を立て直すか奮闘してきました。そして、思い入れの強い会社なのでせっかくだからと入札したところ、会社の入札をすることができ、そこからエヌアセットが始まりました。

Ⓠ仕事をする中で日々心掛けていることがあれば教えてください。

Ⓐ一般の人、法人の人関係なく、まずはその相手のためになるかどうかを考えます。そしてその後に、自身や会社にとってはどうなのかも考えるようにしています。

Ⓠお客様にとっての最善を尽くし、会社にも利益を出せるバランス感覚はどのようにしてつけて身につけてきたのですか?

Ⓠ世の中の原則的に、本当に素晴らしいビジネスはお互いにとってメリットがあるものです。相手にとってだけいいことやビジネスは、相手のためにもなりません。相手が他の人にもどれだけ喜んでもらえるか、という視点から考えます。

Ⓠ常に新しいことに取り組む中で、挑戦するのにためらうことはありませんか?

Ⓐ先のことがが読みにくく分からないのは、現代では当たり前のことです。なので新しいことに取り組むことは怖いことではないですし、恐れることでもないです。

Ⓠ宮川さんは「人をワクワクさせること」を大切にしているとのことですが、宮川さんが最近ワクワクしていることは何ですか?

Ⓐ社員の提案から、保育園の事業、シェアオフィスが始まった事です。オーナー様自身が喜んでいらっしゃるので、それがとてもうれしいですし、ワクワクしています!

Ⓠ現在たくさんの新しい事業(こころワクワク保育園、nokutica(シェアオフィス)、高津店のオープン)が始まっていますが、このタイミングでどんどん事業を拡大していくのですか?

Ⓐ狙ってこのタイミングで色々始めているのではなく、たまたまタイミングが重なった感じですね。そして、たまたま今年がエヌアセット10周年。いい巡り合わせだったんだと思います。
そんな中で、新しいことを始めるからこそ既存の事業がより大切になってきます。既存の事業があるからこそ今があるし、新しいことにも挑戦できます。基礎の部分であるもともとの事業がおろそかになると本末転倒なので、そこを忘れてはいけないと思っています。

Ⓠ「エヌアセットのここが好き、ほかの会社には負けない!」ところを教えてください!

Ⓐ仲が良く、良い人、優しい人が多いところですね。自然と同じような人が集まってきているように思います。

ここからは、代表のお仕事以外についてもお話を伺いました!

Ⓠ休みの日の過ごし方を教えてください!

Ⓐ1日丸々何もない日はあまりなくて、どこかで人と会ったり、ご飯に行ったりしていますね。一日中休んだのは、最近だと正月ですかね…(笑)ですがそれを苦には思っていなくて、半日休みがあれば十分です。
半日休みの日は、本を読んだり、奥さんとゴルフの練習をしたり、ゴルフネットワークを見たり、ジムに行ったりします(主にゴルフですね…!笑)。以前は趣味で7年ほど畑をやっていたこともありました。

Ⓠストレス発散方法は何ですか?

Ⓐあんまり他の人よりもストレスをため込まないかもしれないですね。一瞬感じても、比較的すぐに忘れる。一瞬落ち込むけど、翌日には忘れる。これは悩んでも仕方のない事に悩まないように心掛けているからだと思います。考えても答えの出ないことには頭を使わないように意識しようとしていて、自分のできることに頭を向けようとするから、忘れるのかもしれないです。
かといって元から社長気質というわけではなく、他の人ほど引きずらないような思考回路を手に入れたのかもしれないですね。

Ⓠ大学時代にやっておけばよかったこと、やっておいてよかったことを教えてください!

Ⓐ留学!(即答でした!)もしくは1年休学をして海外に行けばよかったです。日本に住む外国人が増え、海外に行く日本人も増えた現代では、日本だけの価値観だけではやっていけなくなることは明白です。もっといろんな価値観知っていたら、もっといろんなことができたと思います。  逆に、特段これをやっておいてよかった、というのはないですかね。無駄なことは何もないと思います。何かをやったからこうなったということはないけど、逆に何かが欠けていてもだめだったと思います。

Ⓠちなみに、学生時代のアルバイトは何をしていましたか?

Ⓐ定期的なものとしては、家庭教師・塾講師・バーテンダーをしていました。時々、レストランの皿洗い・日雇いでプールの清掃員なんかもやってました。これらの経験も、無駄にはなってないですね。

Ⓠもう一度就職活動をするとしたら、どのような職業に就きたいですか?

Ⓐやっぱり商社ですかね。面白い人が多いのと、大変だけど人脈として強いです。どちらかというと儲けが優先で、長期的な目で見て利益を求めるわけではないという点では現在の考え方と違うところもありますが、いろんな人の刺激があります。

Ⓠ最後に、どのような学生と一緒に働きたいか教えてください!

Ⓐいろんな意味で素直な学生ですね。意見を素直に聞けることも大事ですが、自分の意見に素直であることも大事だと思います。

(宮川さん)


会社の代表にインタビューということで緊張しましたが、学生時代や休みの日のお話など、代表としての顔以外のお話が聞けたことが個人的にとても興味深かったです。

宮川さんの、先のことを考えて過去のことにとらわれすぎない姿勢、新しいことを取り入れていこうという姿勢、前を向いている感じがとてもかっこよかったです。

インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
溝口から徒歩1分の不動産屋【N-Asset】でアルバイトインターンとして働いている大学3年生です。 N-Assetでの社内インタビューをもとに、 はたらくこと/不動産業界のこと/社会人のこと を紹介していきます! N-Asset:http://www.n-asset.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。